Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
最後の贈り物
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

最後の贈り物 [単行本]

中村 柊斗
5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,680 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト コミック100
オールタイムベスト第2弾 「みんなにすすめたいコミック100」LINEアンケート結果も発表!無料の『オールタイムベストコミック100 [Kindle版]』配布中。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

友和は弟を列車事故で喪った。自分のせいで死んだと苦しむ友和を、小料理屋を営む妻は懸命に支える。
そんな時、開発計画が持ち上がり、小料理屋は追い立てに遭う。黒幕は最愛の母を自殺に追い込んだ伯父だった。友和は闘うことを決意するが……。
家族はついに砕け散ってしまうのか?注目の劇作家が、絆の意味を問う!

内容(「BOOK」データベースより)

高校時代に母を亡くした友和は、弟も突然の列車事故で喪った。弟は自分のせいで死んだのだと苦しむ友和を、小料理屋を営む妻は懸命に支える。そんななか、土地開発計画が持ち上がり、小料理屋は地上げに遭う。なんとその黒幕は、母を死に追いやった張本人だった…。壊れかけた家族―その絆を描く長編小説。

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: 双葉社 (2012/11/21)
  • ISBN-10: 4575237957
  • ISBN-13: 978-4575237955
  • 発売日: 2012/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 152,422位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 優しい人達の物語 2012/11/26
Amazon.co.jpで購入済み
あまり、本を読まない私でもスラスラ読めるくらい流れがある小説です。
家族の中には色々な問題があるけれど、みんな思い合って生きている。そんなことを思い出させてくれる本です。
感動的なラストは映画になっても良いくらい。
疲れた心に沁みる一冊です。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 3.11後の家族小説 2012/11/29
Amazon.co.jpで購入済み
かつて尼崎で起きた列車衝突事故をモチーフにしています。
また、3.11の震災を作者が意識していることは明らかです。文中には出てきませんが、その気配がいたるところに散見されます。
家族を事故で失った人々の物語です。しかし重苦しくなることなく、物語は謎をはらんで進んでいきます。その謎はある程度予想できるのですが、予想できるがためにドラマが重層性を増すという仕掛けが施されています。そして、なぜ死者が見える人と見えない人がいるのかという最大の謎が明かされた時、我々は懐かしい、それでいて温かい世界へと導かれます。ラストで涙を禁じるのは難しいです。
「死者の眼」という第四章のタイトルが、この作品のテーマを物語っています。
帯で書店員の方が書かれていますが、大切な何かを失くした人に読んでほしい物語です。
私も昨年母を失くしたので、ラストは数ページに渡って泣き続けました。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 家族ミステリー 2012/11/28
家族の絆を描いた物語かと思いきや、大きな謎が二つ提示され、ミステリー仕立てで進行していく。
なのでぐいぐい読み進めることができる。
ところがラスト近くで、突然涙腺が決壊する。
これは卑怯だよ。これは泣いちゃうよ。
台詞中心に進むので、一日あれば読みきれちゃう。
ジャンルは家族ミステリーといったところ。
いい話だなあ。
このレビューは参考になりましたか?
一人の死をきっかけに、バラバラになってしまった家族。
誰が悪いわけでもないのに、互いを傷つけ、苦しむ悲惨な様子に、
胸が締め付けられます。
もがけばもがくほど、泥沼にはまっていく彼らに、作者は抜け出すための
きっかけを示します。
それは、簡単なことではないけれど、すごく大切なことだと思います。
人が生きること、家族としてつながることの意味を深く問う作品だと
感じました。
ラストシーンは、とても美しいです。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xabbb95d0)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック