Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 649

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
本当は怖い「糖質制限」(祥伝社新書319)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

本当は怖い「糖質制限」(祥伝社新書319) [新書]

岡本 卓
5つ星のうち 2.7  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 842 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

本当は怖い「糖質制限」(祥伝社新書319) + 炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書) + 主食をやめると健康になる ー 糖質制限食で体質が変わる!
合計価格: ¥ 3,304

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

●国内の研究、海外の論文が、その危険性を続々と報告!
それでも、あなたは実行しますか?

「ごはん、パンなどの炭水化物を減らして、糖質を制限すれば肉やお酒もOK。簡単にやせる!」
として大流行の糖質制限ダイエット。カロリー制限に比べ実行しやすいため、糖尿病治療で実践している人も多い。
しかし、最近、糖質制限が病気を引き起こす、死亡率が上昇するなどの報告が相次いでいる。
本書は、国内外の最新の研究成果も引きながら、糖質制限の危険性を科学的にあきらかにする。
そのうえで、安全で体に負担をかけない、実行率が高く、リバウンド率が低いダイエット方法を披露。
糖尿病治療の権威があえていう。「糖質制限はやめなさい!」

内容(「BOOK」データベースより)

「糖質制限」ブームに警鐘を鳴らす!本書は、国内外の最新の研究成果も引きながら、糖質制限の危険性を科学的にあきらかにする。そのうえで、安全で体に負担をかけない、実行率が高く、リバウンド率が低いダイエット方法を披露。糖尿病治療の権威があえていう「糖質制限はやめなさい!」

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2013/6/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396113196
  • ISBN-13: 978-4396113193
  • 発売日: 2013/6/3
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 103,768位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
246 人中、228人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 科学的根拠不足 2013/9/30
投稿者 yuitaro
Amazonで購入
「はじめに」の中で、糖質制限否定の根拠として、2012年スウェーデンのBMJの論文と、2013年国立国際医療研究センターの能登洋先生の論文を引いています。この時点でこの本に科学的根拠がないことが明白です。この2本の論文はネット上で議論が出つくしています。前者はスウェーデン女性の平均摂取カロリーが1561キロカロリーとしていたり、15年も継続しているのに、途中で食事の内容を一度もチェックしていなかったりとあまりにも適当な論文です。後者には糖質制限をしたグループのデータが出てきません(問題のすり替えに見えます)。
 その他、リバウンドや体重減少効果については他の方がかかれているとおり、糖質をとればリバウンドして当たり前です。栄養失調についてもばかばかしい議論です。そんなことを勧めている医師は少なくとも日本にはいません。
 またアコード試験の結果を示して、HbA 1cを7.5%以下にする糖質制限は危険であると述べています。(平均血糖変動幅の増大が糖尿病死亡率の増加というアコード試験の結果をもたらしたと考えるのが常識ではないか。すなわち理論的には糖質制限による血糖コントロールは死亡率を増加させない。)
 糖質制限の長期的安全性が不明なのは事実です。しかし、カロリー制限の理論的危険度が高いことと、さえない臨床効果は明らかです。
 さらに否定の根拠として
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
242 人中、224人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 残念な本 2013/11/1
投稿者 hjmS
 非常に残念な本です。患者さんから有効な糖尿病治療を受ける機会を奪ってしまう悪書です。
私は、この本が低糖質食に対する誤解を広げてしまうことを危惧してレビューしました。私自身、糖尿病を発症し糖尿病食事療法については200編以上の関係論文を読み漁りました。そして自分でも糖質制限を実行し、半年で標準体重に減量し、HbA1cも脂質異常症も正常化しました。

 低糖質食はダイエット目的だけではなく、糖尿病において従来の食事療法では改善効果が不十分なことから科学的に検討され現在も検証が続けられているものであり、高いエビデンスレベルの研究で、その優位性についての報告が相次いでいます。低糖質食は、世界的に使われている糖尿病の教科書「Joslin's Diabetes Mellitus 」(2004)にすでに推奨されていて、アメリカ糖尿病学会ではすでに治療食の選択肢の一つとして認知しています。一方で、従来の低脂質高炭水化物治療はその治療食としての根拠および有効性に乏しいとの評価(「Diabetic Care」誌)になってきています。このような状況下で、治療食としての根拠を明らかにできないまま、今だに従来の低脂質高炭水化物食を唯一の糖尿病治療食としてこだわり続ける日本の糖尿病学会や栄養改善学会は世界の趨勢から大きく遅れをとっていると言わざるを得ないと思います。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
75 人中、69人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 kenken トップ500レビュアー VINE メンバー
Amazonで購入
著者はまず糖質制限に関して否定的な立場を取り、その上で各種のデータを展開している。
著者のほとんど根拠がないと思われる思い込みを補完するためのみにデータを利用し、糖質制限を否定する。
本書で著者が一貫して述べているのは、長期に渡る糖質制限は危険が大きい、何故ならエビデンスがないから、ということに尽きる。
エビデンスがないものはすべて悪なのか?

文章自体もとても医師の書いたものとは思えないほど論理に一貫性を欠いているし、同じ事を延々と書き連ねているだけ。
これではなんの説得力もありません。

ただ、世間に出回っている糖質制限本に関していえば、そのリスク及びリスクと考えられることに関してはほとんど言及がないように思います。
糖質制限のメリットと平行して現在考えられる各種のリスクに関しても、もう少し説明がほしいなと思うこともしばしばあります。
そういう意味では本書にも多少の存在価値はあるのかなとも思いますが、ネットで「糖質制限、リスク」で検索すればいくらでも出てくるので、やっぱり意味ないか。

糖質制限よりも、こういった考えの医師のもとで治療を受けてたらと思うと、そちらのほうがもっと怖い。
もう少し説得力のある反論をしてほしい。
このレビューは参考になりましたか?
113 人中、103人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 医学とは本当に科学なのか? 2014/3/25
投稿者 くろひょう
とまあ、そんな暴言の一つも吐きたくなるようなヒドイ本である。

専門医ではないが医療従事者のはしくれとして言わせて頂くが、そもそも血糖値を上げるのは糖質のみ、という命題こそが最も重要なのであって、その事実は糖質制限反対派も認めているはず。ならば、その命題に沿って糖質をコントロールしようという提案・試みは小学生でも理解できる論理的帰結であって、暴挙や暴論の類になりようがない。
そして、その試みに反対するならば糖質のみの制限が害をなす明らかな根拠・事実が必要なこともサルでもわかる自明のことだ。

ところが現時点では、その根拠が稀薄あるいは無い?のかどうかはっきりしないが、この筆者は、蛋白質や脂肪を摂りすぎる、必須栄養素が不足するなどという論陣を張っている。だがよく考えて頂きたい。これらの反論は、糖質を減らすという命題とは本来全く無関係な、それこそ技術的問題であろう。他の栄養素を無理矢理引っ張ってきてミソもクソも一緒くたにする議論が科学者のそれとはとても思えない。

糖尿病治療における真実はいずれ時間が明らかにするだろう。

だが、「時間」を待っていられない糖尿病患者の方々も大勢おられるはずだ。
所詮、医者も我が身を守らねばならぬ市井の者にすぎぬとしたら、これほど悲しいことはない。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 糖質制限を信じてはならない
糖質制限を数年続け、生来軽度に有していたアトピー性皮膚炎が劇的に悪化した者です。... 続きを読む
投稿日: 15日前 投稿者: 高橋
5つ星のうち 1.0 こんな論拠じゃ糖質制限で結果を出した人を納得させられない
糖〇病学会からお願いでもされたのだろうか。
あそこはひたすら食事バランスと称していまだにカロリー制限を謳いしっかり炭水化物を採らせて、... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: ひろりん
5つ星のうち 3.0 糖質制限の良否
極端な糖質制限が体に及ぼす影響が理解できました
糖質制限賛成派と反対派の言う事は確かにもっともです... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 出口俊夫
5つ星のうち 3.0 無題
客「……ところでさ、きみ。もう何年も続いている糖質制限食ブーム、あれはどう思う?... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: カスタマー
5つ星のうち 2.0 どう怖いか良くわからない
制限本と比較しながら読んだが、どう身体に影響しどう悪いか具体的に分からない・・・解読力不足のせいかも? 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: 星 吉憲
5つ星のうち 3.0 本当は怖くない糖質制限
糖質制限の効果を怖いほどに実感していただけに、その負の側面について知識を得たかったが期待はずれだった。糖質制限さえすればいくら肉を食べても大丈夫と言った極端な例へ... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: kazu
5つ星のうち 1.0 非論理的の極め付け
ただの感情論で理系の医者が書いたとは思えません。
糖質制限が続けられなかった事例の理由が... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: 豆柴
5つ星のうち 3.0 日々のクオリティ
出版物なり何なりの手法によりご自分の主張を貫こうとするときそこにはそれなりの強い動機が存在するわけですが…... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: ごう
5つ星のうち 5.0 私は命を賭けてまで過激な糖質制限はしない。
糖質制限を妄信し、これしかないと信じ切っている人々が急速に増えている。 糖質ゼロ・糖質制限をウリにして本を出す医師、... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: 良識あるレビュアー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック