通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
機械との競争 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
買取サービス
最高買取価格

¥ 392
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

機械との競争 単行本 – 2013/2/7

5つ星のうち 4 39件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 901

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 機械との競争
  • +
  • ザ・セカンド・マシン・エイジ
  • +
  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「テクノロジー失業」の襲来!MIT(マサチューセッツ工科大学/研究チーム)による恐るべき最新レポート。

著者について

エリック・ブリニョルフソン(Erik Brynjolfsson)
MITスローン・スクール経済学教授。デジタル・ビジネス・センターの
ディレクター。スローン・マネジメント・レビュー誌編集長。
著書に『インタンジブル・アセット』(ダイヤモンド社)、
『デジタル・エコノミーを制する知恵』(東洋経済新報社、共著)など。

アンドリュー・マカフィー(Andrew McAfee)
MITスローン・スクール、デジタル・ビジネス・センター主任リサーチ
サイエンティスト。著書に“Enterprize 2:0"。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2013/2/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822249212
  • ISBN-13: 978-4822249212
  • 発売日: 2013/2/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,758位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
アメリカにおいて、なぜ景気が回復しても失業率がそれに比して下がらないのかという問題意識を前提に、その理由として、技術の進歩が早すぎて人々が付いていけないという「雇用の喪失」説を主張・検証するのが本書。

確かにIT技術の発展により多くのものが自動化され、便利にもなった。
たとえば銀行の窓口業務や駅の改札などは、かつてはものすごい数の人が従事していたが、今ではおそらく、数十分の一になっているはずだ。
その分、もっと効率のいい業務を我々はしているのだ……と思いつつ、なんとなく「本当にそうか?」と思っている人は多いはずだし、今の自分の仕事もいずれ……と漠然とした不安感を持っている人も多いはず。
本書を読めば、そんな不安が的外れでないことを痛感してしまいます。

多くのデータなどから判明するのは、この10年で雇用がもっとも減っているのが、いわゆる「スキルの中間層」であるということ。
他の人では替えが利かない、いわゆる「プロフェッショナル」が求められているのは納得できるが、一方で庭師や美容師といった機械で取り替えるのがなかなか難しい業務もまた、それほど雇用が落ち込んでいないのだという。
むしろ、いわゆるホワイトカラーの仕事に就いている人の雇用の落ち込みが激しい。
つまり、もっとも機械に置き換え
...続きを読む ›
コメント 32人中30人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 kine 投稿日 2013/6/14
形式: 単行本
テクノロジーの進展が指数関数的で、次の仕事を創造して労働者をシフトさせどる時間がない
ために、失業してしまう、という問題。
IT技術の発達により 肉体労働だけでなく知的分野まで
機械の進出がすすんだことで、人の活躍の場は急速に狭くなっている。
状況認識はまことに正しいが
この本の作者やレビュー者の多くが状況を否定的のみにとらえている点に驚く(★−1)。

これは人の労働からの解放ではないか?

生活の糧は労働で得なければならないという思い込みを排すれば
機械たちの稼ぎを
仕事を奪われた人に分配する 仕組みを考えれば良い。
仕事を奪われた人=労働から解放された人 である。
共産主義とことなり 人による労働そのものが社会を維持するために
不要になりつつある点が新しい。

肯定的な議論も今後期待したい。
コメント 25人中22人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 アルチザン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/9/14
形式: 単行本 Amazonで購入
IT業界に長年勤めているので、この本の主張にはすごくうなずけます。
というのも、私にとってはデジャビュ(既視感)だからです。
1980年代、まだパソコン(エクセル、ワード、パワーポイント)が職場にない時代、コピー、お茶くみ、表計算、文書の清書、検算ということのために「一般職」という職位で働いている女性が大量にいました。
仕事に真剣に向き合わない「腰掛け気分」の人が大量、いや普通にいた時代でもありました。
それでよかったのです。軽作業が大量にありましたから。

今、そういうことをやっている人はいないと思います。コピーも印刷する時に部数の指定をする、表計算はエクセルがやってくれる、文書は自分でワード、パワーポイントで作る時代です。
そうして、かつて多数の若い女性が働いていた仕事が消えたのは事実です。

そして、この本で述べられている時代に写ります。コンピューターは省力の事務機器から、知性を作り出すジャンルに成長してきました。本の中にもありますが、野球の記事くらいならば自動的に生成することはすでに簡単です。車の運転も現実化していますね。

そうすると、世の中では話題にするには大きすぎるテーマながら確実に変化しているのです。

ここ数年、企業の業績が回復していて
...続きを読む ›
コメント 11人中10人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、機械との競争だ!!と言って、読者を煽ります。

しかし長期的ににみれば、機械の性能はガンガン向上し、
仕事においては人間の能力を上回るのは確実です。
社会の富の生産において人間の入る余地はない、これも確実だと僕は思います。

中期的には人間に残された「得意分野」に全力を入れることで、
富の生産に関われると思いますが、それも、いずれ不要になるでしょう。

僕は、将来全く仕事がなくなった世界でも(仕事というか労働ですね)、
人間は幸せを確保できると考えています。
それは、仕事と幸せは別のものだと思うからです。

現在でも仕事は不要だと思っています。
ただ現状では、生活のために富を生産し、社会で分配する必要から、労働をしているだけだと思います。

人によっては、「仕事、命!!!」みたいな人もいて、
そういう人は、機械が発達すると、仕事を取られたみたいに思うので、
未来に対して、否定的なのかな?と思います。

僕が問いたいのは、本当に必要なのは「仕事」ですか?ということです。
本当に必要なのは、「役割」とも言えるものではないですか?ということです。

現在
...続きを読む ›
コメント 3人中3人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック