この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

詳説 正規表現 第2版 単行本 – 2003/5/26


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,420
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 6,262 ¥ 2,000


キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

メディア掲載レビューほか

詳説 正規表現 第2版
 正規表現について解説する。単に正規表現の文法や使い方を説明するだけでなく,正規表現処理エンジンにDFA(決定性有限オートマトン)を使うか,NFA(非決定性有限オートマトン)を使うかで,処理にどのような違いが生じるかといった実装についての話題も取り上げている。第2版では,正規表現をサポートするPerl以外のプログラミング言語やフレームワーク(Java,.NETフレームワーク)についての解説や,正規表現を利用する際に混乱を招きやすい文字コード(Unicode)についての解説などが追加された。


(日経Linux 2003/08/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

テキストやデータの処理に欠かせない強力なツールとして瞬く間に普及した「正規表現」。現在ではPerl、Java、VB.NETやC#など数多くの言語やツールに標準で装備されている。その幅広い可用性、柔軟性と比類ない強力にもかかわらず、正規表現を使いこなすことは難しい。本書は正規表現の概念を詳細に掘り下げる一方で、数多くの言語やツールの実例を示しながら、正規表現についての理解を深める解説書。第2版では、豊富な実例を使い、詳しくていねいに解説するスタイルはそのままに、Perl 5.8の新機能に加え、Javaと.NETの正規表現にもそれぞれ独立した章を設けるなど、全編にわたって大幅に加筆がなされた。正規表現の本質を読み解く決定版。とくに正規表現を使いこなしていると自負している人にほど読んでほしい本だ。

登録情報

  • 単行本: 463ページ
  • 出版社: オライリー・ジャパン; 第2版 (2003/5/26)
  • ISBN-10: 4873111307
  • ISBN-13: 978-4873111308
  • 発売日: 2003/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 612,652位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sugita 投稿日 2006/10/20
形式: 単行本
正規表現なんて、シンタックスを覚えて、そこそこ使えればそれでいい、

と思っている人が多いと思う。自分もそうだった。

英文法を理屈抜きで公式のように覚えさせられたことは誰でも経験があるが、

実はほとんどの文法には、なぜそうなるのか、という理由がある。

それと同じように正規表現にも、なぜそういう動作をするのか、という理由がある。

この本はそれを教えてくれる。

成人した人間の脳というのは、まる覚えが効きにくい。

シンタックスだけ知っていればよいという方でも、中身の動作を知ったほうが、

かえって記憶に定着するのではないだろうか。

急がば回れ、である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
47 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 びーぐる 投稿日 2003/6/2
形式: 単行本
正規表現をここまで楽しく読ませる本はあるのでしょうか?単なるリファレンスではなく、小説(詳説ではなく)を読むような感じでぐいぐい引き込まれます。第1版と異なり、Javaや.NETなどの話題も取り上げられていますが、やはり中心はPerlですね。しかしPerlに関する基本的な文法の説明もなされているのでPerl使いじゃない人も楽しめるんじゃないでしょうか。時々出題されるクイズも気に入りました。クイズだけの単行本も出して欲しいぐらいです。唯一残念なのがリファレンスカードが付いていないことでしょうか。取り外しができるリファレンスがあれば便利なんですけどね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tsingtao 投稿日 2004/9/8
形式: 単行本
インターネット上で正規表現命令を無料で調べることはできるが、本書では、正規表現の歴史から、動作条件の違い、プログラム言語による動作結果の差異などまで言及されている。
本書が最も優れているのは、正規表現がどのような思想の下で動作しているのか、その結果どのような正規表現命令を用いれば、求める結果が得られるのかを丁寧に解説してくれている。
そのため、丁寧に本書を読まないと、途中で本書の内容を理解できなくなってしまう。
最近読んだコンピューター関連の書籍の中で、もっとも読み終えたページを読み返す回数が多かった。
正規表現のおかげで、プログラムの条件文が減ったり、ルーティンワークの負担が減ったりして、時間や資源をより有効に使えるようになった。
Perlを利用しない人でも、Perl互換の正規表現は非常に便利なので、本書を読んで損はしない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック