通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
暗殺教室 1 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

暗殺教室 1 (ジャンプコミックス) コミック – 2012/11/2

5つ星のうち 4 185件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 暗殺教室 2 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 暗殺教室 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

号令と共に教室を満たす銃声! 椚ヶ丘中学校3年E組は生徒全員が先生の命を狙う暗殺教室。教師と生徒、標的と暗殺者の異常な日常が始まる――!!



登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088705963
  • ISBN-13: 978-4088705965
  • 発売日: 2012/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 185件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
このマンガに於いては「暗殺」そして「殺す」という言葉や行為が様々な局面において暗喩的な意味で使用されています。「殺す」という行為は相手の生命を奪うことでその存在を抹消し否定することですが、この物語のキャラクターたち、とりわけ三年E組の生徒たちにとっては、まさに彼らが本来抹殺すべき対象であり、地球の消滅を目論む謎の生命体である「殺せんせー」当人の(触)手によってそれぞれ別の意味合いが与えられています。彼らにとって「殺す」対象は周囲からの差別や偏見だったり、他者からの暴力や悪意だったり、親からの支配や抑圧だったり、そして己自身の固定観念やトラウマや呪縛だったり、いずれも彼らがその成長や自立の過程で真に「生きる」ために必須な行為、として示されています。

しかし、圧倒的に数も力も立場も優位にある相手に立ち向かい「殺す」ことは決して容易いことではない。正攻法ではまず勝てる見込みのない対象を倒すにはその対象の弱点を正確に知り尽くし、その隙を突くこと。そして己の限界を見極め自制しつつ弱点を克服し長所を武器として磨き抜くこと。そのための知識やスキルを彼らE組生徒たちに物心両面においてふんだんに教授し、己の超人的な能力を注ぎ込んでサポートするのが他ならぬ彼らの担任教師であり「暗殺」ターゲットの殺せんせーなのですが、ただし一方では殺せんせーは己を犠牲にする自爆や他者を利用し巻き込
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆえ 投稿日 2012/11/26
形式: コミック
前作のネウロを読んで松井さんのファンになりました。
本誌で1話目だけを読んだ限りでは「うーん、ちょっと微妙かな?」と思い購入するのを保留していたこの単行本ですが、書店で目に入った表紙があんまりにもシンプルかつ可愛かったのでうっかり購入してしまいました。
通して読んだ感想としては、全体的にギャグ漫画に近いものになっていますね。ですがエッセンス程度には前作のような独特の作風も残っています。
よく「ネウロみたいなのを期待してたのにがっかりした」といった意見を見かけますが、折角の待望の新連載だというのにネウロもどきみたいな類似漫画を描かれても普通はつまらないと感じるものでは? というかそもそもまだ1巻ですしね。本当の松井ファンならつまらないと感じても様子見するのが普通でしょう。
私もネウロは最初は絵柄や雰囲気が苦手で「なんでこんな作品がジャンプに?」と思っていたくらいですが、徐々にその魅力に引き込まれていって毎週のジャンプの発売日が楽しみになるまでにハマってしまいましたし、そういった方は大勢居ると思います。
松井さんの事だから単なる「設定の珍しいギャグ漫画」程度で終わる事はないと私は信じています。
ネウロを読んだ事が無くて暗殺教室がつまらないと感じた方は、残念ながら松井さんの作風は合わないのだと思います。これでもかなり大衆向けに読
...続きを読む ›
コメント 128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
世の中には、「殺す」という言葉に笑いを絡ませることに対し、嫌悪感を抱く人も少なくないことは知っています。その感性を否定はしません。が、それが絶対的に正しい倫理観だとも思いません。作者も触れていますが、日常的に使われる言葉でもあり、「殺す」が笑いを生む瞬間も確かにあるからです。そもそも、笑いというものは残虐性や暴力性を内包していると考えます。なので、それを笑うこと自体間違っているという考え方はどうも理解しかねます。

表現に対して、心の狭い社会になっていってるなと感じます。子供に向けられるものに関しては特にです。一概には言えませんが、少しでも過激な表現は規制の対象として槍玉に挙げられ、ときには犯罪の元凶に仕立て上げられることさえ。モンスターペアレント然り、都の条例然り。
しかし、正しいことだけを教えるのが教育ではないはずです。むしろ悪を学ばせないことのほうが、よっぽど恐ろしいでしょう。善悪両方を知り、そこから大切なことを見極める力が重要なのです。
今の時代はネットもありますし、子供の純粋無垢な好奇心が押さえ込まれることはないでしょうが、臭いモノには蓋というような風潮には眉をしかめてしまいます。子供より、大人にゆとり教育が必要なのかもしれません。
              

閑話休題。
本作は、「生徒が
...続きを読む ›
8 コメント 202人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆうとしお トップ1000レビュアー 投稿日 2016/3/27
形式: Kindle版 Amazonで購入
WOWOWで映画版「暗殺教室」をやっていて、
原作ってどんなのかなぁ~って見てみたら、
絵が綺麗だし面白い!

続きも読んでみたくなりました!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック