Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
檀 (新潮... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少のスレ・傷・日焼け・汚れ等はございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 8484
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

檀 (新潮文庫) 文庫 – 2000/7/28

17件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

檀 (新潮文庫) + 火宅の人 (上巻) (新潮文庫) + 火宅の人 (下) (新潮文庫)
合計価格: ¥ 2,010
ポイントの合計:  64pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

愛人との暮しを綴って逝った檀一雄。その17回忌も過ぎた頃、妻である私のもとを訪ねる人があった。その方に私は、私の見てきた檀のことをぽつぽつと語り始めた。けれど、それを切掛けに初めて遺作『火宅の人』を通読した私は、作中で描かれた自分の姿に、思わず胸の中で声を上げた。「それは違います、そんなことを思っていたのですか」と―。「作家の妻」30年の愛の痛みと真実。

内容(「MARC」データベースより)

壮絶な作品「火宅の人」を世に遺して逝った無頼派作家・檀一雄。その未亡人に、一年余にわたる綿密なインタビューを重ね、取材の過程で微妙に揺れ動く作家の妻の心のひだからもう一つの作家の姿を紡ぎ出す。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 284ページ
  • 出版社: 新潮社 (2000/7/28)
  • ISBN-10: 4101235139
  • ISBN-13: 978-4101235134
  • 発売日: 2000/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (17件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 101,149位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 杉浦由佳 投稿日 2012/6/7
形式: 文庫 Amazonで購入
先日も書いた、沢木耕太郎「1号線を北上せよ」を読んで関連本を読みたくなった2冊目。
「火宅の人」を、私は題名ぐらいしか知らない。「壇」によると、作家と愛人の放浪の話、ということだし、映画化もされているので(調べたら、1986年に東映で映画化、緒方拳、原田美枝子、いしだあゆみでアカデミー賞受賞作品だった)、話題にもなり、タイトルに聞き覚えもあるのだろう。私の父が、壇一雄の娘である壇ふみがテレビ(例のNHKのクイズ番組など)に出るたびに、「この子はいい子なのに、なんで貰い手が・・・以下略」と言っていたので、なんとなく、そっちの方がイメージ強い。

この作品は、解説を読むまではあまり意識していなかったが、きわめて珍しい人称で書かれた、ノンフィクションともフィクションとも言える作品、なのだそうだ。

この作品は、1年に渡り、石神井の家へ週に1回通い、耳が遠くなってきた壇一雄の妻ヨソ子さんに話を聞いてまとめて書かれたもので、だから語りは、ヨソ子さんの一人称で、基本的には事実とヨソ子さんの心情を綴ったノンフィクションであると言える。ところが、書き手は沢本人ではなく沢木耕太郎なので、そこには、おそらく本人すら意識していない心情のようなものが、沢木耕太郎の手によって書き加えられている。その場合、「私は」という人称であっても、書かれている内容は、「ヨ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まる・ち トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/29
形式: 文庫
 回想録の形を取ったドキュメンタリーであり、家族史小説とでも言えると思う。徹底した聞き取りと裏付け作業が感じられる。
 全体的に白黒の家族アルバムを見るような作品だが、鮮やかな色彩を二カ所で感じた。ヨソ子が檀の暮らすポルトガルで「私を歓迎してくれるように思えた海辺の丘の赤い花々も、いつまでも枯れずに色鮮やかに咲き乱れる姿を見ているうちに、荒々しい海にこびる女性の口紅のように感じられ、鬱陶しく思えてくる始末だった」と言う箇所と、檀の葬式に現れた元愛人を見て「入江さんの口紅の色が鮮やかに眼に入った。ああ、綺麗に化粧をしているな、と意味もなく思った。」の二カ所だ。
 私には主人公のヨソ子夫人は「古い女性」と言う観が拭えない。自分では否定しているが、やはり妻妾同居に甘んじて、家事と子育てをまっとうする事で夫に仕えて矜持を保つような、そんな忍従や芯の強さのある女性だ。だから先の二カ所の表現に「妻である私がいる意味は違うんだ」というような意気込みを感じた。
 そして同時に、そんな妻の支えを期待して甘えてしまっている無頼派・檀一雄を発見する。それをまた「檀に女性の愛情に対する飢餓感のようなものがあった」と受けとめてしまう包容力には、妻の存在を越えた偉大な母性を感じてならない。
 檀は大家族の家長としての役目を全うしながら、自分の振幅を大きく保つことで、そこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kikaidaajp 投稿日 2012/1/30
形式: 単行本
芥川賞と直木賞の区別を、以前は単純に、純文学と大衆小説の違いくらいにしか思っていなかったが、最近その違いに気づいてきた。

芥川賞は純文学の新人賞でキャリアの比較的浅い者を対象とし、直木賞はある程度キャリアがあって、既に単行本も出しているフィクション性の強い長編作家が対象、っということ。

文藝春秋の募集要項を見てないから私の根拠のないあてずっぽうであるが。
っというか、募集要項なんてそもそも無いと思うのだが。

この本を読んで、檀一雄が直木賞作家だと知って意外だった。

もちろん彼の代表作は『火宅の人』で、これは彼の私小説だと思うので、直木賞作家が自分の身辺を書いた作品で記憶されるのはどんなものだろうと思ったからである。

っと。偉そうなことを書いているが、私は『火宅の人』をまだ読んでいない。書架にはあるけれど、この本を契機に読んでみようと思っている次第で。
前から『火宅の人』が気になっていたので、読む前の景気づけにこの『檀』を手に取ったわけだ。

本書は檀の奥さんの語りという形で進められるが、とても読みやすく、檀一雄の人間と周囲の人たちがよくわかる良い本だと思う。

青春時代に濃厚な関係をもったという太宰治についてはあま
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 美花絵留 VINE メンバー 投稿日 2014/6/13
形式: 文庫
「火宅の人」つまり、檀一雄が愛人のもとへ走り、さらにそのことを小説として発表し、結局は遺された妻はその印税で豊かな暮らしが可能になる。妻・ヨソ子にとっては、何とも皮肉な人生である。
沢木耕太郎の筆により、ヨソ子の一人称で語られる本書は、本来なら激情しそうなことも淡々と語られ、一雄の死後、出てきた手紙<かつてヨソ子も読んだはずの>を見て、初めて自分が彼にとってどういう存在だったかを考えて声を上げる。
浮気、離婚が日常茶飯事の現代にあっては、一雄のような男性は五万といて、それと同じ数だけ、苦しむ妻がいる。なので、若い読者が読むと、離婚せずに耐えるヨソ子の気持ちに共感できない人が多いのではないか?しかし、読み終わって冷静に考えると、ヨソ子は「耐える妻」ではなく、意外と「したたかな妻」だったのではないか?
ヨソ子の掌の上で転がされていた一雄。そんな夫婦に思えた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック