¥ 1,440
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本男&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本男児 単行本 – 2011/5/25


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 1
単行本, 2011/5/25
¥ 1,440
¥ 1,440 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

日本男児 + 上昇思考幸せを感じるために大切なこと + 心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
合計価格: ¥ 4,248

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界の舞台で大活躍する、サッカーの長友佑都選手。「世界一のサイドバック」を目指し、スーパースターの道をかけのぼる長友選手だが、その裏にはさまざまな苦難と、それをのりこえるための「努力する才能」があった―。長友選手が、子ども時代からこれまでのサッカー人生をふりかえる!!小学校上級~。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

長友/佑都
1986年9月12日愛媛県生まれ。2002年東福岡高校へ入学。1年の冬、サッカー高校選手権のサポートメンバーに選ばれる。2004年3年時、高校選手権出場。2005年明治大学政治経済学部へ入学。2006年レギュラーとしてプレーし、日本大学選抜に選出される。2008年明治大学に在学しながら、FC東京とプロ契約を結ぶ。開幕からスタメンに定着。5月24日日本代表デビュー。2010年W杯南アフリカ大会出場。夏イタリア・チェゼーナへ移籍を果たす。2011年1月31日インテルへ移籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 244ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2011/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591124452
  • ISBN-13: 978-4591124451
  • 発売日: 2011/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (60件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 97,463位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6

最も参考になったカスタマーレビュー

77 人中、68人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 浪速のスライサー トップ500レビュアー 投稿日 2011/5/28
形式: 単行本
現在もっとも成功しているサッカー選手と言っても過言ではない
長友選手の自叙伝。

読んでいて、これほど次々と壁を乗り越えてきた選手はいないの
ではないかと驚かされる。東福岡でも、明治大学でも元々は期待
された存在ではなかったのに、上を目指す事で乗り越えてきた。

現状に悩んでいる人は、決して諦めず、現状に満足せずに努力
し続ける長友の生き方に必ず勇気を貰えると思う。

スポーツ選手の著作としては異色の出来栄えの本だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
100 人中、88人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 りょう 投稿日 2011/5/26
形式: 単行本
長谷部選手の「心を整える」もいい本でしたが、

頑張っているのになかなか結果がでない、
特に男性に読んでほしいです。

比較するのもおこがましいですが、
今の自分とダブる記述が何か所もあって、スタバで何度か涙をタラーとやりました(笑)
母に対する気持ち、迷惑かけている微妙な感情というか気持は、男性ならでだと思います。

なんでもかんでも効率ばかりおって、結果がでないことを他人や環境のせいにしがちですが、
まずは、圧倒的な努力と動じない精神力があってのテクニックだということに
改めて気付かされました。

僕も明日からがんばろうと思える一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しねまま 投稿日 2011/6/3
形式: 単行本
長友佑都が中学校一年生の時、不良の一歩手前から
大好きなサッカーへの道へと引き戻してくれた井上博先生。
(長友が今の俊足とスタミナを得たのは、彼の指導のたまもの)
二人が裸の心で向き合い、熱い涙を流しながら語り合う夜のくだりは
私も一緒に大量の涙を流しました・・・

父の不在による心の隙間、大人の男への不信感。
佑都に欠けていた、厳しく熱い父性の抱擁が、井上先生だったと思います。
第二章のタイトル「一期一会」。まさに魂が共鳴した二人の出会いです。

正直、まだ24歳の長友選手が自叙伝?早いんじゃない?と思いましたが
印税全額を東日本大震災の被災者のために寄付という想いに賛同したし、
この本は、まず一番に母親と井上先生への感謝の気持ちから書かれた
ものだと思いました(もちろん自分を支えてくれた全員への感謝も含め)。

アスリートとしてのモチベーションの高さの秘密が少しわかった気がします。
彼が別の所で言っていた「僕にはサッカーの才能はないが、努力する才能はある」
サッカーが巧くなりたいから自分がどうなりたいか、そこから逆算し、
体幹も鍛え、別の道も考えて良い大学に入るため高校の勉強も頑張る。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミルク78 投稿日 2011/5/29
形式: 単行本
長友選手の苦労話やサクセスストーリーはこれまでにもサッカー雑誌などで
たびたび取り上げられていたので、今までに読んだような話ばかりなのかなと
買うかどうか悩みましたが、買って正解でした。
確かに今までに聞いたことがあるエピソードも多かったのですが、長友選手の
言葉で語られていることで重みもあり、新鮮なものとして興味深く読めました。
たびたび出てくる、長友選手の「母さん」への感謝の気持ち、恩人や友人への
感謝の気持ちでは何度も泣かされました。
サッカーを知らない方でも、きっと長友少年の成長物語として、
純粋に読み物として楽しめると思います。文章も読みやすかったです。
私は、子育て中のお母さんにおススメししたいなと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
73 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Concerto トップ500レビュアー 投稿日 2011/5/30
形式: 単行本
1997年フランスW杯アジア最終予選から、サッカーの魅力に嵌った者です。
ですがその後2006年ドイツW杯辺りから暫くずっとサッカー熱が冷めており、恥ずかしながら
2010年南アフリカW杯で、初めて長友佑都という選手の存在を知りました。

本書を読むと長友選手がいかに苦労して努力を重ね、今の姿があるんだなということが実感できます。
初めて耳にするエピソードが多々あり、中でも特に椎間板ヘルニアという
爆弾を抱えていたことには非常に驚きました。
ヘルニア持ちであの無尽蔵なスタミナ!?彼の「体幹を鍛える」というトレーニングの拘りは、
ここから来ていたのですね。

読み終えて改めて感じたことは、長友選手がいかに多くの人から愛されているのだなということ。
常日頃からインタビュー等でも周囲の人々への感謝の気持ちを多く語る長友選手ですが、
幼少期の頃から様々な人との貴重な出会いを経験し、助けられてきたことを心から感謝しているからこその
今現在の彼の口から語られる「感謝」という言葉に重みを感じました。

あの最後まで諦めない熱い闘志、ピッチを縦横無尽に走り回るパワフルで元気いっぱいなプレー、
愛嬌ある社交的な性格は、何処の国に行っても愛され
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック