この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

映画に学ぶ魅せるマンガの作り方 大型本 – 2010/1

5つ星のうち 5 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,030

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

堀江 一郎著 グラフィック社


登録情報

  • 大型本: 189ページ
  • 出版社: グラフィック社 (2010/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4766120833
  • ISBN-13: 978-4766120837
  • 発売日: 2010/01
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 19 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 282,702位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
名作映画を参考に、キャラのエピソードや設定の仕方、ストーリーの組み方を分かりやすく説明した本です。(といっても、映画を見ながら読まなきゃいけない本という訳ではなく、この本のみでも充分勉強になります。)

マンガを描いてるけど話作りがちょっと苦手、描き出したものの最後まで描けない、構成ってどうすればいいのか分からない、キャラをつくっても何かが足りないけど具体的にどこをどうすれば良くなるかよく分からない…
そんなときのためにこの本です。(※ちなみに描画テクニック(ペン先やらベタやらトーンやら)については一切語っておりませんのであしからず。あくまで話作りの本です。)

まず第一に非常に分かりやすく、読みやすい。絵が多くて説明がより分かりやすいのです。
マンガを描くときに漠然としか意識してなかった話やキャラや構成が、この本を読むことでより具体的に理解することができます。

(ここからは非常に個人的な見解です→)それなりに色々なマンガ技法書を見てきましたが
最近出てるキャラ作りの本やストーリーの作り方の本を5冊買うより、この1冊を買った方が効率的なように思えます。そのくらい基本的なものがほとんどこの本に詰まってるのです。

さし絵は一昔前の感じで、最近の技法書のような可愛い絵やカッコ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
この本を読んで、ストーリーの組み立て方と言うのを改めて教わった。
何より良かったのが、「主人公が最初と最後で何が変わるのか?」に重点を置いたストーリーシート。

まずシーンを4つに分割し、センテンスごとに一言でまとめる。
主人公の感情の変化・何が起こるのか・具体的に何が起こるのか、これを一文で書くのだ。
そしてこれを、自分の考えているストーリーをシートにまとめてみる。
そういうのが無くても、自分が良いと思った短編漫画・映画・小説なんでもいい。
するとわかる。いいストーリーはこれだけで十分に面白いのだ。

ものすごくシンプルにそのストーリを把握すると同時に、自分の中にぼんやりとあったものが見事に形となって現れたのだ。
何が自分にとって刺さったのかや今まで具体的に理解できていなかったことなどもこれを埋めながら具体化する事ができた。

この4つの柱を元に肉付けをすれば迷う事はない。
わからなくなったらこれを見て何度もやり直す。自分が何をしたかったのか何を伝えたいのかゆるぎないコンセプトを持つために、単純でなおかつ効果的な方法である。
最初にも書いたが、物語の最初と最後で「何が変化するか」というのは最も重要な事だと改めて気づかされた。
主人公
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック