松田聖子

松田聖子


ミュージックセール 最大55%OFF

松田聖子 の画像
アーティストまたはその代理人から提供されています

バイオグラフィー

1962年3月10日福岡県久留米市にて生まれる。
1978年、ミス・セブンティーンコンテスト九州地区大会で優勝。
このオーディションがキッカケでCBSソニーにスカウトされる。
その後、反対する両親を説得し上京。

1980年4月1日「裸足の季節」でCBSソニーよりデビュー。
続く「青い珊瑚礁」「風は秋色」「チェリーブラッサム」・・・と立て続けにヒットを飛ばし続け、今も誰もが口ずさめる数々のヒット曲を世に送り出し、デビュー間もなくトップアーティストの座へ駆け上がる。
80年代の松田聖子の楽曲の制作陣には、松本隆・財津和夫・呉田軽穂(松任谷由実)・大瀧詠一・大村雅朗・細野晴臣・南佳孝・尾崎亜美・矢... 続きを読む

1962年3月10日福岡県久留米市にて生まれる。
1978年、ミス・セブンティーンコンテスト九州地区大会で優勝。
このオーディションがキッカケでCBSソニーにスカウトされる。
その後、反対する両親を説得し上京。

1980年4月1日「裸足の季節」でCBSソニーよりデビュー。
続く「青い珊瑚礁」「風は秋色」「チェリーブラッサム」・・・と立て続けにヒットを飛ばし続け、今も誰もが口ずさめる数々のヒット曲を世に送り出し、デビュー間もなくトップアーティストの座へ駆け上がる。
80年代の松田聖子の楽曲の制作陣には、松本隆・財津和夫・呉田軽穂(松任谷由実)・大瀧詠一・大村雅朗・細野晴臣・南佳孝・尾崎亜美・矢... 続きを読む

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

世間の妬みやバッシングすらも栄養素にして輝く"ストロングな女"は、文句なしにカッコいい。いつだって自身の欲求に忠実で、時として破天荒。けれど女としての幸福もしっかりと掌握しつつ、自分をまっとうしているような――。海の向こうではまっさきにマドンナやコートニー・ラヴあたりが思い浮かぶが、日本ではまがうことなく松田聖子だろう。
80年に「裸足の季節」でデビュー。続く「青い珊瑚礁」のミリオンヒットで一躍トップアイドルへ――。恋そのものが息づいているような透き通った歌声、かの"聖子カット"、リボンとフリル満載のコスチュームは、男子のみならず女子をも巻き込んだ一大現象となった。そして、なんといっても... 続きを読む

1962年3月10日福岡県久留米市にて生まれる。
1978年、ミス・セブンティーンコンテスト九州地区大会で優勝。
このオーディションがキッカケでCBSソニーにスカウトされる。
その後、反対する両親を説得し上京。

1980年4月1日「裸足の季節」でCBSソニーよりデビュー。
続く「青い珊瑚礁」「風は秋色」「チェリーブラッサム」・・・と立て続けにヒットを飛ばし続け、今も誰もが口ずさめる数々のヒット曲を世に送り出し、デビュー間もなくトップアーティストの座へ駆け上がる。
80年代の松田聖子の楽曲の制作陣には、松本隆・財津和夫・呉田軽穂(松任谷由実)・大瀧詠一・大村雅朗・細野晴臣・南佳孝・尾崎亜美・矢野顕子・佐野元春・玉置浩二・安藤まさひろ・大江千里・小室哲哉・土橋安騎夫・奥井香・米米クラブといった、今も日本の音楽シーンを支える錚々たるメンバーが携わり、松田聖子・黄金時代を創り上げた。
また80年代は同時に、歌手・松田聖子としてだけではなく、時代を象徴する彼女の生き方はもとより、そのファッション、髪型までもが社会的ムーブメントを起こす程の存在へと大きく成長する。
彼女が日本の音楽史に残した功績は多大なもので、これまでに40以上の音楽賞を受賞し、シングルチャート連続24曲第1位という輝かしい記録を持つ。
現在の音楽シーンの中でも、松田聖子に憧れて歌手になったアーティストも数多いことからも、当時の彼女の社会的影響力の大きさが計り知れる。
また、近年ではアルバム制作等で、自ら作詞・作曲・プロデュースを手がけるなど、作家・プロデューサーとしての才能も発揮している。
そして、キャリアを積んだ今もなお、常に新しいことへチャレンジする精神は彼女の大きな魅力であり、幅広い層のファンを魅了し続けている要因でもある。
毎年、全国10万人動員規模のコンサートツアーを行い、コンスタントにオリジナルアルバムを発表し続けるなど、彼女の軸となる音楽活動はもとより、TVドラマや映画、TVCMなど、幅広い分野で活躍し、テレビやラジオで彼女の歌声が流れない日はない。
松田聖子の生き方、活躍ぶりは常に幅広い世代に注目され、今もなお、誰もが認める日本を代表するトップアーティストとして活躍し続けている。
松田聖子。
デビュー30周年。
今また日本中がその動向に注目している!

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

1962年3月10日福岡県久留米市にて生まれる。
1978年、ミス・セブンティーンコンテスト九州地区大会で優勝。
このオーディションがキッカケでCBSソニーにスカウトされる。
その後、反対する両親を説得し上京。

1980年4月1日「裸足の季節」でCBSソニーよりデビュー。
続く「青い珊瑚礁」「風は秋色」「チェリーブラッサム」・・・と立て続けにヒットを飛ばし続け、今も誰もが口ずさめる数々のヒット曲を世に送り出し、デビュー間もなくトップアーティストの座へ駆け上がる。
80年代の松田聖子の楽曲の制作陣には、松本隆・財津和夫・呉田軽穂(松任谷由実)・大瀧詠一・大村雅朗・細野晴臣・南佳孝・尾崎亜美・矢野顕子・佐野元春・玉置浩二・安藤まさひろ・大江千里・小室哲哉・土橋安騎夫・奥井香・米米クラブといった、今も日本の音楽シーンを支える錚々たるメンバーが携わり、松田聖子・黄金時代を創り上げた。
また80年代は同時に、歌手・松田聖子としてだけではなく、時代を象徴する彼女の生き方はもとより、そのファッション、髪型までもが社会的ムーブメントを起こす程の存在へと大きく成長する。
彼女が日本の音楽史に残した功績は多大なもので、これまでに40以上の音楽賞を受賞し、シングルチャート連続24曲第1位という輝かしい記録を持つ。
現在の音楽シーンの中でも、松田聖子に憧れて歌手になったアーティストも数多いことからも、当時の彼女の社会的影響力の大きさが計り知れる。
また、近年ではアルバム制作等で、自ら作詞・作曲・プロデュースを手がけるなど、作家・プロデューサーとしての才能も発揮している。
そして、キャリアを積んだ今もなお、常に新しいことへチャレンジする精神は彼女の大きな魅力であり、幅広い層のファンを魅了し続けている要因でもある。
毎年、全国10万人動員規模のコンサートツアーを行い、コンスタントにオリジナルアルバムを発表し続けるなど、彼女の軸となる音楽活動はもとより、TVドラマや映画、TVCMなど、幅広い分野で活躍し、テレビやラジオで彼女の歌声が流れない日はない。
松田聖子の生き方、活躍ぶりは常に幅広い世代に注目され、今もなお、誰もが認める日本を代表するトップアーティストとして活躍し続けている。
松田聖子。
デビュー30周年。
今また日本中がその動向に注目している!

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

世間の妬みやバッシングすらも栄養素にして輝く"ストロングな女"は、文句なしにカッコいい。いつだって自身の欲求に忠実で、時として破天荒。けれど女としての幸福もしっかりと掌握しつつ、自分をまっとうしているような――。海の向こうではまっさきにマドンナやコートニー・ラヴあたりが思い浮かぶが、日本ではまがうことなく松田聖子だろう。
80年に「裸足の季節」でデビュー。続く「青い珊瑚礁」のミリオンヒットで一躍トップアイドルへ――。恋そのものが息づいているような透き通った歌声、かの"聖子カット"、リボンとフリル満載のコスチュームは、男子のみならず女子をも巻き込んだ一大現象となった。そして、なんといってもアイドル時代の彼女への楽曲提供陣は錚々たる顔ぶれだ。「白いパラソル」以降、一連のヒット・シングルの作詞を手がけた松本隆に加えて、大滝詠一、細野晴臣、鈴木茂といった、「はっぴいえんどフリーク」を狂喜させる面々。呉田軽穂(=松任谷由実)を筆頭とした財津和夫、尾崎亜美、原田真二、南佳孝、来生たかおなどのニューミュージック界の超実力派たち――。そういった強力なブレーンに支えられて、松田聖子は名シングル/アルバムを生み出し続け、80年代終わり以降はついにセルフ・プロデュースへと邁進していった。
憧れのスターだった郷ひろみとのロマンス成就→別離→すかさず神田正輝と結婚→出産→ブティック経営→全米デビュー→金髪碧眼青年との浮名→離婚→年下の歯科医とビビビ再婚→再び離婚………と彼女のライフ・ストーリーは、すべての婦女子の羨望を浴びるほどゴージャスだ。時にはマイナス要因があるのも否めないが、どうあろうとも「可愛らしさ」はこれっぽっちも失われない。そして何よりスゴいのは、デビュー20周年を超えた今でも声の透明度になんらかわりがないことだろう。――天晴れ、聖子。日本女性の沽券はあなたにかかっている。
00年9月には郷ひろみとのデュエット「True Love Story」をリリースして、世間をのけ反らせた。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら