¥ 21,220 + 関東への配送料無料
通常2~3日以内に発送します。 販売元: 家電王子

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 18,479
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 21,220
+ 関東への配送料無料
発売元: Life Mart
カートに入れる
¥ 21,260
+ 関東への配送料無料
発売元: エレクル
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

東プレ キーボード REALFORCE108UDK 日本語配列カナなし USB 有線接続 静電容量無接点 昇華印刷墨モデル ALL30g荷重 ブラック SJ38C0

5つ星のうち 4.7 56件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 21,600
価格: ¥ 21,220
OFF: ¥ 380 (2%)
通常2~3日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、家電王子 が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:12¥ 18,479より
  • バス:USB
  • 接続方式:有線


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 新品未使用品です。在庫切れの場合は、ご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。ご了承の程宜しくお願い申し上げます。



キャンペーンおよび追加情報



製品の特徴:
  • 待望のRealforce108ブラックAll30gバージョンです。
  • メーカー型番 : SJ38C0
  • キーボード仕様 : 日本語キーボード カナなし
  • スイッチ方式 : 静電容量方式
  • 押下特性 : ALL30gソフトタクタイルフィーリング
詳しい仕様を見る

よく一緒に購入されている商品

  • 東プレ キーボード REALFORCE108UDK 日本語配列カナなし USB 有線接続 静電容量無接点 昇華印刷墨モデル ALL30g荷重 ブラック SJ38C0
  • +
  • ダイヤテック KeyPuller FKP01
総額: ¥21,714
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
ブランド東プレ
商品重量1.8 Kg
梱包サイズ50.2 x 23 x 5.6 cm
メーカー型番SJ38C0
OSnot_machine_specific
  
登録情報
ASINB003H04YIO
おすすめ度 5つ星のうち 4.7 56件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 5,961位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.8 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2010/4/15
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

静電容量無接点方式Realforce ALL30gブラック・昇華印刷モデル。高い信頼性と耐久性、入力時の静かさや抜群のキータッチ感などから高い評価を受けている東プレRealforceシリーズにダイヤテックオリジナルのフルキー・ALL30g・ブラック・昇華印刷モデルが登場です!キーの押し下げ圧はALL30g。印字は黒色昇華印刷のかななし。

Amazonより

各業界で評価される静電容量無接点方式キーボード

人間工学を考慮した東プレのキーボードは、入力時の静かさや抜群のキータッチ感を実現。
また、長時間の使用でも疲れにくくチャタリングも起きないため、金融機関の業務用、計算センターでのデータ入力用、
流通、交通、医療、放送機器向け等の各種入力専用機として、さまざまなお客様にご利用いただいている。
Realforceシリーズのキーボードには、OEM生産で高い評価を得ている業務用キーボードと同じ静電容量無接点方式が採用されている。

Realforceの操作が心地いい理由

静電容量無接点方式を採用しているRealforceシリーズのキーボードは、パソコン付属キーボードはもちろん、
市販のキーボードと比較しても操作性、耐久性、入力性能などの面で、圧倒的なパフォーマンスを誇る。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
半年使ってみての結論は、私には分不相応な道具だった、という感想です。
加えて言えば、おそらく万人にお勧めできるキーボードでも無いとおもいます。

このキーボードは、キーが非常に軽いため「わずかに触れただけで入力できる」といっても過言ではないと思います。
つまり、それは、わずかに隣のキーに触れただけで誤打となります。
正確にキーを打ち抜ける技術がない場合は苦難となるでしょう。
正確に打つためにキーボードを目視するようでは本末転倒です。

(刻印は、やや暗い場所では「見えないに等しい」ので、キートップを見ないと打てない人には、まったく向いていません。)

45gのRealforceであれば、隣のキーにかすったぐらいでは入力されませんので、
このキーボードでの誤打率の上昇は購入前は予想していませんでした。
タッチタイピングが、かなり正確にできる人でなければ、"本当に"、"絶対に"、お勧めできません。

ただし、30gを使った後で45gを使うと、指の動きが、かなり重く感じられます。
もし誤打率を下げることができたのならば、私の一番のキーボードになったと思います。
私の場合、半年たっても、その域には達することはできませんでした。
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まず、軽すぎます、慣れないうちは誤打をすることもたびたびあると思います。

昔はLOGICOOL(ロジクール)K270のキーボードを使用していました(手元でシャットダウンや音量調節など出来て便利でした)
ただし、文字を常時打つには向かないキーボードではありました。

なぜかと言いますと、常時打っていると指がだんだん痛くなっていき、ひどい時は腱鞘炎(けんしょうえん)になりかけました。

この東プレのキーボードに切り替えるとストン、ストンと指を添えるだけで打っている感覚で打てます。(軽いです。軽すぎます!!)
いつまでも打てますね。

ただし、いいことばかりではありません、このキーボードの最大の弱点があります。
それは、重量です。【約1.4kg(1410g)】あります。
なので、持ち運び専用には難しいのかな~と思うところもあります。

あと、文字盤が黒なのでブラインドタッチなどが難しい方にはオススメは出来ませんね(キーボードの文字が見難いため)
なれない方は文字がしっかり見えるデザインの方をおすすめします。

自分は気に入りました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ひとさまに教えて頂いて、購入したのですが、まさかこれほど快適な打鍵が可能なキーボードが、この世に存在するとは、
想像だにしていなかったので、大袈裟なようですが「感動し」ました。全く何の苦労もなく文字入力が出来て、パソコン本体は、
勿論何も変えていないのに、あたかもパソコン本体が生まれ変わったかのようです。文字を大量に打ち込むのが「楽しく」なる、
本当に驚異的に優れたキーボードです。高価ですが、それだけの値打ちは十分にあります。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gewalt 投稿日 2015/9/6
Amazonで購入
キーボードとしては非常に高価な部類に入るため購入するまで不安でしたが結果的に大満足です。
東プレ製キーボードは押下荷重がいろいろありますが、現在手に入る中ではこれが一番軽い部類になります。
軽く触るだけでキーが反応してしまうのでミスタイプが多い方はストレスになるかもしれません。
しかしこの軽さに慣れると楽に高速に入力できると思います。
キーボードを分解するのにも工具なしに裏面4箇所の突起を外すだけなので掃除も楽です。
静電容量無接点方式なので耐久性も十分ですし長く愛用できそうです。
不満点を上げるとするなら、青色LEDが眩しすぎる点でしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
長らく姉妹機であるSJ38D0(白)を愛用していましたが、
それを会社で使うことになり、自宅用に本機を購入しました。

まず、本機と他機の違いを知るためにキースイッチについておさらいしましょう。
キーボードのメカニズムはキースイッチの違いによって以下の4種に大別されます。

・メンブレン
最も普及してるタイプのスイッチ。
いわゆるテレビのリモコンと同じあの方式。
量産に向き、安価なモデルが多い。
代表的なものにLibertouchがある。

・パンタグラフ
メンブレンの派生。
内部に電車のパンタグラフと同じ形状のバネが使用されていて、
ノートパソコンによく使用される。
代表的なものにIlluminated Keyboard CZ-900がある。

・メカニカル(軸)
キーの数だけ独立したスイッチが基盤に接続されている。
cherry社製のスイッチがよく用いられる。
代表的なものにMajestouchシリーズがある。

・静電容量無接点方式
打鍵時に電極が接触することがない、他にはない独特の打鍵感が特徴。
耐久性に非常によく優れるが、他に
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー