Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
日本の200年〈上〉―徳川時代から現代まで
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

日本の200年〈上〉―徳川時代から現代まで [単行本]

アンドルー ゴードン , Andrew Gordon , 森谷 文昭
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


この商品には新版があります:
日本の200年[新版] 上―― 徳川時代から現代まで 日本の200年[新版] 上―― 徳川時代から現代まで 5つ星のうち 4.8 (4)
¥ 3,888
在庫あり。

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「こういう日本史を待っていた」世界のどの国の人が読んでも“共通に理解できる”新しい近現代日本史が、ここに誕生した。英語版につづいて中国・韓国・スペイン語版も続々刊行。

内容(「MARC」データベースより)

世界のどの国の人が読んでも「共通に理解できる」、新しい近現代日本史。上巻では、徳川将軍家による支配の最後の数十年が始まった1800年頃から、20世紀初頭の帝国日本の興隆期までを記述する。

登録情報

  • 単行本: 399ページ
  • 出版社: みすず書房 (2006/10)
  • ISBN-10: 4622072467
  • ISBN-13: 978-4622072461
  • 発売日: 2006/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 221,444位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
37 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 歴史が自然と頭に入る 2006/11/30
形式:単行本
 上、下700ページだが、すんなり読める。

 特定の史観に左右されていない中庸な視点と、外国人ならではの客観性、親日的気遣いあるニュアンス。翻訳本だが、違和感なく読めるこなれた名訳。

 上巻は抜群に面白い、特に今まで私にはしっくり理解できなかった幕末から明治への移行の様子がよく理解できた。

 このような歴史の躍動が伝わってくる、面白い通史を、日本史、世界史共にもっと読みたい。 

 高校生にもお勧め。
このレビューは参考になりましたか?
37 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 日本を特殊視しない点に好感 2007/1/10
形式:単行本
 中国人、韓国人、台湾人のスタッフと同じ職場で働く機会に恵まれたのですが、気がついたのが、彼女/彼等が明治以前の日本の歴史をほとんど知らないか無関心なこと。当方のアジア史の知識も怪しいので偉そうなことは言えないのですが、追いつくべき対象としての日本にのみ関心が偏っているなという印象を受けました。比較的知識のある近代史についても例の「歴史問題」が妨げになりお互い避ける話柄になっているのが現状です。
 そんな中で今注目している本が本書です。著者は前え書きで「日本列島という地域で営まれた近・現代史」を書くように心がけたと言います。19〜20世紀において時期の早い遅いはあれ、世界のほとんどの地域で体験された「国民国家」化の日本での展開を描写してゆくのです。その言葉どおり、江戸期に遡って国学や倒幕活動等を通じた国民意識醸成の様を見、政府の産業・教育・軍事等を通じた意図的な国民の「造成」にも頁が割かれています。
 また、「国民国家」化にあたって必然的に発生する国内の階層間対立にも目を向けます。著者の専門を活かして当時の労働者や小作人の生の声を収録している点、一枚岩でなかった近代化の真相を巧まずして読み手に伝えてくれます。
 そして、「国民国家」の成長と軌を一にした周辺諸国への伸張へと筆は及びます。ここで注目したのはバランス感覚の良さ。三・一運動の結果、朝鮮で成立し
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 日本近代史の激動を鮮やかに説明。 2008/1/30
By 小僧 VINE メンバー
形式:単行本
原題に表現されるように本書は近代日本の特殊な経験ではなく、グローバルに展開された近代史の日本における展開を描き出そうとする。そのような問題意識によって、日本の近現代史の激動を世界における近代の経験と比較する視座が提供され、日本史特殊論に陥ることなく、日本近代史において何が各国の経験と共通し、何が日本に固有な点なのか、何がその固有な点をもたらしたのかを丁寧に解き明かしていく。

200年という分析スパンの設定が絶妙である。この設定により20世紀の日本を特徴付ける様々な現象のより複合的な歴史的要因を見事に説明している。例えば、20世紀を通じて日本で見られた国家主導型開発政策について、維新後の明治新政府が英国流のレッセフェールではなくドイツ流のフリードリヒ・リストの経済思想をモデルに採用したことに起源を求めている。「新政府による直営事業は、経済発展を支える上で国家が果たす役割の可能性と重要性についての確信を政府の内外に醸成した」という。J.ダワーは戦後日本経済を牽引した護送船団方式をGHQによる改革にその起源を求め、スキャッパニーズモデルを提示しているが、著者はより長い分析スパンを設定したことによって占領改革以前にも戦後日本経済の原型がすでに形成されていたと議論している。

20世紀前半の激動もまたその初期条件としての江戸時代から継続する社会変動の
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
23 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 とにかく面白い! 2007/6/4
形式:単行本
日本人なのだから知っていて当然のようで、実はよく知らない日本の歴史。『日本の200年』を読んでいて、何度も「はっ」とさせられた。

この本の歴史叙述が、他の日本近現代史の本と違ってとても新鮮に響くのは、以下の二つの理由からだろう。第一に、日本の歴史を他の国々の歴史的経験と比較・対照することで、その共通点と相違点を浮き彫りにしているという点である。著者は、日本の特殊性だけを強調するような安易な叙述を排除している。第二に、政治に影響を及ぼしうるのは政治家や官僚などの権力者だけだという、「常識」を一気に相対化し、一般民衆の行動(特に、著者が研究対象としている労働運動や女性運動)が政治にどのような影響を及ぼしたのかという視点が盛り込まれている点である。国内政治や外交関係が中心的に扱われていた既存の歴史教科書とは、大きな違いである。

それにしても、この本の内容と比較して、「序文」で紹介されている「新しい教科書をつくる会」の宣言が涙が出るくらい空疎で、非学術的で、幼稚なのがあまりにも悲しすぎると感じたのは私だけなのだろうか?
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック