この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本語は天才である (新潮文庫) 文庫 – 2009/9/29


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

縦書きも横書きもOK。漢字とかなとカナ、アルファベットまで組み込んで文章が綴れる。難しい言葉に振り仮名をつけられるし、様々な敬語表現や味わい深い方言もある。言葉遊びは自由自在―日本語には全てがある、何でもできる。翻訳不可能と言われた『フィネガンズ・ウェイク』を見事に日本語にした当代随一の翻訳家が縦横無尽に日本語を言祝ぐ、目からうろこの日本語談義。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柳瀬/尚紀
1943(昭和18)年、北海道根室市生れ。早稲田大学大学院博士課程修了。’91(平成3)年大学教師を辞職し、辞書を駆使して翻訳執筆活動に専念。翻訳不可能と言われたジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』を’93年に完訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 249ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/9/29)
  • ISBN-10: 4101480125
  • ISBN-13: 978-4101480121
  • 発売日: 2009/9/29
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 365,414位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 チャックモール トップ1000レビュアー 投稿日 2007/6/15
形式: 単行本
ジョイスの訳などで知られる著名な翻訳家による日本語エッセイ。

「日本語は非常に優れているから、凡才である自分でもいろいろ優れた表現ができる」というスタンスを一応は取っているが、著者自身の日本語能力に対する自負はあふれんばかりに伝わってくる。

だからといってそれほど嫌味というわけでもなく、内容は非常に面白い。

まず、文章そのものが魅力的だし、翻訳の裏話や、方言、そしてルビに関する知見などは、気づかされることが非常に多い。

何より、著者が日本語というものを本当に愛していることが伝わってくるので、強く共感してしまう。

不満がないわけではない。たとえば、第7章「シチ派対ナナ派」について。

「七」の読み方について、著者は「安易にナナを使うこと」を否定するのだが、実際にビジネスの世界では、「イチ」と「シチ」を間違うわけにはいかないので、なるべく「ナナ」を使うようにする、ということもある。

本書にはそういった「日常生活で使われる日本語」というスタンスがほとんどないので、それがちょっと不満ではあった。

だが本書は、あくまで形而上的な日本語論として、日本語の世界を自由に飛び回るような気分で読むべき本。

そういった意味では、十二分に知的興奮を与えてくれる一冊だ。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ビブリオン VINE メンバー 投稿日 2007/5/6
形式: 単行本
遥か異国Irelandの作家、James Augustine Aloysius JoyceのFinnegans Wakeを翻訳した著者の、日本語論・翻訳論です。

誰にでも分かるように、英文和訳と翻訳の違いを自分の翻訳例で説明しています。判りやすいし、活字のフォントも秀逸です。また説明に使う辞書などの参照文献も手近で見られるものが選ばれているようです。

一番の国語の特性は、無文字だったこと。そこから漢字、ひらがな、カタカナなど、多様な表記を獲得してきた流れ。「やまとことば」と漢字、漢語との相互に絡み合った関係もよく書かれています。

自作の回文やいろは歌、リメリックなどが披露されています。日本語の多様性、柔軟性の意味が、おかしみの中で自ずと納得できます。またこれら多様性という遺産を大事にすべきという著者の主張も当然だと思えます。

大事な敬語を使う前提は、人は推して自らは退く「推譲の美風」だと山田孝雄の言葉を引用しています。実際の用法は、漢字の読みと同様に誤りながら学ぶしかないようですが。後から学ぶものではなく、初めから与えれている方言の大事さも1章を全て根室方言で書いているほど、力説しています。

良く考えられた構成です。また引用の学者が、学問上の実力派の系列で好感を持てました。それにしても言葉をこれだけこなしている本物の翻訳家に、自由に駆使されて、日本語もお喜びでないかしら。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゴルゴ十三 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/9/29
形式: 文庫
「日本語って こんなに凄いんですょ!」と、名翻訳家が言葉を尽くして日本語を褒めまくっています。翻訳家の立場から見た日本語の"潜在能力"が色々と例示されており、日本語の"柔軟さ"・"奥深さ"を再認識しました。
ありとあらゆるモノ(外国語、誤読、方言、言葉遊び、フォーマット...)を貪欲に飲み込む強力な"胃袋"を持っている日本語、そして、造語能力にも長ける日本語。そんな日本語を本書の中でも縦横無尽に使いこなす柳瀬先生。「将棋は奥が深い」と天才・羽生善治氏が唸るように、「日本語は天才だ」と言祝ぐ柳瀬先生は正に"キサイ"(鬼才・奇才・機才)です。つまり、素人目には有限にしか見えない将棋盤の中に無限の世界を羽生氏が見ているように、日本語における様々な可能性を柳瀬先生は見ていることが伝わってきます。(そのホンの一端を本書でご披露している訳ですね)

中高生にも読めるように意識して書いたとのことで、確かに難しいことは書いてません。しかし、日本語の話をしているはずが、いつの間にやら脇道にピョンピョンとそれます… まるで話題の"桂馬飛び"。それもまた、(慣れれば)心地よし。あっと言う間に"柳瀬ワールド"に引き込まれ、約2時間で読了しました。文庫本でお手軽に読めるようになって良かったですね。本書を読了して、"良質な日本語"をもっと沢山読みたいという意欲が沸いてきましたょ!
続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 てん 投稿日 2007/4/16
形式: 単行本
翻訳不可能といわれていたジェイムズ・ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』を翻訳した、柳瀬 尚紀氏の書いた本です。私は大辞林を傍らに置いて参照しながら、二時間ほどかけて読みました。とても面白いです!Where there is a will, there is a wayという言葉がありますが、まさにそんな感じです。原文にこめられた言葉の面白味を、どうやって日本語で表現するか・・・。著者の柳瀬氏は言っています。「昼は電車の中でつぶやき、夜は寝言でつぶやく。すると日本語は天才なのでちゃんと答えが出てくる」と。

総ルビの章、根室方言の章、シチとナナにこだわる第七章など、著者のセンスを感じさせる良書だと思います。読んだあと、楽しい気分になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック