Amazon Kindleでは、 機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles(1) (角川スニーカー文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
機動戦士ガンダム戦記―Lost War Chronicles〈1〉 (角川スニーカー文庫)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles(1) (角川スニーカー文庫) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

機動戦士ガンダム戦記―Lost War Chronicles〈1〉 (角川スニーカー文庫) [文庫]

林 譲治 , 逢坂 浩司 , 川元 利浩 , 木下 ともたけ , ベック , 富野 由悠季 , 矢立 肇
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 230  
文庫 --  

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

PS2用ガンダムゲームの最新作、小説版で登場!

ジオン軍のマ・クベ司令が隠しもっていたと噂される、通称「M資金」。その秘密の軍資金をめぐって連邦軍とジオン軍の思惑がぶつかりあう!この夏発売、PS2用人気ガンダムゲームのオリジナル小説版、登場!

内容(「BOOK」データベースより)

「一年戦争」制圧のため始まったジオン軍の地球降下作戦。しかし連邦軍によるMSの配備や一大反攻作戦により、次第にジオン軍は劣勢に追いやられていく。そのさなか、戦闘で撃破した連邦軍のMSから重大な情報が回収された。マ・クベ司令が密かに所有していたといわれる軍資金が連邦軍の手に渡っているというのだ。大量の金塊とも噂される資金をめぐり最前線で戦う部隊の思惑がぶつかる!人気ゲームのオリジナル小説版、ついに登場。

登録情報

  • 文庫: 212ページ
  • 出版社: 角川書店 (2002/07)
  • ISBN-10: 4044232059
  • ISBN-13: 978-4044232054
  • 発売日: 2002/07
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 451,296位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 個人的には最高作 2014/1/8
投稿者 tem
形式:文庫
「機動戦士ガンダム戦記」は漫画版もありますが、ストーリー的にはこちらの方が
断然いいと思っています。
 ミッションクリア型・主人公設定なしのゲームのノベライズではありえないほどキャラクター性は
しっかり立っていますし、氏が得意とするミリタリー描写も健在。

 ジオンと連邦、両者の立場をうまく描き分けながらの構成はいつものノベライズ作と同様ですが、
今作は特に「移動」「輸送」「物資」「作戦立案」等の回りが濃く、生活感のあるシーン描写もしっかりと深みが
あり、戦闘描写との対比・キャラクター性の掘り下げに一役かっています。

「チーム」「仲間」とは何か、をテーマに据えているであろう戦闘描写は、これ以前の氏の作にあるような
「敵のミスで勝利」で解決程度の薄さは感じず、全編共通の敵「グール隊」の不気味さ・無謀な強烈さも
相まって、なかなかに緊張感があります。
 連邦側、ジオン側、そして「グール隊」… 仲間関係というものがさまざまに交錯するシナリオ演出は
それぞれの立場が浮き彫りにされ、かなり秀逸であると感じます。

 連邦では特にノエルのキャラクターが大きく違っていますので、ファンは反発を覚えるかもしれません。
逆にジオンはコンティ大
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 サム・ライス
形式:文庫
林譲治氏の書くミリタリー色の強いガンダム小説第3弾。
元となったゲームに明確なストーリーが存在しないため、
前二作とは違い、林氏による完全オリジナルストーリーとなっている。
今作は連邦とジオン、
二つの特殊部隊が戦場を転々としながら戦いを繰り広げてゆく。
もちろんリアルなミリタリー描写は健在。
単純な面白さでは前二作にはやや劣るものの、
この雰囲気が好きな人ならばそれなりに楽しめる。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 miti8592
形式:文庫
酷評が多いのも頷ける、なんというか女性キャラクターが異質すぎるのだ。まあ「コロニーの落ちた地で」の小泉大尉やマッチモニードも結構アレな感じだが、もともとゲーム自体がこんな感じだったからゲームから入ったほうが楽しめることは間違いない。
なんといってもこの作品には「コロニー」で果たせなかった部分を解決している点が評価できる。レイヤーのように悲しみたくは無いのだ、それだけでも価値がある。下巻はもっと面白い、だからこそこちらもしっかり見ていただきたい。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック