通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本をダメにしたB層の研究 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本をダメにしたB層の研究 単行本(ソフトカバー) – 2012/10/19

5つ星のうち 2.8 84件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680 ¥ 190
単行本(ソフトカバー), 2012/10/19
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 87

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本をダメにしたB層の研究
  • +
  • 日本を救うC層の研究
  • +
  • バカを治す (フォレスト2545新書)
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 86pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

橋下首相待望論が沸き起こる中、現代日本で起こっているさまざまな「くだらない」現象を読み解くキーワードが「B層」である。著者はすでに「ゲーテの警告」「ニーチェの警鐘」の二冊の+α新書で、偉大なる哲学者、教養人の言葉を引きながら、近代大衆社会の末路が現在であり、それを象徴しているのが「B層」の横行であることを指摘し、多くの支持を得ている。
「B層」=比較的IQの低い、騙されやすい人間たち、の特徴を細かく解説しながら、多くのB層に支持された民主党がかくも無様に崩壊した理由、そしてまた懲りもせず橋下徹こそ日本国首相にもっともふさわしいという今日の世論調査の結果に現れるB層の「勘違い」の害毒を、あらゆるジャンルで分析しながら、あぶりだしていく。

内容(「BOOK」データベースより)

B層とは、グローバリズム、改革、維新といったキーワードに惹きつけられる層。あらゆることに「参加」したがり、「コスパ」という言葉を愛し、社会の「幼児化」を進めている人々。近代において発生した「大衆」の最終的な姿。―なぜ日本人は「参加」したがるのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062178982
  • ISBN-13: 978-4062178983
  • 発売日: 2012/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 145,376位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この著者の本を読んでいると、
たとえば「民主主義」のような
いままで自分が「当たり前」「良いこと」に思っていたことが、、
じつは「異常」であり「悪しきこと」であるという真逆の視点でひっくり返される。
まずそこで、純粋にエンタテインメントとしての読書が味わえる。

賛否が分かれる著者だとは思うが、
批判する人はどうも著者を「上から目線」「B層をバカにしている」と勘違いして
人格を攻撃しているように感じる。

ただ、本書でも書かれているように、
著者は愚直に過去の賢者の視点に立って世の中を語ってるだけである。
もちろん、「だからオレは偉いんだ」という高慢な態度ではないだろう。
むしろ「オレには個性もオリジナリティもないから賢者に学ぼう」という
謙虚な態度ではなかろうか。
ニーチェだったら、ゲーテだったら、いまの世の中をどのように見ているだろう……、
それが著者のB層論を語るときの切り口である。

なんて知ったふうなことをこんなところに書いている私もB層に違いないと思う。
それに私だけではなく、批判する人も擁護する人も
そして著者も含めてB層的な要素はみんな持っているはず。
それを自覚することが、曇りなく世の中を見つめて生きるための第一歩なのだろうと感じた。。
2 コメント 234人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルから受けた印象とは全く異なる、とても大切な事が書いてある本です。
著者自身が書いてある通り、見せ方に色々な工夫がされていて楽しく読める上に、歴史に名を残す賢者達の重要な考察や名言等が紹介されており、A~Dまでのどんな階層の人にも簡単に中身を理解出来るようになっていると思います。但し、B層から抜けられない定めにある人々や、簡単には抜けられない不器用な人々にとっては、これは辛い本だと思います。

恐らく「彼ら」はこの本を手にとって読むまで自分自身をB層だとは思っておらず、読み終わった後にここで最低評価をつけてブーブー言っているんじゃないかと。事実の確認と反省は大事です。過去の賢者達の言葉や歴史的事実に学んで、正しい事を見極められるようになりましょう。この本にはそのヒントが沢山入っていると思います。お勧めです!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
つい数日前、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日の深夜に、
グデングデンに酔っぱらってあられもない姿で電車の中やホームに座り込んでいる女性たちを
少なからず目撃した。

マーライオンのようになっている人さえいた。

その醜態は普段彼女たちが忌み嫌っているであろう、
加齢臭クサイオヤジと寸分たがうところはなかった。

普段飲みつけないワインを、
このときとばかりに「ワイン通」になって見栄を張って
見境もなくワインをかっくらった結果なのだろう。

ああ、これが本書の著者、適菜氏の指摘するところのB層というものなんだなと、
思わず目が点になってしまった。

さて、適菜氏が引用していた、
ハンナ・アレントによる《正義》《革命》《全体主義》についての考察、
弱者に対する過度な同情がテロリズムや野蛮の温床であるという指摘、
なるほどと思った。

十分な検証や裏付けもない空気による支配が、魔女狩りを産むんだなと。

中学・高校・大学を通じて、
アンシャンレジームを倒したフランス革命は民主主義の夜明けであり、
絶対的な善であるかのように教わってきたが、
...続きを読む ›
1 コメント 162人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
難解な哲学本が多い中、本著は良くできた答案の様な本だと思います。知らない知識の啓蒙という意味では一読の価値ありでした。
ただ著者の主張では、司法・行政はプロなので、素人が意見を述べるとおかしなことになるとありますが、今の日本の司法や行政にそこまでの信頼を置いていいのか全く疑問です。報道で伝えられている一次情報から見ても、小学生でも疑問を持つ様な、おかしなやりかたがまかり通っています。
そうした結果をもたらしている、著者がいうところの口出ししてはいけないプロであるはずの司法や行政。自分たちは常に正しいと思い反省もしない、内心では国民主権も認めていない彼ら司法や行政。免罪符を与えられているかのように刑法に該当しても許されることさえある彼ら司法や行政。個人的には彼らは無能なのかあるいは悪なのかと日頃思っているのですが、ニーチェやゲーテと同時期に産まれた思想のなれの果てである彼らを、著者自身がどのような哲学的思考で認めているのかを示すべきと思う。それでももし著者が彼らを認めてしまうのならそれもありではと思うし、哲学者としての責任を果たしたことになると思う。でもきっと、著者の言う素人が意見をのべるべきでないプロである司法・行政が、もっと違った意味で「日本をだめにする」ことでしょう。個人的にはそう思います。
立法は、よく言われるように国民の写し鏡であり、著者のいう
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック