Amazon Kindleでは、 日本人へ 危機からの脱出篇 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
日本人へ 危機からの脱出篇 (文春新書 938)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 日本人へ 危機からの脱出篇 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

日本人へ 危機からの脱出篇 (文春新書 938) [新書]

塩野 七生
5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 918 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
新書 ¥ 918  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

日本人へ 危機からの脱出篇 (文春新書 938) + 日本人へ リーダー篇 (文春新書) + 日本人へ 国家と歴史篇 (文春新書)
合計価格: ¥ 2,754

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

すべての叡智は、歴史に通じる!

3・11大震災、ユーロ危機、指導者の目まぐるしい交代――危機に対峙するには何が必要か? 『日本人へ』シリーズ、待望の最新刊!

内容(「BOOK」データベースより)

3・11大震災、ユーロ危機、空転する権力者ポスト…緊張が解けない現代社会を冷静に見つめ、対峙するための武器とは?古代ローマから中世ルネサンスを知り尽くす著者ならではの歴史に学ぶ珠玉のヒント。『リーダー篇』『国家と歴史篇』につづく、人気シリーズ第三弾!

登録情報

  • 新書: 253ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166609386
  • ISBN-13: 978-4166609383
  • 発売日: 2013/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 71,062位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By hazugon
形式:新書|Amazonで購入
塩野七生という女性は、いったい何者なのかと思う。
出せばベストセラーの人気作家であり、国家から終身年金が支給される文化功労者でもある。また、「水」の専門家たる皇太子さまがローマに立ち寄られた際は、古代ローマの街道や水道跡の案内役を仰せつかり(P28)、さらには、ときの政権トップ(小渕首相)から、「自民党の支持率をアップさせる方策をうかがいたい」と頭を下げられ、ホテルのスイートルームに呼び出される。
そのような塩野さんが、「内定がもらえないでいるあなたに」(P63)と題した章で、内定をもらえず、人格までも否定された気分でいる女子学生に対し、自分自身唯一の就活を語っているのが興味深い。

(自分では、「高校時代は落ちこぼれ」、「大学にも残れなかった」と謙遜しているが、当時、天下の秀才を集めた日比谷高校から、学習院大哲学科に学んでいる)

・・・書類選考は通ったらしく、面接に進む・・・
社長自ら、「速記はできるか」、「英文タイプは」とたずねる。答えはいずれも「ノウ」。
「では、一体全体、あなたは何ができるのか」と問う社長に、「六ヶ月の間お使いいただければ、おわかりになります」。
景気が上向きの時期にもかかわらず、結果は不採用。
ところが、自分の娘の力量を誰よりも見抜いていたであろう母は、笑
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
37 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 機知に富むエッセイ集 2013/10/28
By 香港鬼太郎 トップ1000レビュアー
形式:新書
 日本人には簡単に謝る傾向があるのは知っていたが、帰国早々に眼に入ってきたのが、アメリカには陳謝し沖縄に行っては頭を下げる首相の姿だった。つい先頃までは頭を下げるのは大会社の社長や大銀行の頭取だったが、この頃ではそれを見ないのは、彼らはもはや、何もしないと決めたからであろうか。何もしなければ、過ちを犯すこともないからである。
 機知に富んだエッセイ集は、冒頭こんな厳しい一節から始まる。初出は文藝春秋2010年5月号-2013年10月号。半世紀もの間イタリアに住み、世界・日本を定点観察。「車文化の違い」では、トヨタの問題がなぜアメリカでは大問題になったのに欧州ではならなかったのかを考察。「最近笑えた話」では、楽天・ユニクロの英語公用語化に疑問を呈し対案を提示する。震災時の次の一節も良かった。
 イタリアの週刊誌に被災地の子供三人を写した写真が載っていた。(中略)この三枚の写真につけられていたイタリア人の記者のコメントは、次の一行だった。「面(つら)がまえがいい。日本は必ず再興する」
このレビューは参考になりましたか?
19 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 教養あるお茶話 2013/10/30
形式:新書|Amazonで購入
時事、日頃の観察エッセイで、
塩野さんの視点が新鮮。
歴史的なエピソードも加わって、楽しく読めます。
P92の「オレを男にしてくれ」なんて、本当に最高です。
P239“別れたひと”韓国編
P252の雄ライオン、勝海舟もイイ!
「賢者は、歴史からも経験からも学ぶことができる人で、
愚者は、歴史からも経験からも学ぶことができない人」P228
なんかも、スッと開けます。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 塩野さんが好きになりました 2014/1/30
形式:新書|Amazonで購入
実に馬の合うと言うか、大した女性です。 大変に面白い提案等を試みている点も良い点だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 変化の時代でも大切なもの 2013/11/18
形式:新書|Amazonで購入
 文藝春秋で連載されている,塩野さんの「日本人へ」というエッセイをまとめた3冊目の作品です。東日本大震災前後の時期の作品がおさめられているので,地震の前後で変わった日本を取り巻く状況に思いを巡らせながら読んでいました。
 イタリアや日本を取り巻く状況は変わっているのですが,その変化の中でも,塩野さんが主張されている内容は過去から大きくは変わっていないなと思って読んでいました。「ローマ人の物語」でのローマや,「海の都の物語」でのヴェネツィアのように,総合力をいかにして発揮するかということと,大きな問題に対しては,安定した基盤が必要という塩野さんの基本的な考え方は,いつの時代でも変わらないと思いますし,変化の大きい時代では,より重要なことだと思います。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By くにたち蟄居日記 トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:新書
 塩野七生の快刀乱麻な同時代論である。

 本書で印象的な部分は司馬遼太郎とのやりとりだ。司馬は塩野に対して塩野の作品は「歴史研究でもなく歴史小説
でもなく、その中間を行っている」と喝破したという。その司馬の言葉は、そのまま司馬に向けても違和感は無い。つまり
司馬は塩野を「戦友」と呼んだということなのかもしれない。そう考えることは楽しい。

 塩野がなぜ欧州の歴史を描きながら、同じ切り口で日本の現代を語る事が出来るのかは、まさに「歴史研究でも歴史小説
でもない」という塩野の興味の有り様から来ているのだと思う。

 塩野にとって、例えばカエサルやペリクレスは、まさに目の前に立っているセクシーな男であり、従い「現実」なのだろうと思う。本書の48〜49頁では著作しつつ、描いている相手に、ぶつぶつと語りかけてしまう自分自身を塩野は語っている。そんな姿をある種の狂気と捉えることも可能かもしれない。但しそれは不毛な解釈の仕方でもある。塩野にとって、書いている相手とはまさに「現実」だ。従い、彼女は「現実」に対して語りかけているわけだ。それを通じて彼女は常に「現実」を書いているとも言えないか。だからこそ、同じ手法で日本の「現実」も書けてしまうに違いない。

 それにしても快刀乱麻だ。本書で切られまくっている方の反論も是非聞きたい。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 イタリア在住の愛国者には、考えさせられる。
イタリア在住の愛国者には、考えさせられる。

 日本で(西洋的な)民主政が成り立ったかは、定かではない。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: まこ
5つ星のうち 3.0 歴史物語作家だとは言うけれど....
 本書とは直接関係ないが、日本が公共事業の削減にいそしんでいた頃(民主党政権の頃)、筆者と国土交通省の高官の対談が日経に掲載されていた。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: 五島雅
5つ星のうち 4.0 鳥の目で見る日本論
「ローマ人の物語」の著者として,日本人離れの視点で見る「日本人」論は「新鮮で温かい」.清少納言以来の日本女性作家の伝統は確実に継承されている.若い人にとっても必読... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: 慶古堂
5つ星のうち 4.0 東日本大震災後に書かれた日本への愛に満ちた苦言。
東日本大震災後、弱っている日本へ、イタリアに住む塩野七生ならではの、母国愛に満ちた視線が向けられた。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: 水無月生まれ
5つ星のうち 5.0 塩野節絶好調!
相変わらず、歯に衣着せぬ物言いすっきりしました。歴史認識のゴタゴタについても、「悪賢さ」で相手に逆ねじを食わせる、そんな代表者が出てこないものでしょうかネ!いつも... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: アラカン オヤジ
5つ星のうち 5.0 塩野七生
良い本です。ただ今現在のエッセイではないので、今現在の想いが知りたい。
投稿日: 7か月前 投稿者: 宮脇 史朗
5つ星のうち 5.0 日本人へシリーズでは一番印象に残った本
最近の世の中についての辛口のメッセージには強く共感する事ができた。
投稿日: 8か月前 投稿者: まこちゃん
5つ星のうち 4.0 政治に関する深い洞察
以前から一度読みたいと思っていた塩野七生の著書。文藝春秋に連載されていたもので、一項目5ページ前後なので読みやすい。そして、政治に関する本は、あまり好きではなかっ... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: ma2373
5つ星のうち 4.0 塩野七生さんらしい、凛としたエッセイ集
 本書は、文芸春秋2010年5月号から2013年10月号に連載されたエッセイを、とりまとめた本です。... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: mfhty
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック