中古品
¥ 126
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバー背の上部に剥げて白い箇所あり。本文書き込み折れなくきれいです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

NHKスペシャル MEGAQUAKE巨大地震―あなたの大切な人を守り抜くために! 単行本 – 2010/2

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 126

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

私たちの足元で確実に進むカウントダウン…。地震研究の最前線から“地下の真実”を伝える1冊。番組では伝えられなかった未公開取材秘話も満載。寺田寅彦の名エッセイ「天災と国防」も完全収録。


登録情報

  • 単行本: 95ページ
  • 出版社: 主婦と生活社 (2010/02)
  • ISBN-10: 4391138719
  • ISBN-13: 978-4391138719
  • 発売日: 2010/02
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 453,664位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 2010年はじめの頃にNHKスペシャルで放映された「シリーズ:巨大地震」の書籍化です。市の図書館で読みました。当初は売り上げの一部をハイチ大地震の復興に必要な義援金として送られていました。そして現実に起きてしまった巨大地震………今年3月11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震の義援金として役立てて欲しいと強く考えています!

 実はこの書籍には、今回とほぼ同じ規模の地震が1000年前にも起きたという大津波の痕跡が宮城県内でも見つかっているという項があり、さらには岩手県宮古市内に押し寄せる、防波堤を軽くしのぐほどの巨大津波のシミュレーションの場面が掲載されていたのです。それが今回の地震で現実の光景と化してしまったことに衝撃を受けました。この東北地方太平洋沖地震は結果として、マグニチュード9.0、被害総額25兆円、死者・行方不明者2万7000人以上という戦後最大にして最悪の災害となってしまったのです。

 また、「社会が複雑になればなるほど災害を悪化する」という言葉は、福島原発の事故を知った上で極めて思い知らされました。今回の震災を受けて、日本の社会や経済の仕組み、生活様式を1から見直さなくてはならないでしょう。
コメント 18人中16人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
しっかりと日常から、災害は自分の身に起こるもの、と意識しておく事が重要です。

私は実際に被災したのでいいですが、よりリアルにイメージできるようになりましたね。

近々東海地震もあるといいます。自分の身に起こるまで、意外と時間はないのかもしれません。

私は3月11日の夜、明日には家に帰れるかなー、程度に考えていました。その家は今はありません。

今、災害が来たとして、準備はできていますか?
コメント 10人中9人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 Gori トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/7
形式: 単行本
科学者の寺田寅彦さんはこう言ったそうだ。
「文明が進めば進むほど、天然の暴威による災害がその激烈の度を増す」
はたしてそのとおりであった。
さらに2010年3月8日発行の本書には次のような記述もある。
「三陸海岸は、過去なんども大津あみに襲われている。岩手県宮古市田老地区の海岸には、
 津波に備えて1赤さ10メートルの防波堤が築かれている。しかし、1896年の明治三陸津波が
 再び起きたと仮定獅子無レーションを行ったところ、
 この防波堤を軽々と乗り越えてしまうとの結果が出た」
地震は明治三陸よりも大きく、津波はさらに高かった。一部では30メートルを越える高さを記録した。
しかも真正面から波を受けたこの堤防は砕け落ちた。ブロックを積むような工法だったらしい。
いっぽう、古い方の堤防は波に整体してイン買ったとはいえ破壊を免れた。
一体型の工法であった。
コメント 6人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
今まで「巨大地震が来たら怖い」という恐怖心はありながら、
何の対策もできないでいたが、この本のオビに目が釘付けに
なり、読んでみた。
震えがきた。木造家屋が崩れる様子や、室内で家具や家が
凶器と化す様子が、ビジュアル化されているのだ。
こんな映像は今まで見た事がない。
また、地震が起きるメカニズムは圧巻。そして、日本に住む
5割の人が巨大地震の被害者になるという事実はショック
だった。
大切な家族を守るために、防災対策につとめなければ、
と焦燥感に駆られている。
コメント 9人中7人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック