Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
日本経済 タブーの教科書 (別冊宝島 1492 ノンフィクション)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

日本経済 タブーの教科書 (別冊宝島 1492 ノンフィクション) [単行本]

5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報


商品の説明

内容紹介

戦後最長といわれる日本の好景気。しかし、大半の日本人はそれを享受していない。なぜなのか? 企業間格差、乗っ取り経済、カジノ資本主義、ヤクザ資本主義。そして水面下で激変する日本経済の支配構造、聖域。日本を捨て海外を目指す優良企業から、新興市場に流れ込むヤクザマネーの実態まで。日本経済新聞も、経済専門誌も教えてくれない、日本経済「ウラ」の教科書が登場! 【須田慎一郎ほか】

登録情報

  • 単行本: 138ページ
  • 出版社: 宝島社 (2007/12/10)
  • ISBN-10: 4796661174
  • ISBN-13: 978-4796661171
  • 発売日: 2007/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 971,017位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

星5つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 詳しく書くのは限界がありそう。 2008/2/25
投稿者 cecedece VINE メンバー
形式:単行本|Amazonで購入
NOVAみたいに普通の一般の人たちが出入りしていた企業にこのような怪しげなお方が暗躍しているとは・・・うわさに聞いていましたけど。他にもそんな観点から見たらいろいろと知っている企業名もありますね。株式市場というのは資本主義経済にとっては必要欠くべからざる仕掛けだと思いますが、怪しげなお方たちが見え隠れするのも必要悪なんでしょうか?次から次へと色々な手をよく考え付くもんだと感心します。肝心な部分がボケて書かれているのも返って真実味が増してます。「圧力をかけて新株を発行させる・・・」なんて記述(脅しとるんとちゃうんか?)なかなか含蓄のある表現がありまして面白いですよ。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック