通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
屍者の帝国 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu3938_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

屍者の帝国 単行本 – 2012/8/24

5つ星のうち 3.5 89件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 23

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 屍者の帝国
  • +
  • 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)
総額: ¥3,500
ポイントの合計: 109pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

フランケンシュタインの技術が全世界に拡散した19世紀末、英国政府機関の密命を受け、秘密諜報員ワトソンの冒険がいま始まる。日本SF大賞作家×芥川賞作家、最強コンビが贈る超大作。

早逝の天才・伊藤計劃の未完の絶筆が、
盟友・円城塔に引き継がれて遂に完成!

2009年、34歳の若さで世を去った伊藤計劃。
絶筆は、未完の長編『屍者の帝国』。
遺された原稿は、冒頭の30枚。
それを引き継ぐは、盟友・円城塔ーー

日本SF大賞作家×芥川賞作家ーー
最強のコンビが贈る、大冒険長編小説。
全く新しいエンタテインメント文学の誕生!

フランケンシュタインの技術が全世界に拡散した19世紀末、
英国政府機関の密命を受け、秘密諜報員ワトソンの冒険が、いま始まる。

内容(「BOOK」データベースより)

19世紀末―かのヴィクター・フランケンシュタインによるクリーチャー創造から約100年、その技術は全欧に拡散し、いまや「屍者」たちは労働用から軍事用まで幅広く活用されていた。英国諜報員ジョン・ワトソンは密命を受け軍医としてボンベイに渡り、アフガニスタン奥地へ向かう。目指すは、「屍者の王国」―日本SF大賞作家×芥川賞作家が挑む渾身の書き下ろしエンタテインメント長編。早逝の天才・伊藤計劃の未完の絶筆が、盟友・円城塔に引き継がれ遂に完成。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 459ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2012/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309021263
  • ISBN-13: 978-4309021263
  • 発売日: 2012/8/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 89件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,322位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
伊藤計劃の「虐殺器官」「ハーモニー」を読んだ人ならおすすめというコメントを見てて購入してみました。

最初の数ページのプロローグには、たしかに伊藤計劃はいましたが、そこにしか伊藤計劃はいませんでした。

彼の作品は「命」や「生命」という難しいテーマを、読みやすく物語にプロットにしていくことがとてもうまかったのでSFの域を出て万人に読ませる作品となってましたが、この作品(プロローグ以降)は、逆に簡単なことや言葉を小難しい表現にあえて変えてSFというものに無理やり仕上げた感じの作品で、文章や展開がとてもわかりにくく、私にはまったく受け付けないものでした。

円城さんの作品は、これが初ですが、むしろ円城さんの作品が好きな人が読むべき本だと思います。
少なくとも、私には円城さんのパートがまったく合わなかったため、7割くらいは我慢して読み進めましたが、耐えられず、私には珍しく、途中で本を置きました。

テーマが面白いものだっただけに、残念です。
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
時代は19世紀末の1878年。この世界ではフランケンシュタイン博士が生み出した技術である屍者化技術の発達成功により、死んだ人間に、ネクロウェアと呼ばれるソフトをインストールし、単純作業が行えるが、しかし喋ったり能動的な事は出来ない『屍者』が満ちています。既に屍者がいないとまわることが出来なくなった世界の首都と言えるロンドンの卒業直前の医学生、ジョン・H・ワトソンは国家のエージェントに誘われるのですが・・・というのが冒頭です。

屍者という存在が日常的となり、そのことを飲み込ませる様々な手段が高じられた結果、非常にスムーズに物語に入ることが出来ました。これはやはり円城さんの、もしくはプロローグである伊藤さんの筆力というよりも、あの名作『虐殺器官』と『ハーモニー』を世に出した伊藤さんの本を読んでいたからこそなのかもしれません。

しかも偽史モノであり、パラレルな世界、SFの世界を舞台としながらも、現代を生きる人間の『命』や『魂』、もっと言えば『意識』を通しての『アイデンティティ』とは何か?という壮大なスケールを扱いながらも、リーダビリティを落さないでエンターテイメント作品として仕上げている部分に、伊藤 計劃作品の底に流れる同じ水脈を感じました。

最も、多少毛色の違いは感じさせますし、実在の人物や有名な架空の人物を登場させるこ
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
伊藤 計劃の他作品は全て読んでます。
非常に退屈な作品で、途中で飽きてしまいました。

こういう小難しい説明が散りばめられた作品を好む人も居るとは思いますが、伊藤 計劃とは方向性が違いすぎます。
円城 塔ファンにはオススメかもしれません。

個人的には、”未完の遺作”のままだったほうが良かったです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
伊藤さん大ファンの友達は「ちょー駄作」と言い、円城さんファンの友達は「普段の円城さんみたく難しくなくて面白い」と言ってましたね。
私は、伊藤さんの本を読むのはこれが初めて。円城さんは道化師の蝶を途中で挫折してます。両作家に思い入れがないからか、興味深く読めました。

19世紀ロンドン+ワトソン=ミステリーを勝手に期待していたら、冒険小説でしたか。出だしでロンドンで講義を受けてたはずが、1章でいきなりアフガニスタンにいて、ビックリしました。ウェイクフィールドはどこ行った?!
丸々1章は、文章のリズムに慣れるので精一杯で、正直、何が何やら意味不明でした。過去形で終わらない文章が、なんとなく気持ち悪かったです。状況説明が頭に入ってこなくて、何度読むのを止めようと思ったことか。

2章は舞台が明治時代の日本です。自分が住んでる国なので、想像可能な情景が現れ、キャラも増えて会話も増えてきます。バーナビーとワトソンのやり取りが好きですねー。文章にも慣れ、幕末好きなのも手伝って、読むスピードが格段にアップしました。

3章は、ザ・ワンと対決します。菌株だの保守派だの拡大派だの、ザ・ワンの話はさっぱり理解できてません。が、そこは軽くスルーしても(笑)、冒険小説として面白かったですよ。

正直、1章が
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック