Amazon Kindleでは、 朝霧の巫女(1) (ヤングキングコミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
朝霧の巫女 1 (ヤングキングコミックス)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 朝霧の巫女(1) (ヤングキングコミックス) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

朝霧の巫女 1 (ヤングキングコミックス) [コミック]

宇河 弘樹
5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 545 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 500  
コミック ¥ 545  

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

朝霧の巫女 1 (ヤングキングコミックス) + 朝霧の巫女 3 (ヤングキングコミックス)
合計価格: ¥ 1,090

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 少年画報社 (2001/01)
  • ISBN-10: 4785920602
  • ISBN-13: 978-4785920609
  • 発売日: 2001/01
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
22 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 平成稲生物怪録 2001/12/23
投稿者 "ruin"
形式:コミック
 現代を舞台に巫女や妖怪といった伝奇風の要素を取り入れて味付けをしたコミック。同じ作者の『妖の寄る家』という短編集に収録された昭和霊異記の続編にあたるストーリー。
 平成稲生物怪録というサブタイトルの通り稲生物怪録を下敷きに作られた新しい物語で、登場する妖怪などは稲生物怪録に登場するそのままのようである。だがそれらの巻き起こす騒動に巻き込まれる主人公と巫女の一家の話や節目節目に垣間見ることの出来る主人公を取り巻く謎の計画など、原作はあくまで味付けの一部であり、それをなぞるだけではなくきちんとひとつの物語として形作られている。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 萌え系かぁと思っていたらば 2009/1/7
投稿者 Amazon Customer
形式:コミック
どうせ巫女萌え系のマンガだろうと思いながらも手にしましたら・・・なんじゃいこれは!となりました。
よくある巫女が出てくる作品と違い、巫女という設定がただの萌えのためにあるわけじゃないという感じを受けました。
そして巫女という設定よりも妖怪や敵陣の背景、主人公の生い立ちに目が行きます。
また、話や設定の題材には日本神話や山岳信仰、神道などが使われており、話や設定に重みが感じられます。説得力といいますか、それがあります。

巫女好きだーって人より、妖怪とかに興味あるよーって人が読んだらいいと思います。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 kyo2700
形式:コミック
妖怪が住む世界と交流が結ばれてしまう主人公(高1,男)と、その主人公を狙う者、そして主人公を好きで、必死に助けようとする、いとこの幼馴染み。
どのキャラを見ても薄っぺらでなく、慈しみの目で以って読み進んでいけるように描かれているような気がする。
不思議さがまだまだ明かされていない部分はあるけれど、着実に明かされつつあり、不思議さも、恋心も、親子の愛情も、かっこよさも、そして笑いも、とてもバランスよく描かれていて、すごくいい作品だと感じた。
何度、読み返しても、こころ打たれてしまう、そして「いいなぁ~」と感じてしまう。面白さも深さも備えた、すごく凄くおすすめできる作品です。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 期待! 2003/9/26
投稿者 藤原ぱるる
形式:コミック
久しぶりに大型新人って言うのは間違いないでしょう。巫女が妖怪と戦うと言う設定も、日本の神話、伝説、を舞台にしているのもいいとこに目をつけています。
日常的な学校にうまく心を通わせきれない二人が次第に(シナリオと言う)時間に追い詰められていくようも、傍から見ているには悲しくもワクワクしてしまいます。
もっともジャンプ系のいけいけ漫画が好きな人には理解し難いんですが・・・。これはこれで良いできに仕上がっていると思います。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 魅力がたくさん 2005/8/30
投稿者 soul☆mate
形式:コミック
巫女が妖怪を退治するというマンガですが、
それだけではなく、
主人公とヒロインの恋愛があったりとか、
広島県三次市に伝わる「稲生怪物録」をベースにしていたりとか、
ギャグがあったりとか、
とても魅力のあるマンガだと思いました。
このマンガを読んだら三次に観光に行きたくなりますね。
1巻なので、物語がまだよく把握できない部分があったりして、
つらくなる人もいるかもしれませんが、
2巻以降を読むにつれて、だんだんこのマンガの世界観が把握できてくると思います。
そうすると、1巻が一番面白く感じます。
アニメとはかなり違う「朝霧の巫女」を見て欲しいです。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 良いですよ、この漫画 2004/7/4
投稿者 ぱすてぃ
形式:コミック
巫女さんといえば邪道な描きクチで、程好くチビエロイ漫画を描く人たちはいます
でも、これは別物
巫女と妖怪が戦う純粋なバトル(ちょっとラブコメ)漫画である
見終わった後はカバーをめくってみましょう(笑
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック