Amazon Kindleでは、 明暗 -まんがで読破- をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 864
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
明暗 (岩... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

明暗 (岩波文庫) 文庫 – 1990/4/16


9個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,500
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 40
文庫, 1990/4/16
¥ 864
¥ 864 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

明暗 (岩波文庫) + 道草 (新潮文庫) + 門 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,761

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

晩年の漱石は人間のエゴイズムを扱った作品を多く書いた。彼はこれを克服しようとする境地を“則天去私”と名づけているが、『明暗』はその実践といわれる。虚栄心の強いエゴイストの津田、お延の夫婦生活を通し、その暗さから明るさへの転換を描こうとして絶筆となった。漱石の思想的到達点を示す作品。

内容(「MARC」データベースより)

岩波書店創業90年を記念して、大正6、7年に刊行された夏目漱石の「こころ」「道草」「明暗」を3冊セットにして復刻したもの。特装袖珍本。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 607ページ
  • 出版社: 岩波書店; 〔改版〕版 (1990/4/16)
  • ISBN-10: 4003101146
  • ISBN-13: 978-4003101148
  • 発売日: 1990/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (40件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 410,984位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 孤心文庫 投稿日 2011/5/11
形式: 文庫
20代 30代 そして50代になり 4度程読み返しました。
もともと高校時代 好きな現国の先生が「夏目漱石の明暗と 志賀直哉の暗夜行路は受験と関係なく
絶対に読め。10年ごとに読み直せ。」 と授業そっちのけで トクトクと何回も強調していたので とうとう50代になり
それを実行しているのですが・・ 
暗夜行路ともども 50代になっての4〜5度目かのの読み返しが一番感動し 夏目漱石の凄さと心理描写の巧みさ
いつまでたってもファンが減らない理由。この作家の知識の深さ 自分も漱石が死んだ歳となって なんて違う50歳なのだろう
正直 恥ずかしくなってしまった。
でもよかった 20代から続いていて ようやく解りかけました。夏目漱石の最高傑作は やっぱり明暗なんだと。

20代の人はまず挫折しないで 一度読んでみてください。現代の作家 井坂幸太郎 東野圭吾 宮部みゆきもいいけれど・・
30年後の感動は 夏目漱石も志賀直哉も 負けていないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 bluepasta 投稿日 2005/2/2
形式: 文庫
つい半歳ほど前に結婚したばかりの津田。新妻お延とはどこかしっくり行っていない。京都の実家からは援助を打ち切られ、金策に奔走しつつ、痔の手術で入院する羽目にもなる。そんな津田にはお延の前に愛した女性がいた・・・。
その巧みな心理描写が素晴らしい漱石ですが、この「明暗」とそれまでの小説と決定的に違うのは、その心理描写が主人公だけでなく、脇を固めるキャラクターにも徹底されていることだと思います。妻お延、妹お秀、津田の世話を焼く吉川夫人、津田の友人小林など、さまざまな登場人物の心理が書きこまれ、人と人のあいだに生じる誤解、思惑の違い、駆け引き、そうしたものの存在と、それが人間関係に与える影響が、浮き彫りになっていきます。結果として、どちらかと言うと主人公自身の心理に焦点を当てた、漱石のそれまでの小説とは、まったく違った深みを持つ結果となっているように思います。人間は他人を、自分の行動パターンに照らして分析しがちだが、実は自分とはまったく違う利害関係でもって思考し行動している、そしてそのズレは埋めあわせがつかないくらい決定的だ、そんなことを考えてしまいました。この小説が未完で終わっているのは、何ともなんとも残念なことです。だからこそ想像力をかき立てられる部分もあるのでしょうが・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カーマイン 投稿日 2012/1/11
形式: 文庫
 漱石最後の小説。朝日新聞に連載されていたそうだが、途中で漱石が死んでしまったので絶筆となっている。漱石はかなりの食いしん坊らしく、糖尿病やら胃潰瘍やらでボロボロになっていたのはそのせいもあるんじゃないかと思うが、この本を読むと、もう少し節制してくれていればなぁ・・・と改めて思う。
 主人公は津田という30歳の男・・・であるが、その妻の延子が実は主人公なんじゃないか。津田と延子は新婚だが、それほどむつむという感じではない。延子は、津田に愛されたがっているが、それは女のプライドというかどこか虚栄心的な匂いがある。一方の津田は延子を大切にしているのだが、延子に自分をさらけ出すというよりはむしろ延子にいいかっこをしているようなところがある。それがまた延子には不満・・・というような単純な話ではなく、互いに軽蔑し合っている小林やら、津田が過去に付き合っていた清子やら、津田をコントロールする吉川夫人やら、とにかくみんなよくしゃべる。よくしゃべるだけに読みやすい。
 最初は淡々とした感じだったが、延子が不安のあまり津田の妹の秀子に対して感情を顕わにしたり、吉川夫人が津田をやりこめて無理矢理清子に合わせようとする手際のあざやかさなど、徐々に徐々に盛り上がっていく。そして、湯治場で津田と清子が再会し、なぜ清子は津田を捨てたのか、という謎にせまりそうなところで絶筆・・・。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 I Love SevenStars 投稿日 2011/8/3
形式: 文庫 Amazonで購入
夏目漱石の小説は、大方の人の例に漏れず『吾輩は猫である』と『坊ちゃん』から入った。もう20年以上前の事だが、その二作の面白さはずいぶん鮮明に記憶に残っている。だが名作の誉れ高い『こころ』は読了まで苦労した覚えがある。つい最近『草枕』を読んで、夏目漱石の変遷を知る為に「よし遺作となった明暗からあえて逆順に全部読んでいこう」と思い立ち本書を読んだ。〜ご存じの通り、夏目漱石という人は多作な作家だ。そして『吾輩』から『草枕』と読んでみると、その変化の大きさに驚く。そしてあの多作にも関わらず、朝日新聞の専属作家として書き始めてから亡くなるまで、十年程度しか経ていない。
そして本作なのだが、著者の余りに鋭敏すぎる感受性とその緻密な論理性に「凄い変化を遂げていく人だなあ〜」と思いを新たにした。大学で文学専攻だったが、第二次大戦後の純文学ばかり読んでいた上に、不勉強なため、夏目漱石が作家として本格活動した十年間にどんな文学理論や作劇法の変化、ヨーロッパ近代小説の影響を受けていたのかは知らない。だが、『吾輩〜』から本作の変貌を観ると、たった十年余りの活動期間でここまで変化した作家はそういないと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック