通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付】◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朝日新聞の中国侵略 単行本 – 2011/2


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 579


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

朝日新聞の中国侵略 + 新聞 資本と経営の昭和史 朝日新聞筆政・緒方竹虎の苦悩 (朝日選書824)
合計価格: ¥ 3,564

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

昭和十四年元旦、日本人居留民が激増する中国の上海に日本語新聞が創刊された。その名は「大陸新報」。題字は朝日の緒方竹虎が筆を執り、近衛首相、板垣陸相の祝辞が並ぶ立派な新聞である。この「大陸新報」こそが、帝国陸軍や満州浪人と手を結び、中国新聞市場支配をもくろんだ朝日新聞社の大いなる野望の結晶だった。「正義と良心の朝日新聞」がひた隠す歴史上の汚点を、メディア史研究の第一人者が、半世紀近い真摯な朝日研究の総決算として、あえて世に問う。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山本/武利
1940年、愛媛県生まれ、一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。現在早稲田大学政治経済学術院教授。早稲田大学20世紀メディア研究所所長。一橋大学名誉教授。マスコミ史、情報史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 283ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/02)
  • ISBN-10: 4163737308
  • ISBN-13: 978-4163737300
  • 発売日: 2011/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 380,413位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

40 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Rob Jameson トップ1000レビュアー 投稿日 2011/3/7
形式: 単行本
ジャーナリズム研究の泰斗である早稲田大学20世紀メディア研究所所長の著者が半世紀にわたる朝日新聞研究の総決算として上梓したのが本書である。

著者の斯界デビューは『新聞に見る政治広告の歴史』1972年朝日新聞社刊であり、以後同社研究を基礎に新聞史研究を重ね『広告の社会史』により1985年度日本出版学会賞、日本広告学会賞を受賞するなどの成果を挙げた。ところが編集部関係の資料は秘匿しアクセスさせない、社主の村山家批判を許さない、“朝日人”という群意識などの問題により、それ以上の研究を阻害されるに至った。そこで著者は迂回して資料を収集し始め、アメリカ国立公文書館資料、占領期検閲資料、中国に残された資料などを探索し、さらに東洋大学千葉文庫(元朝日記者・取締役の蔵書)に収められた関係文書、古書店から入手した非公開社内資料を読み込み(以上山本武利早稲田大学最終講義を聴講して要約)、朝日が「抉り出すことを躊躇し、わずかに触れるだけでやり過ごせると考えた<戦争責任>の問題」(p.8)を正面から取り上げたものである。

戦前の昭和14年1月1日創刊の日本語新聞「大陸新報」(姉妹紙に華字紙「新申報」)発行に朝日がどのように主導的に関わったのか。この話を持ち込んだのが当時の軍幹部たち(陸軍報道部長の馬淵逸雄、上海における諜報機関長影佐禎昭)と組んだ満州浪人福家俊一
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 坂の上の雲2010 投稿日 2011/10/14
形式: 単行本
=以下は、有料メールマガジン「メディアウオッチ100」に投稿した原稿です。=

●32号【一冊の本】 2011年5月18日

 友人の紹介で手に取った。人名索引10頁を含んで283頁。ずっしりと詰まった内容で、一度では理解しがたく、結果的に二度読んだ。知的な刺激に満ちている。益田豊彦の名が一ヶ所出てくる。豊彦の実家は私の生家の隣家なのでひそかに関心を寄せている人物だ。

 帯には「侵略か、それとも進出か」とあるが、著者自身が「朝日の中国侵略の意図」(197頁)、「大陸全土への進出計画」(198頁)と書いているのだから、侵略・進出という用語の違いは問題ではない。むしろ「ホワイト・プロパガンダかブラック・プロパガンダかの差異」、そして「ブラックの方が質(たち)が悪い」(245頁)というところに著者の力点がある。

 本書は昭和14年元旦に上海で創刊され、終戦を経て10月に廃刊されることになる「大陸新報」についての、『朝日新聞社史』の欠落を追及する。「大陸新報」の背後にあった朝日と軍部の結託。朝日はその姿を表面に現さない。著者が「ブラック」と言う所以だ。

 「あとがき」にあるように、「四十五年にわたって蓄積したジャーナリズム文献、資料群」、「新聞メディア史研究の一つの総決算」であり、門外
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2013/11/27
形式: 単行本 Amazonで購入
著者は、これまで「占領期メディア分析」、「ブラック・プロパガンダ」、「日本兵捕虜は何をしゃべったか」等日本人として眼を背けることが出来ない問題について出版している。メディア史研究の第一人者でもある。そして、帯に佐藤優の推薦がある。

昭和14年元旦、上海に於いて「大陸新報」という名の日本語新聞が創刊された。
これは、中国新聞市場支配を目論む朝日新聞社の野望であった。

正義と良心の朝日新聞社は、社史に於いても極く、簡単に記し不都合な真実を記していない。典型的なブラック・プロパガンダとなっている。朝日新聞社が、帝国陸軍や大陸浪人等と手を結び創刊したのは否定しようのない事実である。それを、都合の良い事実ばかり並べ都合の悪い事実は隠蔽しようとしているのである。社員としての良心はどうなっているのだろうか。

著者は、2004年雑誌「諸君」に論文を掲載し、朝日新聞社に情報公開を求めた。
それに対し、2007年春から連載する「新聞と戦争」が回答であるとの連絡があった。
しかし、内容は乏しく直接、引用出来る個所は皆無であった。
そこで、日本・中国・アメリカ等の資料館・図書館を探索し協力も仰いだが個人の力ではどうしても限界があった。この本は「諸君」編集局の協力、関係者からの証言等を合わせたこれ迄の集
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 単行本
朝日新聞は阿片王・里見甫と結託して、中国で阿片をバラ撒いていた!

敗戦時、中国大陸で、中国国民党から戦犯指名手配となって、身動きできなくなっていた阿片王・里見甫を、福岡県板付飛行場へ運んできたのは、朝日新聞社の社旗の描かれていた朝日新聞社所有の飛行機であった。朝日新聞の尽力のため、阿片王・里見甫は中国国民党に捕らえられず、戦争犯罪人にもならずに済んだのだ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック