Amazon Kindleでは、 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 2,808
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
木村政&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 単行本 – 2011/9/30


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 990


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか + 七帝柔道記 + KIMURA vol.0 ~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~
合計価格: ¥ 5,400

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容紹介

昭和29年12月22日----。プロ柔道からプロレスに転じた木村政彦が、当時、人気絶頂の力道山と「実力日本一を争う」という名目で開催された「昭和の巌流島決戦」。試合は「引き分けにする」ことが事前に決められていたものの、木村が一方的に叩き潰され、KOされてしまう。まだ2局しかなかったとはいえ、共に生放送していたテレビの視聴率は100%。まさに、全国民注視の中で、無残な姿を晒してしまった木村、時に37歳。75歳まで生きた彼の、人生の折り返し点で起きた屈辱の出来事だった。柔道の現役時代、木村は柔道を殺し合いのための武道ととらえ、試合の前夜には必ず短刀の切っ先を腹部にあて、切腹の練習をして試合に臨んだ。負ければ腹を切る、その覚悟こそが木村を常勝たらしめたのである。約束を破った力道山を許すことができなかった木村は、かつて切腹の練習の際に使っていた短刀を手に、力道山を殺そうと付けねらう。しかし、現実にはそうはならなかった......その深層は? 戦後スポーツ史上、最大の謎とされる「巌流島決戦」を軸に、希代の最強柔道家・木村政彦の人生を詳細に描く、大河巨編!!

出版社からのコメント

『ゴング格闘技』誌上において、2008年から2011年まで、約4年間にわたって大反響を呼んだ長期大型連載が、待望の単行本化です。戦前、史上最年少で「全日本選士権」を制し、1949年に優勝するまで一度も負けず、15年間、不敗のまま引退。木村政彦は間違いなく日本柔道史上、最強の柔道家です。また、力道山戦の3年前、ブラジルに遠征し、ホイス・グレイシーの父、エリオの腕を骨折させて圧勝、その技が「キムラロック」として、世界に定着しており、総合格闘技の父ともいえる存在です。「鬼の柔道」を継承した師匠・牛島辰熊、そして自身が育て上げた岩釣兼生、三代続く師弟関係を中心に、戦前から戦後の柔道正史、思想家でもあった牛島による東條英機暗殺未遂事件の真相、プロレスの旗揚げなど昭和裏面史の要素もふんだんに織り込んだ、長編ノンフィクションです。著者の増田氏は、この作品を書くために、18年もの歳月を費やし、資料収集と取材にあたってきました。ボリュームある装丁ですが、増田氏の丁寧で真摯な取材と文章が、最後まで読む人の心を掴んで離しません。ぜひ、多くの皆様に読んでもらいたいです。

登録情報

  • 単行本: 701ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410330071X
  • ISBN-13: 978-4103300717
  • 発売日: 2011/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14.2 x 4.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (151件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 9,680位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

170 人中、153人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 太宰ファン 投稿日 2011/10/25
形式: 単行本 Amazonで購入
最初からぐいぐい引き込まれ、大著にもかかわらず、あっという間に読了しました。最終章では、なぜか、おいおいと声をあげて泣いてしまいました。久しぶりに読書の醍醐味を堪能しました。この10年で最高の本です。一人でも多くの人に読んでほしい。

木村政彦、牛島辰熊、岩釣兼生の柔道(=格闘技)にかける情熱と厳しい修行、その怪物ぶりがすさまじく、ぐいぐい引き込まれます。様々な資料やインタビューを通じて、彼らの人生や諸事件を詳細に解明していきます。多くの新事実に驚かされます。木村の栄光と挫折、後悔、それでも生き続けた後半生には切ないものがありますが、あくまで愛情を持って、しかし公正に記述する著者の「まなざし」が素晴らしい。また、古式柔術、武徳会vs講道館をめぐる政治により、柔道の表の歴史から不当に抹殺された人々にも公正な光を当て、本来の柔道(柔術、格闘技)とは何かを論じる著者に共感しました。こういう姿勢は、力道山や大山倍達への記述にも共通しています。そして、最後に明らかになるのは昭和という時代がどういうものであったのかということ、木村政彦と彼をめぐる人間や家族の素晴らしさ、人生の素晴らしさ、です。栄光だけの人生はあり得ません。彼は、凄かった、頑張っていた、そして、苦悩していた、しかし、最高に面白い、暖かい奴だった、と、今、増田氏により甦った木村政彦は、とても幸せな人です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
157 人中、137人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Max-T 投稿日 2011/11/19
形式: 単行本 Amazonで購入
上下2段、700ページに及ぶ大著だが、読み出したら止まらない感じで一気に読んでしまった。

自分が意識せずに身につけてしまっている既成概念、既成イメージを洗い流してくれる本は、時々しか出会えないが、どの分野の本でも吸い込まれる。この本もそうした貴重な1冊だ。

力道山を王者・ヒーローにしたプロレス伝説、明治以降の「近代柔道」に関する講道館と嘉納治五郎伝説、そういうものは武術や格闘技に特段の知識がない私の脳裏にもいつのまにか既成のイメージをしっかりと植え付けてしまっていた。そのことを、この本を読んで分かった。目から鱗が落ち、頭の中の既成イメージは木端微塵にリセットされた。実に爽快!

木村政彦、その超人的な強さの故に「木村の前に木村なし、木村の後に木村なし」といわれ、昭和が生み出した希有な柔道格闘家、その名を初めて知った。なぜか? その後のプロレス界からも、柔道界からも、この超人格闘家の存在は無視、抹殺されたからだ。

一般の日本人の記憶から木村政彦の名が消えた一方、その後世界最強と言われるようになったグレイシー柔術と一族の間では木村は伝説的な存在として語り継がれた。なぜか?木村がグレイシー柔術の祖エリオと戦い、一方的に完勝し、しかもその人格的な魅力でエリオに強い影響を残しているからだ。そういうことを全部
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
54 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kogonil VINE メンバー 投稿日 2011/10/10
形式: 単行本 Amazonで購入
「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と謳われ「鬼の木村」と恐れられた、おそらくは世界最強
だった柔道家・格闘家である木村政彦の評伝。
力道山に敗れた男との評価にまっこうから反論するために著者が一念発起してから18年の歳月をかけて
結実したノンフィクションです。読んでいて、ときに呼吸ができないくらい苦しい一冊ですが、中断できず、
一気に読了しました。

このレビューの冒頭で、一回、「不世出」の柔道家と書こうとしてやめました。
なぜなら、その魂と技術は、本編でもあとがきでも、確実に継承されていることが明らかだから。

本編の最後も最後、1頁に満たない最後の最後のどんでん返しには、本当に鳥肌がたちました。
それまでも巻を置くを能わずって感じで、ほとんどまる一日かけて読んできましたが(途中、なんども休憩
しようと思って、どうしても読むことをやめられなかった)、こんな読書体験は何年かぶりです。
恐れ入った、というか、もう形容の言葉を持ちません。

戦後の裏面史、格闘技史、興行史にも一定の光を投げかけているとか客観的な側面でも評価ももちろん
ですけれども、これは、もっとずっと主観的な物語です。

武士道が、そのイデオロギ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
54 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 博多ムーミン トップ50レビュアー 投稿日 2011/11/16
形式: 単行本 Amazonで購入
 稀にみる大傑作! 心地よい感動が生命の深い場所に残る。
 著者の増田俊也氏に対して感謝の思いが尽きない。
 先輩から学んだ通り「人間として」誠実に相手に向き合う記者魂の素晴らしさ。時に
記者としての抑制を破り、溢れ出す感情をたたみかけるように描く作家としての表現力。
木村政彦という一人の人間に、骨の髄まで惚れ込んだ著者の心が随所に溢れ出している。

 誰もが「最強」と信じていた木村政彦が、プロレスで力道山に惨敗する。テレビ放映が始
まったばかりの時代。まさに「公衆の面前で」恥をかかされる。その背後にあるプロレスの
世界の論理ゆえ、敗北の真実の理由を語ろうにも語れない木村の限りない苦悩……。
 柔道の天覧試合で賜った短刀を潜ませ、「復讐」を胸に秘めた木村。しかし、最後まで
力道山への直接的な復讐は果たせなかった。一つは、自らの肉体的な「老い」のゆえに。
そして決定的となる力道山の「死」ゆえに。その道は完全に断たれた。

 しかし、この書物のすごさは、「復讐」を果たすよりもさらに痛快な「最強」の証明を、
最後の最後に、奇跡的な形で用意したことにある。
 それは、牛島、木村、岩釣と続くすさまじくも崇高な師弟があったればこそ、の勝利劇
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック