映画「問題のない私たち」 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

映画「問題のない私たち」 [DVD]

5つ星のうち 4.3 36件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,900 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、古本屋ぶんぶく茶釜が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:6¥ 700より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で問題のない私たちを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 映画「問題のない私たち」 [DVD]
  • +
  • L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語 [DVD]
  • +
  • クローズド・ノート スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
総額: ¥10,760
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 黒川芽以, 沢尻エリカ, 美波, 森絵梨佳, 小松愛
  • 監督: 森岡利行
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: コナミデジタルエンタテインメント
  • 発売日 2004/07/28
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 36件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002CHQGM
  • EAN: 4524334100664
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 81,664位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

「別冊マーガレット」で連載された牛田麻希(著)、木村文(イラスト)の同名作品「問題のない私たち」の映画化作品。“イジメ”を題材にした学園映画の傑作。

レビュー

監督・脚本: 森岡利行 原作: 牛田麻希/木村文 出演: 黒川芽以/野波麻帆/大塚寧々/勝村政信/沢尻エリカ/美波
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
普通の娯楽映画ならば、完成された悪役を叩くことで
爽快感を与え、そこで終わってしまうだろう。
それも一つの形だ。確かに面白いと思う。
ところが、この映画は違う。
主人公の澪も含め、登場人物全部が加害者なのだ。
そして、あえて復讐をせず、互いに許し合うことで
もっと心地よい素晴らしい関係が生まれるということを
教えてくれた。
何度も観たくなる、そんな不思議な気持ちにさせてくれる。
あれほど憎々しく思えた人物が見方一つ変えるだけで
全然違うように見えるのだ。
「やられたらやり返せばいい」
これも一つの考え方かも知れないが、
それだけではないということを教えてくれた。
今までの私が恥ずかしい。
10代が描き、10代が演じる。
若い人の直球の感性はまさに本質を突いていると感じた。
内容も演技も素晴らしかった。
是非、もっと多くの人に観てもらいたい。
必ず、観てよかった、と思えるから。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この作品と『1リットルの涙』を続けて見たら、
「沢尻エリカって、ひょっとして天才?」と思ってしまいます。
彼女にとっては、天使の仮面も悪魔の仮面も自由自在なんでしょうね。

いじめの問題は、学校の問題というよりは、人間の本性に関わる問題です。
職場でも、地域でもいじめはあるし、差別の問題も、ある意味同根です。
ですから、解決はもちろん簡単ではないし、
それを描くのも、簡単ではありません。
この作品は、その難しい問題を、ムリせずできる範囲でうまく描いていて、
好感が持てます。
多少都合がよすぎる展開ですが、どのみち本当の意味での解決は、
1本の映画じゃムリなわけで、そこに力を入れすぎると、
結局作品として破綻してしまいます。
問題定義としては十分だし、見た人の心に「やっぱいじめまずいな」と
という思いがちょっとでも芽生えれば、作品としては成功だと思うし、
その意味では十分成功していると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あべまりあ 投稿日 2004/7/20
形式: DVD
 この作品を見ていて,だれかがどこかで,人間は天使と悪魔(鬼畜)との中間者だと言っていたのを思い出した。宙ぶらりんで,どっちつかずの中間者。でも,考えようによっては,人間は天使のようにも悪魔のようにもなれる可能性をもっている。
 出演した少女たちはある場面では,じっさいに畜生のように醜い表情をみせつけ,また別の場面では天使のように微笑んでいた。
 彼女たちの学園生活は,みているだけで疲労困憊しそうで,不登校者が増加するのがわかる気がする。自分だったら,あんな神経のぴりぴりするような環境に入っていきたくはない。みえないくらい細くて,ちょっと触れると心身を切り刻むような,無数の糸がはりめぐらされているかのようだ。
 自分のことばかり,たとえば自分の会社の利益,自分の出世,自分の世間体の保持,自分の家族の無事など,のみを計算して,思いやりや愛他精神の欠落した大人のもとで育つと,子供たちの心においても愛が育まれる機会が奪われやすいのだろう。
 でも本作品に登場する生徒たちは,エゴを大人のせいになどしないし,愛にたいして閉じているわけでもない。不思議なことに,心が開かれるのは,自分がひとりになることを受け入れる覚悟をきめて,群れをいったん離れるときなのである。
 こわいようでもあり,「いまどきの若い人」もなかなか捨てたものではないとも思わせてくれた少女たちから,複雑な感動を与えられた。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
沢尻エリカの演技が見たくて借りたDVD。これまでの役とは一変し超悪役だが、違和感は全くなくむしろ可憐なヒロインを演じるよりもはまり役だといえるだろう。ただ、芯の強さを持った表情はドラマでも見られたものだった。それにしても映画デビュー作とは思えない堂々とした演技には脱帽するしかない。
さて肝心のストーリーだがいじめという難しいテーマを非常にシンプルに描いているといえる。この映画の目的はいじめをリアルに描くことではなく、いじめの加害者被害者の心情をおおまかに掴むことにあるのではないかと思う。実際に起こっているいじめとは全く異なったものだとしても、それぞれの心情の根底にあるものは同じであり、そこを考えてもらうことが制作者の狙いなのではないだろうか。そういった意味で、いじめが多少オーバーに描かれたいた点も、割と簡単に解決してしまった点も不満には思わなかったし、かえって分かりやすいストーリーにすることで感情移入がしやすくなっており非常に好感がもてた。またいじめというテーマではあるが 暗い面だけでなく前向きな要素も随所に見られストーリー的にも面白さを感じるものだった。やはり社会派ストーリーでもメッセージを伝えるだけでなく、面白く作り上げることも大事ですからね…。最後にこの作品では沢尻エリカの凄さだけではなく、黒川芽以の凄さにもきっと驚くはずです。この2人は今後の邦画会を担っていくことは間違いないでしょう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック