¥ 4,752
通常配送無料 詳細
通常12~14日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
明治天&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

明治天皇行幸と地方政治 単行本 – 2002/5


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,752
¥ 4,752 ¥ 3,180


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

明治九年を殖産興業政策との関係に重点を置いて考察し、とくに桑野村を中心に据えることで国営安積開墾の構想が実現へ向かう過程を行幸の中に見出す。次いで、福島県内、とくに安積開墾関連地への行幸、猪苗代湖疏水(安積疏水)への有栖川宮熾仁親王の代巡の実態を明らかにし、その意味を問う。そして、福島県の明治一四年における県政の展開過程を安積開墾事業に生起した矛盾と県会開設の視点から追求。最後に、福島県政転換期に指導的立場にありながら、これまでその評価が不安定であったり、存在が不確かであった県令山吉盛典と大書記官小野修一郎について取上げた。

内容(「MARC」データベースより)

行幸(明治9、14年)―殖産興業(大久保利通と安積開拓)―地方(福島)政治の転換。天皇行幸の実態をとおして、その意味と実効を、近代国家形成期の中央と地方の現場に探る。

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック