¥ 637
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

村上朝日堂 (新潮文庫) 文庫 – 1987/2/27


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

村上朝日堂 (新潮文庫) + 村上朝日堂の逆襲 (新潮文庫) + 村上朝日堂はいほー! (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,663

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ビールと豆腐と引越しとヤクルト・スワローズが好きで、蟻ととかげと毛虫とフリオ・イグレシアスが嫌いで、あるときはムーミン・パパに、またあるときはロンメル将軍に思いを馳せる。そんな「村上春樹ワールド」を、ご存じ安西水丸画伯のイラストが彩ります。巻末には文・安西、画・村上と立場を替えた「逆転コラム」付き。これ一冊であなたも春樹&水丸ファミリーの仲間入り!?

登録情報

  • 文庫: 232ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1987/2/27)
  • 言語: 日本語, 英語
  • ISBN-10: 4101001324
  • ISBN-13: 978-4101001326
  • 発売日: 1987/2/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 13,475位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4

最も参考になったカスタマーレビュー

28 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/26
形式: 文庫
ってのは大袈裟ですが、僕はこれで
救われました。丁度、うつ病にかかっていた
時期で固くないのを読みたくて、よく
読み返しました。
(あの、ちょっと知的で都会的な小説を書いてる)
村上さんが、こんな事を感がえてるんだ!と思うと
余計に笑えてきます。この人はバカだ!とさえ
思っちまいます(ファンの方すみません)
とにかく日常の、どうでもいい重箱の隅の
ような暗部を、執拗に、偏執的に(?)
洞察する村上さんが好きです!
読み終わるとなんだか村上さんの
人格が乗り移ってきたみたいな
感覚に陥り、「明日からはもう少し
ラクに生きよう」と居直ってしまいます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hoge2 投稿日 2010/4/11
形式: 文庫
20年以上も前にかかれたものなので、物価など分かりにくくなっている面もありますが、時事ねたが少ないので、今読んでも面白く読めるでしょう。
ノーベル賞の候補にもなった現代日本を代表する作家のエッセイというと重厚、小難しい感じを想像する人もいるかもしれませんが、表紙を見ればわかるように気軽に読める内容です。
暇つぶしのお供としても最適でしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 fankybassman 投稿日 2005/5/7
形式: 文庫
本文はすべて見開き2ページの読みきりエッセイで綴られています。だからいつでもどこからでも読めるし、休憩も思いのままです。電車で読んでも負担を感じません。この「いつ、どう読んでもらってもそれは読者の自由です」というスタンスは村上春樹の全作品から感じられると思います。だから長編であったとしても「すっ」と手に取れるのかな?っと思ってます。独特のリズム感ですね。
オススメは本編外の安西先生の実家についての対談です。お魚・カレーに関するお話はなぜかとても印象深いです。「亀の手」なるものは山育ちの私にはちょっと想像できませんが、是非食べてみたいと思わせられました。楽しく味わえる一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 竹内正浩 VINE メンバー 投稿日 2003/7/14
形式: 文庫
好むと好まざるとに拘わらず今や大作家になった著者の初のエッセイ集。エッセイが書かれた当時はまだマイナーな若手作家。そのせいだろうが、その後のエッセイと比べ、力を抜いて個人的な思いを自由に書いた印象がある(だって初出誌がアルバイトニュースの片隅のコラムなのですよ!)。80年代の雰囲気を憶えている人間には、今読んでもまったく旧さを感じない。それどころか、世の中がむしろ“ムラカミ化”しているとさえ思えるほど(当時の方が村上春樹のエッセイに違和感があった気がするのです)。村上マニアにとっては、よくよく読んでみると、その後の作品のモチーフになったと思われるエピソードもあったりして、結構楽しめるかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/11/18
形式: 文庫 Amazonで購入
文章は力が抜けていて飄々として、それでいてすこぶる読みやすい。そして驚くことに大したオチもないままに見開き2Pほどのエッセイが終わる。エッセイというものは、短くてもオチをつけるべきものだと思っていたのだが、その固定概念が覆された。

しかし、なるほど、これはありだ。その証拠として、いままで読んだ、誰のエッセイよりも面白い。言葉で表現するのは難しいんだけど、これは本当にすごいエッセイだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 JunT 投稿日 2011/1/8
形式: 文庫
村上さんにもこんな時代があったんだと、身近に感じるエッセイ集でした。商業的に奇麗事を述べているわけでもなく、直感的に若々しい感性で無作法に並べられた文章を読むと妙に安心したりして。安西水丸さんのイラストも著者と会話をしているように構成されており、それもまた和んで良かったです。シリーズ化しているようなので、そちらも読んでみようと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 M.A. 投稿日 2010/10/18
形式: 文庫
村上春樹さんがアルバイトニュースに連載していた短いエッセイ集です。
読みやすく、面白いです。軽く読めるので、気分転換に○。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mack2 投稿日 2004/11/11
形式: 文庫
最後の「若い人たちに向けてのメッセージはとくにありません。がんばって働いて、がんばって年とってください。ぼくもそういう風にしてなんとか人並みの中年になったんだから」。こういうことをさらりといえる大人が回りにたくさんいたらなあ、と思いました。大学を通じて、この人の小説、エッセイ、ルポルタージュなどすべて読みましたが、今改めて足元を救われた感じです。下らないけど、救われる。そんな一冊だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Peace Study Notes 投稿日 2012/1/25
形式: 文庫
小説世界にはあまり興味ないんやけど
一人の人間の“個”としての生き方 考え方に強烈なシンパシーを抱く
学生運動全盛時も 他者とは一線を画して ジャズに淫し
学生結婚のうえ 国分寺にジャズ喫茶まで開いたピースフルな人物

引越しを繰り返してたどり着いた 三鷹のアパート 1969年の春
このエッセイ本の「引越しグラフィティー(5)」のエピソードがトバされます 

  気持ちが良いので質屋で中古のフルートを買ってきて練習してたら、
  隣りの部屋にかまやつひろしによく似たギター少年がいて
  「ハービー・マンやろうよ」ということになって、
  毎日「メンフィス・アンダーグラウンド」ばかり吹いていた。
  だから僕の記憶の中にあっては三鷹イコール
  「メンフィス・アンダーグラウンド」ということになってしまう。

この名文を味わうたび なんともいえぬ ザラついた無常感と
1969年のリアリティーが 鮮明な映像をともない脳裏に浮かぶ

と同時に トラックメイキング+ フルートも吹いたNujabesの姿が 重なるんだ
ともにジャズを愛し 虚勢をはらず ミーハーやマスコミを嫌い
浮世ばなれした 熊さ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック