Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
東大寺お水取り―二月堂修二会の記録と研究
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

東大寺お水取り―二月堂修二会の記録と研究 [大型本]

堀池 春峰
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 5,940 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

東大寺お水取り―二月堂修二会の記録と研究 + NHK特集 奈良・お水取り [DVD] + 東大寺 お水取り 春を待つ祈りと懺悔の法会 (朝日選書)
合計価格: ¥ 10,635

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「お水取り」として親しまれている修二会は、天平勝宝から連綿と続いてきた驚異の伝統行事で、本年で1245回をかぞえる。天下泰安、風雨順時、五穀成熟、万民快楽を祈るこの行法は、2月20日から3月15日までの長期間におよび、3月1日から14日間にわたる本行では、11人の連行衆が二月堂の本尊十一面観音の前で厳しい行に励む。とくに12日深夜に行われる「お水取り」は、火の祭りと呼ぶにふさわしい豪華壮麗な炎の乱舞で、多くの人々の信仰を集め、毎年、数万の観光客が押し寄せる。 本書は、10年の歳月をかけ、暗夜の一瞬の所作にまで目を光らせた174点の迫力あるカラー写真でこの稀有な行法を再現。東大寺管長の守屋弘斎師による解説は、体験を踏まえた貴重な証言ともなっている。また、行事次第時刻表は行事の進行を見逃さず追うことができ、修二会聴聞には欠かせない。さらにこのたび普及版刊行にさいし、「二月堂修二会略年表」を収録、修二会の成立基盤とその背景が一見して解明できる。 本書は、行事所作を徹底分析した写真構成と詳細な解説・論考および関係資料の完全収録で、千二百余年にわたる秘儀の全貌を明らかにするとともに、「お水取り」聴聞に最適のガイドブックともなっている。

出版社からのコメント

天平勝宝4年から今日まで千二百余年間、ただの一度も断絶することなく続く「お水取り」の秘議の全貌を集大成。10年間を費やした写真取材、数々の謎に迫る仮説・論文、修二会を 聴聞するに必要な一切の資・史料、図版などを網羅。

登録情報

  • 大型本: 253ページ
  • 出版社: 小学館; 普及版 (1996/04)
  • ISBN-10: 4096807516
  • ISBN-13: 978-4096807514
  • 発売日: 1996/04
  • 商品パッケージの寸法: 30.2 x 23 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 712,293位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By emir1969 VINE メンバー
形式:大型本
この本はいずれ必ず手元に置きたい。

東大寺二月堂の「お水取り」という呼称はいわゆる通称、 
東大寺としての正式行事名は「修二会(シュニエ)」である。
修二会は開始以来1260数年、休みなく毎年おこなわれ続ける日本最古の仏教行事である。
けっして観光イベントではない。

本書は東大寺の売店でも扱われている現在までの決定版といってもいい書籍。
修二会は二月堂の内陣で練行衆と呼称される担当僧侶たちが非公開でおこなう祈祷などを除けば
ある程度誰でも拝観可能である。
その最たるものが三月になればニュース映像として毎年報道される「お松明」だ。
日によって本数が異なるが3月1日から3月14日までの毎夕、練行衆の二月堂参篭の誘導として
点火される巨大な松明目当てに多くの拝観者が集う。

そこで上記内容紹介に気になる表現があるので以下指摘する。
それは
「とくに12日深夜に行われる「お水取り」は、火の祭りと呼ぶにふさわしい、豪華壮麗な
炎の乱舞で、多くの人の信仰を集め、毎年、数万の観光客が押し寄せる」
の箇所。

実際の行事として水を汲むお水取りは確かに12日深夜に行われる。
その後の文章が
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 とても内容の濃い本です♪ 2012/12/24
形式:大型本|Amazonで購入
お水取りの日程について非常に詳しく解説されており昨年はこの本を図書館でかりて東大寺のお水取り見学に数日通いました。とても内容のすばらしい本だったのでアマゾンでお安く出ていたので買いました。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック