通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
最終要&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文前に必ずお読みください。動作に支障のない、中古品の経年劣化による傷・色あせはご容赦ください。商品タイトルに「限定」「初回」などの記載がございましても特典や内容物のない場合がございます。応募券(ハガキ)・帯・シール(カード)などの封入物は原則として付属しておりません。予めご了承の上ご注文ください。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最終要塞タイタン (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-424 宇宙英雄ローダン・シリーズ 424) 文庫 – 2012/5/10


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫, 2012/5/10
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

最終要塞タイタン (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-424 宇宙英雄ローダン・シリーズ 424) + ラール人の逃避行 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-423 宇宙英雄ローダン・シリーズ 423) + バルディオク (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-425 宇宙英雄ローダン・シリーズ 425)
合計価格: ¥ 1,878

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

オリンプ地下帝国に、銀河系をはじめとする五銀河から集まった分子変形能力者、ガイズ=ヴォールビーラーの代表たちが結集した。はるか昔に宇宙戦で敗北して離散した同胞を探し、失われた故郷銀河をふくむ星間帝国のトバをふたたび復興させようというのだ。そのためにガイアの人類を利用するつもりでいる。これを知ったオリンプの皇帝アンソン・アーガイリスは、犠牲を出すことなく、かれらの計画を阻止しようとする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

増田/久美子
国立音楽大学器楽学科卒、ドイツ文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 272ページ
  • 出版社: 早川書房 (2012/5/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150118493
  • ISBN-13: 978-4150118495
  • 発売日: 2012/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 456,856位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 夢追人009 トップ500レビュアー 投稿日 2012/6/17
惑星オリンプに集結した分子変形能力者の陰謀を阻止せんと奮闘するロボット皇帝アーガイリスの活躍と超重族の基地惑星タイタンに潜入する今やテラナー陣営の側につく元ヘトソンの告知者の欺瞞工作を描く大長編SFスペース・オペラ宇宙英雄ローダン・シリーズ第424巻。本巻の執筆者は安心して読める実力派のベテランの競演エーヴェルスとマールです。本書にはあばたの男テケナーやコンセプトの7D人間ヴァンネが登場していますが、あくまで主役はヴァリオ=500ロボットの皇帝アーガイリスで、その人間よりも優しいと思える敵への寛大な慈悲の精神に久々に深い感動を覚えました。こういう敵味方を越えた友愛や無償の愛といった部分がシリーズの根底に宿る愛すべき素晴らしい精神なのですね。
『メタモルフォーゼ』H.G.エーヴェルス著:全宇宙に散らばるガイズ=ヴォールピーラーの悲願である星間帝国トバを探す為に人類を利用しようという目論見を知ったロボット皇帝アーガイリスは阻止しようと動き始める。本編ではタイトルが示す一部のガイズ=ヴォールピーラーの意外で過酷な運命により導かれる大ピンチにびっくりさせられ、人類とは敵対する側でありながら彼らの不運な歴史に同情して援助し命を助ける皇帝アーガイリスの優しさに心を打たれました。叶うならば彼らと次に再会する時こそ人類と友情で結ばれる関係になって欲しいと強く望みます。『最終要塞タイタン』
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ZEPHYROS 投稿日 2012/6/3
H・G・エーヴェルス「メタモルフォーゼ」
オリンプの地下に集結したガイズ=ヴォールビューラーたちと、オリンプ皇帝アーガイリスとの駆け引き。
テケナーたちが、あっさり捕らわれアーガイリスの正体がバレるものの、ガイズ=ヴォヘルビューラー達もそれどころではなくなる。未知の昆虫種族に変身していた連中が変態の時期を迎え、脳の構造まで変化するのに伴いガイズ=ヴォールビューラーとしての記憶まで失い・・・

クルト・マール「最終要塞タイタン」
ラール人が居なくなった後、権力死守に固執する超重族はタイタンの要塞を最後のよりどころにする。精神だけの存在となったレティクロンの事も一部には知られて居たようだが、意思の疎通を図れる者は居なかった。そしてタイタンを堕とす為の計画の秘密兵器は人類側に亡命したホトラノル=タアク・・・
かくして全銀河を敵に回した超重族は没落への道をひた走る。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック