Amazon Kindleでは、 桶川ストーカー殺人事件―遺言― をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
桶川ス&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 創育の森
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー:多少のヨレ・キズ有りますが概ね良好。ページ:良好。■ 記載無き場合、帯、付属品等は基本的に付属しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫) 文庫 – 2004/5/28

153件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 221

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫) + 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫) + 凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,911
ポイントの合計:  59pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ひとりの週刊誌記者が、殺人犯を捜し当て、警察の腐敗を暴いた…。埼玉県の桶川駅前で白昼起こった女子大生猪野詩織さん殺害事件。彼女の悲痛な「遺言」は、迷宮入りが囁かれる中、警察とマスコミにより歪められるかに見えた。だがその遺言を信じ、執念の取材を続けた記者が辿り着いた意外な事件の深層、警察の闇とは。「記者の教科書」と絶賛された、事件ノンフィクションの金字塔!日本ジャーナリスト会議(JCJ)大賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

清水/潔
1958(昭和33)年、東京都生れ。ジャーナリスト。写真専門学校の報道写真科を卒業後、新聞社写真部を経て「FOCUS」編集部へ。現在は、テレビ局の報道局記者。連載「交通大戦争」で警視総監感謝状。桶川事件で「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」、「JCJ大賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 418ページ
  • 出版社: 新潮社 (2004/5/28)
  • ISBN-10: 4101492212
  • ISBN-13: 978-4101492216
  • 発売日: 2004/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (153件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,608位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

225 人中、212人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 rupapa 投稿日 2012/1/29
形式: 文庫
最近長崎でストーカーが交際相手の女性の家族二人を殺害する事件がありましたが、
その際、交際相手の女性とその親御さんがストーカーの相次ぐ脅迫や自宅付近の徘徊に、
長崎、千葉、三重県警に再三の捜査を願い出たにも関わらず、
これといった策を打ってもらえないまま、ついにストーカーに襲撃されたという話を聞いて、
桶川ストーカー事件を扱ったこの本の事を思い出しました。

「黙って殺されろと言われたのと同じ」
女性の父親が、事件後に出したコメントです。

警察は桶川から何も学んでいないと言われてもしょうがないでしょう。

私がこの本を読んだのは5年ほど前ですが、今読み返してみても、これまで読んだ本の中でも10本の指に入るくらいのベストです。
「記者の教科書」と言われるのも納得で、マスコミの仕事の中でも、ジャーナリズムとはこういう事をいうのかと
記者としての高い意識に感動しました。

この本を発行した後、著者の清水潔さんが在籍していたFORCUSは廃刊。
その後、清水さんはテレビ局に入社したという話は聞いておりましたが、
その後お名前を聞くこともなく、アマゾンに新刊が上がってくることもなく。

国や警察組織を動
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
164 人中、154人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 atsukos11 投稿日 2009/3/14
形式: 文庫
題名からは想像できないほど、凄く深い本です。
今まで読んだなかで一番凄いノンフィクションの一つです。
読み始めたらその壮絶な物語に止まらなくなりました。
この作者のすごい執念にひたすら圧倒されます。
そして、犯人、警察、マスコミ全てに憤りを感じます。
一番のハイライトは地道に、そして確実に犯人を追い詰めていく作者。
まさか、警察より先に犯人に行き着いてしまうなんて、本当に驚愕します。
読後感は、ひたすら呆然としてしまいました。
本当にお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
104 人中、95人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2010/4/1
形式: 文庫
なぜこの本が絶版になっているのか理由を知りたい。出版社や報道機関には、このような名著や事件について後世に伝える責任があるのでないのか?
ネットでの中古販売で入手して読んだ。わずか数年前の本で、賞まで取っているのに入手困難なことに驚いた。
新規採用の警察官に配布して読ませるだけでもそれなりの需要がありそうに思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ダイナマイトルビー 投稿日 2012/10/31
形式: 文庫 Amazonで購入
この事件が報道された時、一人の女性を苦しめる為に大勢の人間が中傷ビラなどを巻き、なんて手の込んだ嫌がらせをしたんだろうと不可解に思っていました。
被害者の詩織さんが殺されるまで警察が取り合わなかったことも私には謎でした。
しかしTVの番組で、この事件を真剣に追い続けた記者がいたことを知り、このサイトでこの本を購入。
数日掛かりましたがしっかり読ませて頂きました。

まず、この著者であり事件を真剣に追い、犯人を特定し追い詰め警察を動かした清水潔さんに心から感謝します。
あなたがいたから事件の真相を知る事が出来ました。
報道の餌食となった詩織さんとそのご家族は耐え難いほどの忍耐の時間を余儀なくされた。
しかし、なぜそうなってしまったのか報道でしか知りえない私は、流され続ける報道に疑問を持ちながらも、本当にそうだったのだろうか・・・で流すしかなかったのでした。
だから全部読み終えた時、腑に落ちたと共に、とても悲しかったです。

自分では手を汚さないという点では、この小松は北九州連続監禁殺人の松永に似ています。
それでも・・・もし小松が大金を手にするような環境で無かったなら、ここまで行かなかったのではとも感じました。
まさに小松に大金は、○違いに刃物のようなもの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
64 人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/9/27
形式: 文庫 Amazonで購入
今も記憶に残る桶川ストーカー事件。
仕事の関係で、当時現場近くを訪れただけに生々しい記憶があります。
私事ですが、自分自身もストーカーに付きまとわれた経験があり、事件の犠牲者の詩織さんのことを思うと、胸が張り裂けそうになりました。
私も警察に通報、相談した経験がありますが、「どんな被害にあいましたか?被害があったら通報してください。」と言われて愕然としました。
その時悟ったのは、「警察なんてあてにならない」「事件が起きてから初めて動くもの、事件が起こるまでは面倒くさがって動かない」という事で、憤りと絶望感に襲われたものです。
本書は、F誌の記者・清水氏が、ジャーナリストとしての情熱と使命感だけではなく、<人としてなすべきことをする>という〜渾身の取材、真実を突き止めようとする熱意とすぐれた直観力に従った結果、取材の経過等を描いているもので、詩織さんの「遺言」に突き動かされた、一人の人間の良心と魂がこめられている書だと思います。
文体は、清水氏の気持ちが伝わってくるような躍動感と臨場感があり、私も心を強く突き動かされました。
主犯の小松と詩織さんとの出会いと交際、嫌がらせの数々、携帯電話時代がもたらした皮肉、卑劣な誹謗中傷のビラ、詩織さんのお父様にまで及んだ嫌がらせの数々・・・読んでいるだけでも腹立たしくて、あまり
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック