Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
明治天皇行幸と地方政治
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

明治天皇行幸と地方政治 [単行本]

鈴木 しづ子

価格: ¥ 4,752 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト コミック100
オールタイムベスト第2弾 「みんなにすすめたいコミック100」LINEアンケート結果も発表!無料の『オールタイムベストコミック100 [Kindle版]』配布中。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

明治九年を殖産興業政策との関係に重点を置いて考察し、とくに桑野村を中心に据えることで国営安積開墾の構想が実現へ向かう過程を行幸の中に見出す。次いで、福島県内、とくに安積開墾関連地への行幸、猪苗代湖疏水(安積疏水)への有栖川宮熾仁親王の代巡の実態を明らかにし、その意味を問う。そして、福島県の明治一四年における県政の展開過程を安積開墾事業に生起した矛盾と県会開設の視点から追求。最後に、福島県政転換期に指導的立場にありながら、これまでその評価が不安定であったり、存在が不確かであった県令山吉盛典と大書記官小野修一郎について取上げた。

内容(「MARC」データベースより)

行幸(明治9、14年)―殖産興業(大久保利通と安積開拓)―地方(福島)政治の転換。天皇行幸の実態をとおして、その意味と実効を、近代国家形成期の中央と地方の現場に探る。

登録情報


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
ARRAY(0xac376a14)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック