Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 511

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
松井久子の生きる力 (ソリストの思考術)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

松井久子の生きる力 (ソリストの思考術) [単行本]

松井 久子
5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,728 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

松井久子の生きる力 (ソリストの思考術) + レオニー [DVD] + イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者
合計価格: ¥ 6,665

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

人を巻き込んで、常に自分の信じる道を突き進んできた映画監督、松井久子の生きる力とは。50歳。松井久子は生まれて初めて、監督として映画製作の場に立った。無謀だ。できるわけが無い。けれども、『ユキエ』『折り梅』そして『レオニー』と15年の歳月をかけて、3本の映画を見事に世に送り出した……。

内容(「BOOK」データベースより)

50歳。松井久子は生まれて初めて、監督として映画製作の場に立った。無謀だ。できるわけが無い。けれども、『ユキエ』『折り梅』そして『レオニー』と15年の歳月をかけて、3本の映画を見事に世に送り出した…。人を巻き込んで、常に自分の信じる道を突き進んできた映画監督、松井久子の生きる力とは。

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 六耀社 (2011/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4897376963
  • ISBN-13: 978-4897376967
  • 発売日: 2011/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.9 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 522,579位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 たくさんの人に読んでほしい!! 2012/1/9
投稿者 Amazon Customer
まず、純粋に「読み物」として抜群に面白い。

古き良き日本のごく普通の家庭で生まれ育った少女が
時代の流れと多くの人との出会いによって
演劇活動、フリーライター、俳優のマネージャー、映像制作のプロデューサー
といった職業(すべてフリーランス)を経て、
50歳を過ぎて映画監督として3本の作品を生み出すまでの波瀾万丈の物語。
文章が簡潔なうえ具体的なエピソードが満載で
ぐいぐい読み進めることができた。

著者はその3本の映画作品で
「普通の人」が大きな困難に見舞われたとき、
そこから逃げずに最善を尽くす決意をし、行動したとき
彼ら彼女らがいかに美しく輝くか、ということを繰り返し描いてきた。
本書を読めば、それは著者自身の生き方の投影であり
だからこそ、彼女の作品は多くの人々の心をとらえてきたのだということが分かる。

人間にとって本当に大切なのは「精神の独立」を意味する「自律」ではないかという著者。
それは右肩上がりの経済成長が終わり、
東日本大震災後を生きていかなければならない日本人すべてに
必要な心得ではないだろうか。

映画に興味のある人も無い人も
著者
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 極上の娯楽 2012/1/12
投稿者 神山謙介
Amazonで購入
安易に“目出度し”へと帰結させる事を図る典型的な自伝本とは一線を画す。
自らの育った家庭環境、前夫との出会いから別れ、ご子息の留学にあたって苦心した資金繰りに直近の恋愛事情まで…
“書き過ぎ”である。

そして、各章の跨ぎが奏でる展開の旋律は、監督のみならず脚本も手掛ける氏ならではのものでありアートにも似た感覚を覚える。
頁をめくる手が止まる事を許してはくれない。

ヒントやコツといった生易しいモノではない。
心の底から湧きあげてくる想い、“生きる力”がそこにはある。
極上の娯楽と言って差し支えあるまい。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 コーヘイ
私はたまたま映画「レオニー」という映画を見て、20世紀始めの日本とアメリカを跨いだその壮大なスケールと、中心となる主人公の一見型破りながら芯の通った生き方に驚嘆、感動しました。そしてこのような映画を作る監督とはどんな人なのだろう、どうやってこの映画は作られたのだろうという興味から探索の結果、この本を手に取りました。

映画「レオニー」といっても、限られた映画館でのみ公開された2010年製作、2011年海外公開版完成のこの映画を知る人は少ないかもしれません。(現在TSUTAYAでオリジナル版のレンタルDVDを借りることができます) 日米混血の芸術家(彫刻家)イサム・ノグチの名を耳にした人の中でも、その母親であるアメリカ人女性、レオニーのことを知る人はほとんどいないでしょう。

著者の松井久子監督が、葛藤、迷い、不安などを抱えつつも、心を開くことで多くの人々との出会いや別れに直面し、いかにそれを人生の糧としてきたのか。「ユキエ」「折り梅」、そして「レオニー」という3本の映画を作る過程で、作品を鋭い視点から見つめ直し、しかも悩みを抱えた登場人物に温かく「寄り添う」(最近よく耳にする言葉ですが)ことがなぜ可能だったのか。この本を読むとよくわかります。

著者の生い立ちや多くの人々との出会い、出版やテレビ番組制作や俳優プロダクション
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 まさしく生きる力 2012/4/26
投稿者 Papa
Amazonで購入
人の一生はとてつもなく長い。
その長さを、時に心砕け、時に励まされ助けられながら生き抜いて行くのだと想う。
人は誰も、自分を主人公にして生きて行く。ゆえに目標も必要であり、それが自分にマッチしたリアリティを帯びていればこそ、自分の寄り添う力となってくれる存在なのだと想う。
そんな1冊になれる、力のある本だと想う。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック