Amazon Kindleでは、 春期限定いちごタルト事件 創元推理文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 626
通常配送無料 詳細
13点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
春期限&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫) 文庫 – 2004/12/18


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫) + 夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫) + 秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
合計価格: ¥ 1,869

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米沢/穂信
1978年岐阜県生まれ。2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞しデビュー。青春小説としての魅力と謎解きの面白さを兼ね備えた作風で注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 251ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2004/12/18)
  • ISBN-10: 4488451012
  • ISBN-13: 978-4488451011
  • 発売日: 2004/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (36件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 89,987位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ツバキ 投稿日 2009/3/2
形式: 文庫
平凡な小市民を目指す高校生・小鳩君と小佐内さんの
可愛らしくエキセントリックな日常ミステリを描く、シリーズ第1弾。

文体は軽いけれど、きちんと整理されていて頭に入りやすく
かつ全体に漂うユルい雰囲気と、ノリが良すぎず悪すぎずの絶妙テンポが良い。
ひとことでいうとお気に入り。
個人的には、メインキャスト・小鳩君の一人称で話が描かれているのが
一番のポイントじゃないかと思ったり思わなかったり。。
そして『互恵関係』の小佐内さん。彼女の過去がとっても気になる読者は私だけじゃないはず。笑

コメディタッチの作風に見え隠れするテーマは、失敗とトラウマ。
人はそれらをどう処理してくか。昇華していくか。
過去の失敗を繰り返さないために、彼らが被ろうとする小市民の仮面。それは逃げか、妥協か、それとも・・。
彼らの本性を好きでいてくれる友人の存在などを通して、今後どう変わっていくのかが楽しみ。

始まりの一文から最後のオチまで、可愛く、こにくらしく、上手くまとまっていて
最高にスッキリ軽い読後感。
ページ数も少なく、ミステリのわりに死者が出ないので、安心気分で楽しく読めるのでは。

果たして続巻『夏期限定トロピカルパフェ事件』で、
ふたりは無事に小市民になれるのか?(ラスト数行で早くも難関な気配・・)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
47 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/24
形式: 文庫
恋愛関係にも依存関係にもなく、互恵関係にある小鳩くんと小佐内さん、そんな彼らが小市民を目指す、コミカルな探偵物語、です。全体的に良い印象でした。苦い青春と日常の謎ミステリとの交わりがなんとも。
プロローグで明かされますが、小鳩くんは頭が切れるがゆえに苦しむタイプの探偵?です。このような探偵も時々見かけますが、この作品は日常の謎を厚かった作品なので、余計コミカルな感じがしました。
短編連作という形で話は進みます。その中で、三作目にあたる「おいしいココアの作り方」は、ミステリとして非常に良く出来ているものだと思いました。日常の謎の魅力から、推理の過程まで、本当によく出来ています。
また、二作目「For your eyes only」は、謎の真相自体は単純で、直感で気付いてしまう人もいるだろうと思いますが、最後の三行が気に入りました。
四作目「はらふくるるわざ」でだんだんと物語の全層が見えてきて、最後の「狐狼の心」では、各短編にさりげなく散りばめられた伏線が一気に収束します。ここがお見事というか、そうなりますか、って思いました。
小佐内さんがこれまた……、作品をすでに読んだ方は、彼女の魅力にやられたのではないでしょうか? 僕もその一人です。
最後にエピローグがあります。この作品は、一応は完成していますが、どうも続編があるらしく、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2014/8/4
形式: 文庫 Amazonで購入
怖い話です。日常系のミステリと思っていたら、大変なことになり、その女子の本性が一体どういうものなのか、知ることそのものが恐ろしいと思う。そして。
実は「○○さんは実は」と言っている語り手の主人公がその内実としてこれも恐ろしいものをもっている。それは前書き的な冒頭の文章で、少し明かされるのだが。・語り手が「おそろしい怪物を内包していて、そのことに本人も気づいていると本人は言っているが、実はそれは本人がしらないだけで、もっと、もっと恐ろしいものなのではないか」とさえ思えてくるお話です。
 つまり階層があるわけですな・・・・こわいこわい・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 てっちゃん 投稿日 2014/9/22
形式: Kindle版 Amazonで購入
すみません、58歳のおっさんが、アマゾンの評価をみて買ってしまいました。最近の「謎解きはディナーのあとで」とか、なんでこんなものが面白いと言われるのか不思議に思っていましたが、これもその一つです。
ただ、自分が高校生のころに赤川次郎の小説が流行っていて、それにかぶるものがあり、中高生が本を読むきっかけになればそれもいいかな、と思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ポロロッカ トップ1000レビュアー 投稿日 2006/6/23
形式: 文庫
『小市民シリーズ』の1作目,『日常の謎』5編を収録した連作短編集になります.

学校での失くしもの,ココアの作り方の謎など,いわゆる『日常の謎』系の作品で,
甘そうなタイトルにかわいい表紙イラストなど,片ひじ張らず気軽に読める1冊です.

また,それまでの4編のできごとが,そのまま5章の謎へと繋がる流れが気持ちよく,
この手の演出自体は目新しくはないのですが.なにげに張られていた伏線とその回収,
特にそれほど大きく語られていなかったことも…という展開は素直におどろかされます.

ほかでは,終盤になって少女が見せたダークな一面が今後も含めて気になるところで,
『互恵』であって,『依存』や『恋人』ではないという奇妙な関係のふたりのこれから,
ただの『日常の謎』ミステリではなく,青春ものとしても楽しめる作品のように思います.

ただ,主人公ふたりが『小市民』を目指すきっかけや過去がどうもはっきりと伝わらず,
それらしき描写はいくつか見られるものの,やや『言葉』だけがひとり歩きしている印象.
『小市民』と自ら名乗るはじまりも唐突でしたし,続刊でフォローがあればよいのですが….
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック