通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【多少の使用感ありますが、おおむね良好です。】 ★「信用第一」お客様からいただいている高い評価を、ぜひご覧ください! ★安心!安全!Amazonの倉庫から、年中無休で毎日発送いたします。 ◎International Shipping Available(海外発送可) ★『通常配送無料』の対象商品です。 ★『お急ぎ便』や『Amazonプライム』にも対応しています! ★バーコードの上に管理用ラベルが貼ってあります。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 単行本 – 2012/11/24


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 973


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 + なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 (新潮文庫 か 41-2) + 狼の牙を折れ: 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部
合計価格: ¥ 4,266

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

吉田昌郎、菅直人、班目春樹…当事者たちが赤裸々に語った「原子力事故」驚愕の真実。

著者について

門田隆将(かどた・りゅうしょう)
1958年高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクショ ン作家に。政治、歴史、司法、事件、スポーツなど幅広いジャンルで執筆。2010年 『この命、義に捧ぐ』(集英社)で第19回山本七平賞を受賞。主な著書に『裁判官が 日本を滅ぼす』『なぜ君は絶望と闘えたのか』(以上、新潮社)、『甲子園への遺 言』(講談社)、『康子十九歳 戦渦の日記』(文藝春秋)、『太平洋戦争 最後の証 言』(第一部~第三部)『尾根のかなたに』(以上、小学館)などがある。

登録情報

  • 単行本: 380ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/11/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569808352
  • ISBN-13: 978-4569808352
  • 発売日: 2012/11/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.6 x 2.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (208件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 3,796位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

363 人中、328人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ギコバブ 投稿日 2012/11/24
形式: 単行本 Amazonで購入
普段、レビューなど書かないがあまりによかったので一言。
『なぜ君は絶望と闘えたのか』を書いた門田隆将の本ということで、期待して読んだ。予想をはるかに上回る内容だと思う
福島第一原発事故のさなか、現場で何がおこったのかは謎だったが、この本を読んで、「まさに死ぬ寸前だったのか」と絶句した。すべて実名での証言をもとにしており、吉田所長が語った作品としては後にも先にもこれが最後だろう。
あの時、日本は、「北海道」「(人の住めない)東北関東」「西日本」に三分割されるところだったという。背筋が寒くなるが、あの状況で現場にいた人間には、それが現実的なものとして見えていたはずだ。しかも確実に自分は死ぬ。
「自分と一緒に死んでくれる人間の顔を思い浮かべる」覚悟があった彼らでなければ、あの原発事故はあそこで終わらなかっただろう。
特に後半部分は涙がとまらなかった。原発作業員と家族・知人の思いに落涙しながらページをめくった。
ひとつ言っておきたい。この本は、反原発でも推進でもない。私個人は、やっぱり原発は恐ろしいと思ったが、それは読む人によって異なるだろう。読了まで先入観は持たない方がいいと感じた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 eivent 投稿日 2014/8/10
形式: 単行本 Amazonで購入
原発、吉田所長、そこに生きる人たちにスポットが当てられた本。

自分は原発で働いたことはないが、もし働いている人がこの本を読んだらば、
「良く書いてくれた」そう思わずにはいられないよう内容だと思う。自分は何もしらなかった。
こういう事を言うのもおこがましいが、この本を読んで当時の状況を知るに、
現場で必死(この漢字とおりの世界であるのが怖い)でなんとかしようとした人たちの気持ちが、100分の1は理解できた気がする。

マニュアル通り、訓練通りに原子炉を止め、冷やそうとしていたさなか、
ありえるはずのない「DGトリップ」の報告かr、今でも続く未知の世界に突入した。
この事故がいかに常軌を逸していたか、そして人間がどう立ち向かったのかが書かれている。

自分のような常人には理解とこどか、想像すらできない精神状況だったと思う。
水の流れないトイレは「真っ赤」になっていたと書かれている。
中操に交代要員が行った時に、交代される側は泣いていたとのこと。本書を読んで4,5回泣きそうになった。

震災数日後、東京から派遣された消防隊員が、TVカメラ中で涙ながらに現場の過酷さえを振り返ったいたときに、
現場にいた作業員たちはそれをみて「あれ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
159 人中、133人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ひのえうま 投稿日 2013/1/16
形式: 単行本
多くのレビュアーの方が書かれているとおり、胸に響くノンフィクションだと思う。
原発の是非は問わず、菅直人元首相の言動についても必要以上の悪意は感じられない記述であった。取材先によって書いた内容に濃淡があるのは、詳細に取材できたところとできなかったところの違いであり、憶測では書かなかったということなのではないだろうか。

自分も仕事で警戒区域内に入ったことがあるが、たった数時間の滞在にも関わらず、見えない恐怖から自分でも気付かないうちに疲れ、帰るとぐったりしてしまった。あの極限状態で長期間、命がけの作業を続けた関係者の方々には、ただただ尊敬と感謝である。

本書はエンディングに向けて、個々の登場人物の人となりやご家族についても触れている。この中で、震災当日の津波で犠牲になったにも関わらず、根拠のない噂から「逃げた」という中傷をマスコミやネットで受けてしまった21歳の作業員について丁寧に取材し、紹介している。この若者とご家族の失われた名誉を、淡々とした記述の中でしっかりと回復させようとしているところが著者の良心ではないかと感じた。メディアの影響力は、このように正しく行使して欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
200 人中、162人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 neko 投稿日 2012/11/26
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を読みながら、あの頃の見えない放射能汚染への恐怖を思い出しました。
まさに、日本が「三分割」される寸前にあった事を知り、ようやく本当の原発事故が見えてきた思いです。

読み終わり、今までの報道によっては「言った」「言わない」、「やった」「やらない」と、何が本当か
理解出来なかった詳細を、当事者達の言葉で知ることができました。
・原子力事故の発生、進行、対応
・菅直人元首相、原発訪問の意味
・ベントの経緯と官邸の干渉
・水素爆発の対応と危険性
・「全員撤退」の真意
・メルトダウンの可能性、放射能の飛散、原子炉の冷却、燃料棒の露出・・・

また、これまで「作業員」とだけ書かれていた人達の、実名・年齢、家族との会話、見た光景、感情の動き。
故郷と国を守る為に命をかけて働く、生身の姿を知ることが出来ました。
暴走状態の危険な現場で命をかけ続けた方々も、当然残ると思われながら避難したベテラン技術者も、
極限の苦悩があったことを感じます。

ようやく地域によっては日常を取り戻しつつある昨今ですが、原発の是非や東電の責任論とは別に、家や故郷を
失った方々が今でも苦労し続けている現実を忘れてはいけないと、再認識しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック