Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
椎名教授の異常な愛情 (kobunsha BLコミックシリーズ)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

椎名教授の異常な愛情 (kobunsha BLコミックシリーズ) [コミック]

笹原 智映
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 168ページ
  • 出版社: 光文社 (2008/5/29)
  • ISBN-10: 4334806945
  • ISBN-13: 978-4334806941
  • 発売日: 2008/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ベタにセクハララブコメ 2008/8/17
投稿者 mao
形式:コミック
大学生葉山は、単位をエサに椎名教授の実験に協力することに。
口移しで飲まされた新薬は、ベタな恋愛シチュエーションを巻き起こす、ドジッ子☆になる薬。
走れば転ぶ。エレベータに乗れば閉じ込められる。ケーキがあればひっくり返す。
数々のドジッ子を利用した(ドジッ子してない時でも積極的に)教授からセクハラを受ける日々が始まった。

話の展開はドタバタでが、絵は綺麗ですし、筋の中心は「惹かれていく葉山」になってます。
ベタなセクハラとドア隔てても生足の気配で釣れる教授の分かりやすい変態ぶり。時々見せる、真剣に葉山を大事に思う表情。
そんな教授に悪寒を感じながらも、まんまと(?)自分の気持ちを自覚してしまう葉山。
笑いとラブさが調度いいバランスで、反発する葉山も乙女入る葉山もどちらも可愛いです。
ただ、自覚したばかり&素直に受け入れられないので、エロさの進展具合としては描き下ろしの3P状態でケーキ代わりにされる、がMAXと思います。

他に読みきりで、
・いい人に見えてあからさまにセクハラのパティシエ×全く気付かず攻に憧れる純粋大学生。
・卒業式の第2ボタンをめぐる勘違いから生まれる恋。
の2本収録。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック