¥ 1,851
通常配送無料 詳細
16点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
東方求&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism. 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/27


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,851
¥ 1,851 ¥ 389


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism. + 東方文花帖 ~ Bohemian Archive in Japanese Red + 東方香霖堂 ~Curiosities of Lotus Asia.
合計価格: ¥ 5,415

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

幻想郷の過去と未来を照らす、新たな里程標。“東方”公式資料読本。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 183ページ
  • 出版社: 一迅社 (2012/4/27)
  • 言語: 日本語, 英語
  • ISBN-10: 4758012318
  • ISBN-13: 978-4758012317
  • 発売日: 2012/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 9,308位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

66 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 はったん 投稿日 2012/4/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
ひと通り読みましたが、とにかく情報量が膨大です。

内容は、幻想郷の新三大勢力の対談を中心に、関連キャラクターの解説に加えて、幻想郷の新聞記事も掲載されています。

新三大勢力の対談とは、東方風神録以降に新たに現れた、
『神道』勢力から八坂神奈子、『仏教』勢力から聖白蓮、『道教』勢力から豊聡耳神子、の三人が集まり、
司会として霧雨魔理沙、書記として稗田阿求が加わり、幻想郷の様々なテーマについて語り合います。(もちろんお酒を交えて)

残念ながら地霊殿の方々は対談には参加しませんが、しっかりと対談内で話題になります。
今回の対談に参加出来ない“理由”もそこで語られます。

その対談のテーマは全六部あり、各部間に、対談内容に関係するキャラクター達の解説が挿入されています。
解説形式は【東方求聞史紀】と同じです。(ただし種族別には分けられてい
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
34 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 baru 投稿日 2012/4/29
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
前作「東方求聞史紀」を知らない人のためにあらかじめ断っておくと、本書は「設定資料集」でも「イラスト集」でも(もちろんそれらの面も少しは持ち合わせているが)ない。
作中に登場するキャラクター「稗田阿求」がまとめた本、という体裁なので各キャラクターの解説には彼女のバイアスがかかっている(つまり正確ではない)し、普通の設定資料集にありがちな数値データ(身長、年齢etc.)なども無い。キャラクターのイラストも基本的に一枚しか無い。設定やイラストが散りばめられた読み物、といったところ。
安くはない(ついでに言えば、ハードカバーでそこそこデカイ)本なので、その辺を踏まえた上で購入を検討してほしい。

内容はタイトルで判断できるであろう実質的な「東方求聞史紀2」に加えて「新規3勢力のトップ会談集」。
文々。新聞と花果子念報のスクラップ記事も収録されており、そちらも興味深い。特に花果子念報に関しては、実物が登場するのは本書が初である。
目次等の内容と関係のないページ数を抜いても170ページ以上と、本書の帯の「過去最大のボリューム」に違わず膨大な新規情報が詰まっていた。少々値が張るが、この内容量なら十分納得できる。

地霊殿勢以外の新規勢力は皆「宗教」というテーマを持っているためか白熱した会話が為され、特に「幻想郷」「人
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 知りたがり寿 投稿日 2012/5/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は求聞史紀の続編です。内容は、

「史紀以降の登場である風神・地霊・聖蓮・神霊のキャラ追加紹介(緋想・儚月etcは理由あって縁起による紹介はなし)」
80頁

「神奈子・白蓮・神子による生討論全六部構成」
60頁

「文々。新聞・花果子念報の切り抜き」
17本

目次・あとがき・未紹介キャラの簡単な解説

全183頁、となっています。

内容量に関しては、多いような少ないような、でした。案外さくさく読めます。

しかし前述の三者面談は思っていた以上に面白かったです。
以下は本作の肝でもある、その討論についての説明をします。

まずこの討論会で欠かせないのは、三人が三人、異なる宗教の派閥であるということです。幻想郷について、外の世界について、妖怪についてといったトピックに、各々の信心する教えを切り口に話を進めていきます。
しかし面白いのは、指向性は違うはずの三人の「世の中に対する考え方」は、なんとなく一致しているということです。ここから、宗教とは元来どんなものか?世の中の在るべき姿とは?といったことが浮かび上がってきます。自分で読んで考えてみてください。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 K.O 投稿日 2012/5/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
東方求聞史紀に続く公式設定資料集。
中身は、魔理沙が司会を務め、阿求が書記を担当し、神奈子、白蓮、神子の三勢力が
対談をする、といった形で話が進められ、その話に接点のあるキャラクターが
求聞史紀のように紹介されるというもの。
後半には文とはたてによる記事も掲載。

紹介されるキャラクターは風神録〜神霊廟。
ただ、前述の通り対談の内容に接点のあるキャラクターしか紹介されないため、
天子、衣玖、綿月姉妹、キスメ、椛、華扇、はたてが紹介されていません。
綿月姉妹、はたてにいたっては記事にもなっていません。
しかし、最後にZUNさんの解説インタビューがあるのでご安心を。

全体的には求聞史紀のように活字が多いので慣れていない人は注意。
また、イラストを描く資料目的で買うのには適さないのでそれにも注意。
加えて、ゲームの内容にも一切触れていません。
それでも東方ファンなら買って損はないものだと思います。

コンセプト上仕方のないことですが、それでも全員ちゃんと紹介してほしかったなー
ということで評価は4に。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック