東京事変

東京事変 のトップセラー (17点のアルバムをすべて見る )


東京事変の17点のアルバムをすべて見る

東京事変のデジタルミュージック
並べ替え:
売れている順番
1-10 of 130
曲名 アルバム  
30
30
30
30
30
30
30
30
30
30

東京事変 DVD&ブルーレイ

珍プレー好プレー [Blu-ray]
東京事変
Blu-ray
¥ 4,731 ¥ 3,308
Bon Voyage [DVD]
東京事変
DVD
¥ 4,320 ¥ 3,218

『color bars』ライナーノーツ


東京事変 / color bars『color bars』

月11日、東京事変は解散声明を発表。2月に行う3会場6公演のアリーナツアーを以て、その活動を終了することを宣言した。ミニアルバムながらも最後のオリジナル作品となる本作の予兆はDiscoveryツアーに足を運んだ人であれば、憶えがあるだろう。

・・・『color bars』ライナーノーツの続きを読む


『東京コレクション』ライナーノーツ


EXILE『東京コレクション』

2004年9月8日、デビューシングル「群青日和」で豪雨の新宿を描くことから始まった東京事変。前年秋の椎名林檎ソロ・ツアー「雙六エクスタシー」のメンバーがそのまま移行する形でバンド活動へと雪崩れ込んでいった経緯は、初めて聞かされた時、もちろん大きな違和感があった

・・・『東京コレクション』ライナーノーツの続きを読む


『Discovery』ライナーノーツ


東京事変 / Discovery『Discovery』 [DVD] [Blu-ray]

まず本作のジャケット写真を見てほしい。これは実際のライヴ終演直後に撮影されたものだ。昨日今日にバンドを始めた者達では絶対に醸し出すことの出来ない、素晴らしい表情と空気感ではないか。

・・・『Discovery』ライナーノーの続きを読む


東京事変 の画像
アーティストまたはその代理人から提供されています

バイオグラフィー

2004年、椎名林檎が東京事変の活動を表明。フジロックフェスティバルに初参戦、ホワイトステージのヘッドライナーを務め、入場規制がかかるほどの衆目を集める。デビューシングル「群青日和」、1stアルバム『教育』をリリース。 05年、伊澤一葉(Key.)と浮雲(G.)が参加、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人(アダルト)』がチャート第一位を獲得。 06年、08年には複数のアーティストを招いてのイベント「SOCIETY OF THE CITIZENS」を主宰した。 07年3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』、10年4thアルバム『スポーツ』、11年5thアルバム『大発見』とテレビのチャンネル... 続きを読む

2004年、椎名林檎が東京事変の活動を表明。フジロックフェスティバルに初参戦、ホワイトステージのヘッドライナーを務め、入場規制がかかるほどの衆目を集める。デビューシングル「群青日和」、1stアルバム『教育』をリリース。 05年、伊澤一葉(Key.)と浮雲(G.)が参加、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人(アダルト)』がチャート第一位を獲得。 06年、08年には複数のアーティストを招いてのイベント「SOCIETY OF THE CITIZENS」を主宰した。 07年3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』、10年4thアルバム『スポーツ』、11年5thアルバム『大発見』とテレビのチャンネル... 続きを読む

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

2004年、椎名林檎が主宰するバンド“東京事変”での活動を表明。同年9月にデビュー・シングル「群青日和」を発表後、11月には1stアルバム『教育』をリリース。
2005年、新メンバーとして伊澤一葉(Key.)と浮雲(G.)が参加し、椎名林檎(Vox.)、亀田誠治(B.)、刄田綴色(D.)と共に現メンバーとなる。2006年1月に2ndアルバム『大人(アダルト)』をリリースし、アルバム・チャート初登場1位を獲得。続いて2007年9月、3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』をリリース。
2009年12月、約2年ぶりの作品となる6thシングル「能動的三分間」を発表。シングル・チャート初登場1... 続きを読む

2004年、椎名林檎が東京事変の活動を表明。フジロックフェスティバルに初参戦、ホワイトステージのヘッドライナーを務め、入場規制がかかるほどの衆目を集める。デビューシングル「群青日和」、1stアルバム『教育』をリリース。 05年、伊澤一葉(Key.)と浮雲(G.)が参加、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人(アダルト)』がチャート第一位を獲得。 06年、08年には複数のアーティストを招いてのイベント「SOCIETY OF THE CITIZENS」を主宰した。 07年3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』、10年4thアルバム『スポーツ』、11年5thアルバム『大発見』とテレビのチャンネル名を冠したオリジナルアルバムをリリース。 2012年1月解散を発表。 メンバー全員が夫々作詞作曲した楽曲を持ち寄ったラストアルバム『color bars』リリース。 2月に「東京事変live tour 2012 Domestique Bon Voyage」を開催、2月29日の日本武道館公演をもって活動を終了する。

◆Official WEB site http://www.kronekodow.com  http://www.tokyojihen.com

【東京事変メンバー・プロフィール】

vox 椎名林檎(シイナリンゴ)
1978年11月25日生まれ
午年 福岡市出身
98年シングル『幸福論』でデビュー。1stアルバム『無罪モラトリアム』(99年)が160万枚、2ndアルバム『勝訴ストリップ』(2000年)が250万枚を超えるセールスを記録。02年アルバム『唄ひ手冥利―其ノ壱―』(カバー集)、03年『加爾基 精液 栗ノ花』を発表。04年東京事変の活動を開始。06年、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人』がチャート第1位を獲得。07年、椎名林檎が初の音楽監督を務めた映画『さくらん』で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞、同映画をイメージして制作されたアルバム『平成風俗』がチャート第1位を獲得。08年、デビュー十周年を記念してアルバム未収録曲集『私と放電』、シングルクリップ集DVD『私の発電』をリリース。11月さいたまスーパーアリーナにて「 林檎博’08 ~ 10周年記念祭」を開催、10年間の集大成を披露した公演は3日間で延べ55,000人を動員。 09年、前年度の際立った業績、新生面を開いた活動が高く評価され、文化庁主催平成20年度芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)を受賞。6年ぶりとなるソロ・アルバム『三文ゴシップ』を発表、チャート第1位を獲得。2011年、NHK連続テレビ小説「カーネーション」の主題歌を手がけ、同年大晦日「NHK紅白歌合戦」に初出場。他の追随を許さない唯一無比の世界を表現する音楽家。

key 伊澤一葉(イザワイチヨウ)
1976年7月4日生まれ
辰年 倉敷市出身
4歳からピアノを始める。中2よりギターを始め、それと共にバンド活動開始。高校生時代からボーカルも務める。大学入学と同時に上京。新たなバンドと共に作曲活動も行う。2004年、バンドあっぱを結成。 2005年より東京事変に参加。

bass 亀田誠治(カメダセイジ)
1964年6月3日生まれ
辰年 NY出身
89年、アレンジャー、プロデューサー、ベースプレイヤーとして活動を始める。
これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツをはじめDo As Infinity、スガ シカオ、Chara、アンジェラ・アキ、エレファントカシマシ、秦 基博、JUJU、MIYAVI vs KREVA、植村花菜、チャットモンチー、WEAVERなど数多くのアーティストのプロデュース、アレンジを手がける。

guitar 浮雲(ウキグモ)
1978年10月7日生まれ
午年 千葉市出身
9歳からピアノ、中1からギターを始める。 大学在学中よりギタリストとしての活動を始める。 2002年椎名林檎のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』にギタリストとして参加。アナログ盤にのみ収録された「映日紅の花」の楽曲提供を経て2005年より東京事変に参加。

drums 刄田綴色(ハタトシキ)
1976年10月5日生まれ
辰年 島根県出身
幼少よりお神楽、和太鼓に親しむ。中学・高校とブラスバンド部に在籍(Perc担当)。 高3からドラマーとしてバンド活動を始める。18歳で上京。多くのアマチュアバンドでドラム、パーカッションを掛け持つ。1998年バンド「scope」結成(2003年脱退)。2003年、椎名林檎の実演ツアー「雙六エクスタシー」に参加。翌2004年、椎名らと共に東京事変の活動を開始。

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

2004年、椎名林檎が東京事変の活動を表明。フジロックフェスティバルに初参戦、ホワイトステージのヘッドライナーを務め、入場規制がかかるほどの衆目を集める。デビューシングル「群青日和」、1stアルバム『教育』をリリース。 05年、伊澤一葉(Key.)と浮雲(G.)が参加、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人(アダルト)』がチャート第一位を獲得。 06年、08年には複数のアーティストを招いてのイベント「SOCIETY OF THE CITIZENS」を主宰した。 07年3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』、10年4thアルバム『スポーツ』、11年5thアルバム『大発見』とテレビのチャンネル名を冠したオリジナルアルバムをリリース。 2012年1月解散を発表。 メンバー全員が夫々作詞作曲した楽曲を持ち寄ったラストアルバム『color bars』リリース。 2月に「東京事変live tour 2012 Domestique Bon Voyage」を開催、2月29日の日本武道館公演をもって活動を終了する。

◆Official WEB site http://www.kronekodow.com  http://www.tokyojihen.com

【東京事変メンバー・プロフィール】

vox 椎名林檎(シイナリンゴ)
1978年11月25日生まれ
午年 福岡市出身
98年シングル『幸福論』でデビュー。1stアルバム『無罪モラトリアム』(99年)が160万枚、2ndアルバム『勝訴ストリップ』(2000年)が250万枚を超えるセールスを記録。02年アルバム『唄ひ手冥利―其ノ壱―』(カバー集)、03年『加爾基 精液 栗ノ花』を発表。04年東京事変の活動を開始。06年、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人』がチャート第1位を獲得。07年、椎名林檎が初の音楽監督を務めた映画『さくらん』で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞、同映画をイメージして制作されたアルバム『平成風俗』がチャート第1位を獲得。08年、デビュー十周年を記念してアルバム未収録曲集『私と放電』、シングルクリップ集DVD『私の発電』をリリース。11月さいたまスーパーアリーナにて「 林檎博’08 ~ 10周年記念祭」を開催、10年間の集大成を披露した公演は3日間で延べ55,000人を動員。 09年、前年度の際立った業績、新生面を開いた活動が高く評価され、文化庁主催平成20年度芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)を受賞。6年ぶりとなるソロ・アルバム『三文ゴシップ』を発表、チャート第1位を獲得。2011年、NHK連続テレビ小説「カーネーション」の主題歌を手がけ、同年大晦日「NHK紅白歌合戦」に初出場。他の追随を許さない唯一無比の世界を表現する音楽家。

key 伊澤一葉(イザワイチヨウ)
1976年7月4日生まれ
辰年 倉敷市出身
4歳からピアノを始める。中2よりギターを始め、それと共にバンド活動開始。高校生時代からボーカルも務める。大学入学と同時に上京。新たなバンドと共に作曲活動も行う。2004年、バンドあっぱを結成。 2005年より東京事変に参加。

bass 亀田誠治(カメダセイジ)
1964年6月3日生まれ
辰年 NY出身
89年、アレンジャー、プロデューサー、ベースプレイヤーとして活動を始める。
これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツをはじめDo As Infinity、スガ シカオ、Chara、アンジェラ・アキ、エレファントカシマシ、秦 基博、JUJU、MIYAVI vs KREVA、植村花菜、チャットモンチー、WEAVERなど数多くのアーティストのプロデュース、アレンジを手がける。

guitar 浮雲(ウキグモ)
1978年10月7日生まれ
午年 千葉市出身
9歳からピアノ、中1からギターを始める。 大学在学中よりギタリストとしての活動を始める。 2002年椎名林檎のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』にギタリストとして参加。アナログ盤にのみ収録された「映日紅の花」の楽曲提供を経て2005年より東京事変に参加。

drums 刄田綴色(ハタトシキ)
1976年10月5日生まれ
辰年 島根県出身
幼少よりお神楽、和太鼓に親しむ。中学・高校とブラスバンド部に在籍(Perc担当)。 高3からドラマーとしてバンド活動を始める。18歳で上京。多くのアマチュアバンドでドラム、パーカッションを掛け持つ。1998年バンド「scope」結成(2003年脱退)。2003年、椎名林檎の実演ツアー「雙六エクスタシー」に参加。翌2004年、椎名らと共に東京事変の活動を開始。

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

2004年、椎名林檎が主宰するバンド“東京事変”での活動を表明。同年9月にデビュー・シングル「群青日和」を発表後、11月には1stアルバム『教育』をリリース。
2005年、新メンバーとして伊澤一葉(Key.)と浮雲(G.)が参加し、椎名林檎(Vox.)、亀田誠治(B.)、刄田綴色(D.)と共に現メンバーとなる。2006年1月に2ndアルバム『大人(アダルト)』をリリースし、アルバム・チャート初登場1位を獲得。続いて2007年9月、3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』をリリース。
2009年12月、約2年ぶりの作品となる6thシングル「能動的三分間」を発表。シングル・チャート初登場1位を獲得。2010年2月、通算4枚目となる新作アルバム『スポーツ』をリリース。同年3月26日(金)から全国ツアー『東京事変live tour 2010 ウルトラC』を開催する。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら