Amazon Kindleでは、 最強伝説 黒沢 1 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 545
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス) コミック – 2003/6/30


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス) + 最強伝説黒沢 2 (ビッグコミックス) + 最強伝説黒沢 3 (ビッグコミックス)
合計価格: ¥ 1,635

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 小学館 (2003/6/30)
  • ISBN-10: 4091870414
  • ISBN-13: 978-4091870414
  • 発売日: 2003/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (46件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6

最も参考になったカスタマーレビュー

337 人中、320人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/6
形式: コミック
周りに薦めたら意見は両極に分かれました。
全く良さのわからない人と、黒沢に感情移入して
思わず涙した人(際立つような感動的な場面など無いのに皆泣いた)
全く良さがわからなかった人達は、
黒沢の吐き出す言葉群にも
今までの人生一つも思い当たる節が無かったようで、
黒沢の嗚咽に「なんでそんな事で悩むの?」と不思議そうな
感想を漏らしておりました。 君等にはわからんだろう。
どうでも良い事でも悩まざるを得ない
意味無く鋭い自意識にどれだけ悩まされた事か。
考えて考えて考えて考えた末の行動が、いつもいつも
カラ回って裏目に出てしまう不器用さに、何度自己嫌悪した事か。
それでも燻りながら毎日必死で生きる事の辛さと、
ほんの少しの幸せ。
こんな私達だって、「自分が作り出す感動」を
手に入れたいと思ってるんです。必死に足掻いてるんです。
この本を読んでホロリと涙する人達こそ
私は大事にしていきたい。 
これが全てなんて
思ってもいないし、そんな訳も無いんだけど、
それでも、これ読んで全く何も感じなかった人達とは
(それはそれはスマートでカッコイイ人達です)
とても付き合っていけそ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
58 人中、54人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2004/5/9
形式: コミック
あらゆるジャンルの漫画が出尽くし、あらゆるジャンルが描き尽くされた感のある昨今、
漫画という文化そのものの新たな可能性を示唆するかのような一冊だ。
これまで誰も描こうとしなかった底辺労働者、中年の独身、周囲に溶け込めない孤立した人間の心理に敢えて着手した野心作。
口に出すのが悲しすぎて敢えて誰もが目をそむけようとしていた心理にこれでもかと訴えかけてくる名作だ。
台詞の美しさはもはや文学的ですらある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
78 人中、71人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 miya_chai 投稿日 2003/7/3
形式: コミック
中年独身男の悲哀を真剣取り組む福本の表現力は凄い。
とにかく話の展開が旨く、最初は圧倒的な言葉の迫力で攻め、
ユーモラスなエピソードをはさみ、我々になんともいえない
寂しくて、むなしくて、かなしくて、時にはやさしい気分に
させてくれるのだ。
最強伝説というタイトルがまた意味深だ。
ひょんなきっかけで成功を掴むなんていうストーリーは
黒沢には似合わない。今後どういう展開になっていくのか
まったくもって目が離せない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
93 人中、83人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハルニイ 投稿日 2004/11/17
形式: コミック
孤独で不器用な中年男黒沢の話。絵は少し角張っているが
見にくいわけではないし、合っている。
誰にも言えない黒沢の苦しみに本当に共感できた。(自分は
青年ですが)読んでいて胸が痛くなった。
人生に負い目や引け目がある人、また主人公黒沢と同じく自分の
ことを孤独で不器用と、感じている人は何か感じるものがあるはず。
逆に順風な人生を送っている人は何も感じないかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
38 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ナラサキさん 投稿日 2006/6/24
形式: コミック
ワタシは福本さんの作品は『カイジ』ぐらいしか、それも雑誌で時々

さっと読むぐらいの失礼な男だったので、

この人は「ありえないことをありえるように書く」漫画家だと思っていた。

が、これを読んで逆転が起きた。

この人は「ありえることをありえないレベルまで拡大する」ことも出来るのだと。

「ひとりである」という事実ではなく、

「ひとりである自分を寂しがる自分」を恥じる黒沢。

人望が欲しいと言いながら、

自己啓発はせず、アジフライを足すなんてぇ物的手段に出る卑屈な黒沢。

この男がトホホな男なんてぇこたぁ、みんなわかってる。

でも、わかってるからこそ、泣けてくるんだよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 海女太郎 投稿日 2005/12/22
形式: コミック
まるで自分が見透かされているようだ。

映画ネバーエンディングストーリーで、とある鏡が登場する。

自分の醜く矮小な部分をうつし出し、見た者を発狂させる鏡だ。

黒沢はその魔法の鏡のようだ。

私は3巻まで読んで、読むことを断念した。

恐ろしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック