この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

星降る夜は千の眼を持つ (BEAM COMIX) コミック – 2007/11/26


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 299


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 401ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2007/11/26)
  • ISBN-10: 4757738536
  • ISBN-13: 978-4757738539
  • 発売日: 2007/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 wabysaby 投稿日 2007/12/20
形式: コミック Amazonで購入
まさかと思った。前作から1年ぐらいしかたっていないのに上顕の新作が出るとは信じられない。しかも、実験的にギャグマンガのありとあらゆる手法や可能性を試行した前作と基本的には同じ作り。続編を作るとなると、どうしてもマンネリ気味になるか、味が薄口になるものだ。『帽子男』の第2作目はパワーダウンの印象がぬぐいきれなかった。
ところがどっこい。これについては全くそんな心配はない。序文の前に添えられた『星降る夜は千の眼を持つ デュエット』だけで爆笑。3人娘シリーズ、キャプテン・トラウマおなじみの面々も元気だし『ゴル休さん』もいい味を出している。1冊読み切るころには、笑いすぎで頭のネジがゆるみ、腹筋が痛む人が続出するのではなかろうか。心配である。体力に自信の無い人は、少しずつ何回かに分けて読むのが良いだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 TaroTaro トップ1000レビュアー 投稿日 2008/1/8
形式: コミック
前作を偶然書店で見つけ表紙とタイトルが気になったので購入したのだが、このマンガ家の存在を知らなかったオレの人生って一体なんだったんだ!というくらいの圧倒的なおもしろさだった。ヒマだったので、すぐに、この続編を買うため書店に走った。

前作と比較すると一作品あたりのページ数が増えている(約12P)ので、ストーリーが感じられる作品が多くなっているが、おもしろさに変化はない。

すっかりシリーズ化している「サチコと友と〜」シリーズもいいが、ジャン・ポール・ガセー氏の「国際マンガ会議」シリーズ、「日本ギャグ漫画家図鑑」、「男子800メートルマンガ走自由形」などの、著者のマンガに対する深い造詣や、そこまで細かくマンガを読んでいるのか!と突っ込みの一つも入れたくなるような作品がよかった。

その中に詰め込まれている情報量や描き始めるまでの下調べの時間を考えると、作者のいうとおり本当に「不経済なマンガ」だ。深読みすれば何かの風刺になっているような作品もあるが、ほとんどが無意味でバカバカしい笑いだ。

でも、マンガに限らずお笑いの中で最も難しいのがこういった無意味でバカバカしい笑いだと思う。例えば、芸人であれば一発ネタで、ギャグマンガ家であれば一作だけもの凄いインパクトを持つ人達は多くいるが、その多くは短命だ。瞬間的な
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: コミック Amazonで購入
暇だったせいでまたウエケンの漫画を買って読んでしまった。悔しい。
1巻の表紙についてもそちらのレビューで触れたのだが、今回もまた中身が想定出来ない装丁である。
つまりそういうことが言いたいのだろうか!(違うと思う)

それにしても今回も「卑怯」なネタが目白押しだった。
「これを敢えてやってしまうなんてずるい!」というやつだ。
いっそここで、「これこれこういう話があってこういう構成されてて面白いけどずるいよね!」
と逐一紹介してしまいたいくらいだが、私はハンカチを咥えつつそれを我慢することにしよう。
とにもかくにも「ずる面白い」というのがピッタリなのではないかと思う!

しかし、読んでいて思うのは、おそらく作者本人としては、
「これやったらずるいよなー」
ということはあまり考えていないかもしれないものもあるかもしれなくないかもしれない。
もちろん、そう考えていそうなあざといものもあるのだが、
「思いついたからにはやるしかないな」
という勢いを大切にしているものがあって、それは上記「ずる面白さ」と少し違った気色も孕んでいる。

そこは他のレビュワーの皆さんも書いているのだが「実験色」が強い部分であって、
また
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: コミック Amazonで購入
という前巻アンケートはがきに押されて、買ってしまいましたがな。今回は少し広い意味でのパロディーが多かったような、あとコンサバな自分にはこれはマンガか?マンガでないか?という作品もままありましたが、逆にこういうものを書いてくるあたり、玄人な芸風は相変わらずです。「GW進行漫画」とか、「世界のオクムラート」けっこう好きです。「サチコと友と~」の新たなレギュラー?に作者が登場。好きだった「キャプテントラウマ」シリーズが減っちゃったのが少しさびしいんだけど、この巻のアンケートはがきが、キャプテントラウマです。
で、次の単行本ですが(以下題名に戻る)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック