Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
買い取りを申し込む
最大 ¥ 1,654分のAmazonギフト券
買取
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
欲望 [DVD]
 
イメージを拡大
 

欲望 [DVD]

板谷由夏, 村上淳, 篠原哲雄 DVD
5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,945 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,159 (28%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
14点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おすすめ情報:【最大70%OFF】DVD・ブルーレイセール(2014年5月31日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。
Visit Amazon Instant Video
映画やドラマが今すぐお楽しみいただけます : Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるサービスです。 PCやKindle FireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

欲望 [DVD] + マリッジリング [DVD] + 愛の新世界(無修正完全版) [DVD]
合計価格: ¥ 9,615

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 板谷由夏, 村上淳, 高岡早紀, 利重剛, 大森南朋
  • 監督: 篠原哲雄
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • DVD発売日: 2006/06/23
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000F9RBGC
  • EAN: 4934569625052
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 30,238位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   日本映画としてはめずらしく、男と女の性を真正面からとらえ、官能的な映像に結実させた1編。小池真理子の原作のテーマを損なうことなく、見事に映画化された。中学時代から正巳に好意を持っていた類子だが、正巳は親友の阿佐緒に想いを寄せていた。その後、図書館司書となった類子は、妻子ある男との肉体関係に溺れていたときに阿佐緒と再会。親子ほど年の離れた精神科医と結婚を決めた阿佐緒のパーティに招かれた類子は、そこで正巳とも会う。
   時を経た親友3人の関係は、再会によって濃密になっていくのだが、正巳が性的不能であるという事実が、さらに関係をややこしくしていく。要所に鮮烈な性描写があり、なかでも、類子が不能の正巳と何とか結ばれようとするシーンは痛々しくもエロティック。しかし、映画全体に漂うのは、純愛のようなピュアな美しさだ。正巳が傾倒する三島由紀夫作品との関係など、文学的要素も多く、結末が、さまざまな想像をかき立てる。主演3人は、複雑な役を文字通り体当たりで演じきり、背景となる70~80年代のカルチャーが、どこか郷愁を誘う。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

直木賞作家・小池真理子による同名恋愛小説を篠原哲雄監督が映画化した官能恋愛ドラマ。中学時代、美少年の正巳に想いを寄せていた類子。10年後、妻子ある男と肉体だけの関係を続けていた類子の前に、ふたたび正巳が現われて…。R-18作品。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 う〜ん・・・ 2008/10/25
By 雑想 VINE メンバー
原作は読んでませんが、原作者はこの主演男優を観て
砂を噛む思いだったのでは・・?

設定されたキャラとの違和感が強く、ストーリーが進むにつれて
相対的に板谷由夏さんがどんどん一人浮き上がってゆく感じ。

ミスキャストによる失敗作だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
34 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 男優さんは美形だった方が… 2006/7/15
By MADMAX
イントロ、大衆食堂でヒロインが定食を食べるシーンから引き込まれます。この辺、監督のキャラが反映されてそうでいいですね。原作は女の生理的な部分の内向性が生々しく描かれていて重厚な作品なのですが、これをウ"ィジュアル的に表現するのは凄く大変だったでしょうね。もう女優さんの演技力頼みでしょうから…そういう意味では板谷由夏さん、かなり頑張ってると思います。ただ相手役の男優さんが板谷さんの演技レベルまで到達してなかった様な気がします。感情の無いセリフ回しが鼻に付いてまるでロボットの様だ。おまけに尻の上のタトゥーがやけに目障りに感じた。家政婦役の中村久美さんなどは原作のイメージ通りにほぼ完璧な役作りで舌を巻いたんですが…キャスティングのバランスが悪いですね。全体的な評価としては微妙な作品です。
このレビューは参考になりましたか?
37 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 板谷さんてすごい。 2006/5/8
高岡早紀さんが出るので見に行ったんですが、

それよりも板谷さんの演技というか脱ぎっぷりはすばらしかった。

見ているこちら側が恥ずかしくなるくらいだった。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 友達じゃ、いやだ・・・ 2008/2/27
By ny
 板谷由夏さん、ファンになりました。
「友達のままじゃ、いやだ」って気持ち、久々に思い出しました。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 原作を読んでみたいな 2011/5/29
By RITTY
大森さんがすばらしい。

主人公類子の不倫相手、能勢という役ですが、
身勝手さと優しさ、大胆さとへたれっぷりをなんの
矛盾も感じさせず、その存在を納得させられた。

また、この映画では、類子と正巳のピュアなセックスシーンが見せ場なんだろうけど、
対して太古の昔から営んでいる男女の交わりを生々しくみせた大森さんに脱帽。

他の役やシーンは他の人が言っている通りだと思います、、、
板谷さんの脱ぎっぷりに感服だし、
村木さんのタトゥーにがっかりだし、
高岡さんのはすっぱな感じがちょっと違和感。

でも、私は、とくに大森さんにあっぱれでした。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
■小池真理子の本が大好きで、たくさん読んできたので、なんとな〜く『小池真理子らしさ』は映画のなかにありましたが・・・やはりうすっぺらく短縮しすぎて良さが生かしきれてない、という感じがしました。
お庭でのパーティーもあまりにも質素すぎるような気がします・・・
全体的に豪華さに欠けていた?!

■失礼ながら、男優さんが、小池真理子の本によく出てくる、顔を見ているだけで切なくなるような美しい青年とあまりにも私のイメージがちがいすぎ、どうしても物語の中に入り込めませんでした。
他の方が書いてらっしゃるように、腰のタトゥーが目立ちすぎ、安っぽい・・・。

■彼女の長編小説によく登場する、お金持ちで女好きのおじさまに、津川雅彦さんははまりすぎ・・・。それに家政婦さんもぴったり。
とはいえ、やはり名作は本で読むだけにとどめたほうがいいと感じました。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 切ないです 2006/10/22
涙は出ませんでした。何故なら考える事が多すぎて、涙している余裕がなかったからです。かなり過激なシーンはありますが、グロテスクではなく、美しくさえ思います。素晴らしい作品だと思います。二度目はきっと泣けるでしょう。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 原作を読むべし 2009/6/1
By dream4ever VINE メンバー
小池真理子の同名の小説の映画化

原作を読んだものとしては、大変残念な気持ちになる。
R18指定にしている意味もよく分からない。

多様な愛の形があるのであれば、それを映像にするのも多様な形があっても良いとは思うが、原作の凄さがまったく感じられない。

激しい性描写だけが、愛の強度を示す訳ではないのではと思う。
原作者はどう見たのだろうか?
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 板谷由夏さん綺麗。
板谷由夏さん綺麗。小説の映画化はこれが限界か。この種の話は、女優が綺麗なのが一番。
投稿日: 2か月前 投稿者: アレックス
5つ星のうち 5.0 これはオススメ、身も心も裸の板谷由夏 
いやーいいですね。エロティックドラマとしては今までで一番いい。ラブシーンの激しさや気合の入り方は類子(板谷由夏)と... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 大谷明彦
5つ星のうち 4.0 素晴らしいラブ・シーン
板谷由夏さんという女優さんを初めて認識したのですが、演技力、体当たりで役に挑んでいく情熱に感動しました。... 続きを読む
投稿日: 23か月前 投稿者: InSn
5つ星のうち 4.0 三島由紀夫の本を読んでみたい
高校時代から仲良し三人組の類子と正巳とあさお(字がわからずすみません)。 理解しあう類子と正巳。事故死してしまうあさお。... 続きを読む
投稿日: 2010/3/14 投稿者: M38
5つ星のうち 1.0 板谷由香さんのみが印象的
もともと、小池真理子さんのファンでもなんでもない(どちらかというと嫌い)な僕の購入理由は、「温泉へ行こう」の温泉宿の女将からこの映画のような日活ロマンポルノ的映画... 続きを読む
投稿日: 2009/7/3 投稿者: クラウド・バスター
5つ星のうち 4.0 自分にいちばんぐっとくるキャストとロケーションを想像しているだけに、映像は分が悪い
 レンタルサイトで面白そうと思って、まず本を読んでから、DVD観ました。... 続きを読む
投稿日: 2008/11/9 投稿者: tenjd
5つ星のうち 4.0 プロの作った映画
いろんな映画を作っている篠原哲雄監督といろんな映画に出ている(脱いでいる)高岡早紀の映画。さすがに映画作りは手慣れたモノで、物語の展開からカメラワーク、音響にいた... 続きを読む
投稿日: 2007/12/31 投稿者: rs6
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xb0aad3b4)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック