通常配送無料 詳細
通常11~12日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
%E6%AC%A0%E9%99%A5%E6%94%BF%E5%85%9A%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A+%28OAK+MOOK+423+%E6%92%83%E8%AB%96+... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 発送は原則毎日、丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。東京都より日本郵便の「ゆうメール」(大型本等はゆうパック)にて発送いたします。状態良好。全体的にキレイな状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

欠陥政党民主党 (OAK MOOK 423 撃論+(PLUS)) 単行本 – 2012/3/28

5つ星のうち 2 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/3/28
"もう一度試してください。"
¥ 1,234
¥ 1,234 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 単行本: 184ページ
  • 出版社: オークラ出版 (2012/3/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4775518372
  • ISBN-13: 978-4775518373
  • 発売日: 2012/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,197,687位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『撃論ムック』からの遺伝子を持つ本書ですが、読ませるものが多かった以前と比べて、今回もまだまだ満足のいくものとは言えません。

今回良かったのは、次の3本です。

ひとつめは、ジャーナリスト鈴木智彦氏との特別インタビュー 『ヤクザと原発』で語れなかったこと 。

報道されない「裏」の話が興味深かったです。

ふたつめは、本書では直後に配置されている タモーレの泉 第4回 この国に必要なのは真の意味のエリート教育です 。

金美齢さんとの対談で、今この国に必要なものは何か、や、政治家(中でも特に上に立つ者)に求められる資質は何で、その為にはどういう教育をすべきか、などが語られています。対談中で田母神さんが「防衛大臣か外務大臣をやらせてもらえないか」と思っている、とありました。今の政権下ではどちらも史上最悪です。前者については、国会中継を聞いていて、自分の方がまともに答弁できる自信がある! と勘違いしてしまうほどです。どこにそんな「適材適所」があるのか、と。

深呼吸して、みっつめは、但馬流偉人列伝 注目すべき日本人(ひとびと)との出会い です。

尾津喜之助という人の生涯が紹介されています。

さて、本書の今回のメインは民主党
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
表紙のデザインからして、もうサイテー。
西村幸祐氏が創刊し、編集をしていた「撃論ムック」を知る人から見れば、
恥ずかしい!という思いしかしないはず。
執筆者をおざなりに揃えても、編集にポリシーも思想もなければ、ただの紙屑。
こんなものを出し続ける出版社と、B層編集屋には恥を知れ!と言いたい。
西村氏は、こんなものは見たこともないだろうが、もし見たら、何と言うだろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック