¥ 583
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本語&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本語の作文技術 (朝日文庫) 文庫 – 1982/1/14


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 583
¥ 583 ¥ 138
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,000
文庫
"もう一度試してください。"


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

日本語の作文技術 (朝日文庫) + 理科系の作文技術 (中公新書 (624)) + 「超」文章法 (中公新書)
合計価格: ¥ 2,181

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容紹介

ちゃんとした日本語を書こうと思ったら、
まず、勉強に本多勝一氏の『日本語の作文技術』を読め。
これが私の持論である。
――全巻を通読しなくてもいい。
第一章から第四章まで読めば、それだけで確実に、文章はよくなる。
この本はそういうスゴイ本なのだ。
(多田道太郎氏「解説」より)

【目次】

第一章 なぜ作文の「技術」か
第二章 修飾する側とされる側
第三章 修飾の順序
第四章 句読点のうちかた
1. マル(句点)そのほかの記号
2. テン(読点)の統辞論
3. 「テンの二大原則」を検証する
第五章 漢字とカナの心理
第六章 助詞の使い方
1. 象は鼻が長い――題目を表す係助詞「ハ」
2. 蛙は腹にはヘソがない――対照(限定)の係助詞「ハ」
3. 来週までに掃除せよ――マデとマデニ
4. 少し脱線するが……――接続助詞の「ガ」
5. サルとイヌとネコがけんかした――並列の助詞
第七章 段落
第八章 無神経な文章
1. 紋切型
2. 繰り返し
3. 自分が笑ってはいけない
4. 体言止めの下品さ
5. ルポライタージュの過去形
6. サボリ敬語
第九章 リズムと文体
1. 文章のリズム
2. 文豪たちの場合
第一〇章 作文「技術」の次に
1. 書き出しをどうするか
2. 具体的なことを
3. 原稿の長さと密度
4. 取材の態度と確認

<付録>メモから原稿まで
あとがき
参考にした本
解説(多田道太郎)

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (1982/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022608080
  • ISBN-13: 978-4022608086
  • 発売日: 1982/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (107件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,428位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

最も参考になったカスタマーレビュー

129 人中、104人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gibs 投稿日 2006/8/26
形式: 文庫 Amazonで購入
日本語を扱う職業につくなら、この本は読んでおきたい。

主題(は)と格助詞(が)の違い、読点の打ち場所、修飾詞の順序などを論理的に理解することができる。

複雑な日本語技術がシンプルに法則化され、この法則を覚えておけば、誤読の少ない文章を意識的に作ることができる。自分では気づかないミスも減る。この法則を基礎にさらに自分で法則を作るのもよいだろう。

特許書類(特許明細書)を作成する仕事に携わるが、同業者の間でもこの本は有名だ。この本を知らない人はあやしい文章を書いている。

お勧めというよりも、同業者の方であれば、この本の一読は必須でしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
112 人中、90人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鷹羽 投稿日 2005/11/8
形式: 文庫
この本を読んで身につくこと。
1.文の分析力すなわち文の構造を分析する力。
2.適切な語順すなわち語句のならべ方。
3.正しい読点の打ち方。
4.上記3点を理解した結果としてのわかりやすい文章の書き方。
他の方のレヴューにもあったが、どうしてこのような内容の国語の授業がないのでしょう?こういう事を教えない「国語」の授業はナンセンスだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
60 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆらり法師 投稿日 2006/5/5
形式: 文庫
20年近く前に購入して、実社会で現在も役立っている名著です。

特に句読点の打ち方が役立っています。

学校では厳密に習った記憶がなく、それまではなんとなく打っていたのが、

本書を読んでかなり体得できました。 

いまでも小説家や学者、はたまた記者でも句読点の打ち方はバラバラです。

(打ち方ひとつで意味が違い、読み手の読解スピードにも影響が大なのに・・)

あとメール社会の今、特に役立つ書だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
82 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 紫陽花 投稿日 2007/4/15
形式: 文庫
著者は有名なジャーナリストだが、本書は日本語で分かり易い文章を書くためのテクニックを纏めたもの。私はソフトウェア開発者で、サラリーマン生活を30年近く続けているが、入社10年後くらいに当時の課長から本書を薦められ読んだ。業務上、技術系の文書を書く必要があるのだが、かなり参考になった。

全ては紹介できないのだが、私が一番利用している「修飾の順序」だけ例に取ろう。著者は次の四つのルールを設けている。

(1) 節を先に、句を後に。

(2) 長い修飾語程先に、短い程後に。

(3) 大状況・重要内容程先に。

(4) 親和度の強弱による配置転換。

特に(2)は役に立つ。(3)も気を付けると、有効である。例を示そう。

(a) 止まらずに/ライトを消して/速く/走る。

(b) ライトを消して/止まらずに/速く/走る。

三つの修飾語を長い方から順に並べた(b)の方が確かに分かり易い(ルール(2))。

(a) チリ美人は、アルゼンチンの肉をたっぷり食べているセニョリータに比べると、ぐっと小柄である。

(b) 肉をたっぷり食べているアルゼンチンのセニョリータに比べる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
85 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たん吉 投稿日 2002/8/29
形式: 文庫
 文章を書くための技術論を記した本は、意外なほどない。その点で、技術論に徹底しており、珍しく貴重な存在だ。読めば、文章を書くときの姿勢が変わることは間違いない。
 句読点の打ち方や、段落の区切り方、修飾語の語順など、基本的な文章技術を自らの新聞原稿などを参考に平易に述べている。
 インターネットが普及しても、自ら文章を書き、他人に自分の考えを正しく伝えることの大切さは変わらない。読み物としても面白いが、具体的に文章を書くことに日々苦労している人に強くお勧めしたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 青ち 投稿日 2005/10/31
形式: 文庫
この本をはじめて手にとったのはずいぶん前の話だ。けれども、今でも文章を書くとき、修飾語の順序や句読点については、この本に書かれていたことを思い出しつつ書いている。
例文などを見れば一目瞭然だが、本自体の時代的な古さは否めない。しかし、他のレビューでも散見されるように、少なくとも上記の2点に関しては、現在でも読み返すだけの実用的な価値はあると思う。「論理的な文章を書きたいのに書けない」という悩みを抱える人に勧めたい一冊である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック