通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【amazon専用在庫】 ◆当店ランク【竹】 〔竹の解説/コンディション『良い』の中での中級レベル。概ね良好な状態(10頁程度の書込み、ライン引き等があるものも含む)の一般的な古本レベル。〕 ※注意事項※ ◆当店をご利用の際は、以下内容をご了承の上ご利用願います。 ◆amazon専用在庫商品には、表紙カバー又は本体バーコード部分にFBA管理ラベル(剥せるタイプ)を貼付しています。 ◆商品コンディションはamazonガイドラインに準じ分かり易い表記に努め、コンディション【良い】を『松竹梅の3段階』に分けて表記致します。 ◆ご提供商品は中古品の為、経年によるヤケ、シミ、擦れ、折れ、ヨレ、破れ、ハガレ、反り、開き癖、天地小口の汚れ等々の古本としての一般的な傷みが有ることを前提にご利用願います。 ◆前記傷みの他、amazonのカタログ写真と表紙カバーが違う場合やカバーの出版社マーク、栞紐等が欠落している場合があります。 ◆検品、清掃には細心の注意を払っておりますが臭いのクレームにはご対応致しかねます。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京カフェを旅する 単行本 – 2010/7/17


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 763


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

東京カフェを旅する + 東京カフェ散歩 観光と日常 (祥伝社黄金文庫) + 東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴
合計価格: ¥ 4,253

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人気Webサイト「東京カフェマニア」著者が訪ねた厳選57軒・東京カフェの現在形。ジャズ喫茶から2010年へ。歴史をたどる「東京カフェ年表」掲載。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川口/葉子
エッセイスト、喫茶店写真撮影家。茨城県日立市生まれ、南インド育ち。約30年にわたり全国1000軒以上のカフェを訪れる。その経験をもとに綴るウェブサイト「東京カフェマニア」は、カフェ好きに広く知られる存在(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 平凡社 (2010/7/17)
  • ISBN-10: 4582544371
  • ISBN-13: 978-4582544374
  • 発売日: 2010/7/17
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 356,110位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 チャー丸 投稿日 2010/8/5
形式: 単行本
東京のカフェとは、人を包み込んでくれる懐の深い場所だということをこの本に教えてもらいました。
掲載されたお店は、著者による魅力的な写真でその空間を見ることができ、すべて丁寧に描かれ、文学的なテキストで楽しませてくれました。またカフェヒストリーはよく取材されているようで、大変面白いものでした。

お店の歴史は遠い過去のしらない人たちが作ったのではなく、現役で私たちをもてなしてくれる同時代に生きている人たちなんだなと思うと遠い存在のオーナーたちが少し身近に感じられてうれしくなりました。

人と人が出合い、影響し合って新しいことが生まれ、点が線になり面になり新しい文化ができあがる。その一端を担っているのは、場所を提供する側だけでなく客人である私たちの存在があってこそと伝え続ける、読みながら繰り返し著者の思いのようなものを感じました。

東京の街は特に特徴はないのかもしれない。でも東京の街を継いでいく人たちの思いをすべて受けて止めて日々変わり続けているエネルギッシュで心優しい大都会が東京なんだと思います。カフェを軸に街の変遷の面白さを認識しました。この本を読んでいると東京の街が好きになります。

そしてカフェは様々な出会いをくれたんだと自分のことも思い出したりしました。
著者の思いがつまった力作で大事にしたい本です。1冊は保存用にと2冊購入しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 大谷屋 投稿日 2010/7/27
形式: 単行本
2000年前後からのカフェブームから日常の一場面としてカフェが認知され
カフェの案内本も繰り返し本屋で見かけることができます
(ミーハーな僕は大体購入してしまうのですが)
いわば消費される情報としてのカフェ本 悲しいかな そういった本が大半

ただ今回の本は違う
カフェとともに年輪を重ねた者だけが書ける内容
川口葉子だけが捉えられるカフェに係わった人たちの群像
彼女の文体で仕上げた東京カフェの歴史的俯瞰
カフェの作り手の思いの内側まで踏み込んで優しくそれを掬い上げる作業
そしてカフェを享受する側としての見守る優しいまなざし
それらが一体となって心地よい構成をなしています

くすんだフィルム的な紙質も写真の風合いも僕のお気に入り
(専門的にはなんというのでしょうか?
 僕は勝手に第一世紀「暮らしの手帖」風と名づけていますが)

消えていったカフェに思いを寄せ
姿を変えたカフェに昔の姿を重ね合わせる
そういう重層的な記述が僕にはひどく懐かしく 甘く すこしばかり苦い

一つ微笑したこと
カフェの年表にラットゴンストアの開店の一文
これをみてあそこで起こった小さ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック