Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 720

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
日本の税金 新版 (岩波新書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

日本の税金 新版 (岩波新書) [新書]

三木 義一
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 864 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【まとめ買いで最大30%OFF!】ACME Furnitureオリジナルブックカバー
ここでしか手に入らない、Amazon.co.jp限定ACME Furnitureオリジナルブックカバー本格革製、全11色。文庫新書の2サイズ展開。journal standard Furnitureも合わせていずれか2点で20% OFF3点以上で30% OFF。 対象商品をすべて見る

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

日本の税金 新版 (岩波新書) + これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール 改訂新版
合計価格: ¥ 2,268

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

所得税、法人税、相続税、消費税、地方税。日本の税制は複雑でわかりにくい。何が問題で、どう改革すべきなのだろうか。政治家や官僚、役人に委ねられがちな税金の仕組み。市民の目線で見直せば、その改善の糸口が見えてくる。財政の行き詰まり、消費税率の引き上げが議論されるいま、必読の書である。

内容(「BOOK」データベースより)

所得税、法人税、消費税、相続税、地方税。日本の税制は複雑でわかりにくい。何が問題で、どう改革すべきなのだろうか。政治家や官僚、役人に委ねられがちな税金の仕組み。市民の目線で見直せば、その改善の糸口が見えてくる。税制の基礎を解説するとともに、改革への課題を指摘する。好評書の新版。

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 岩波書店; 新版 (2012/3/23)
  • ISBN-10: 4004313597
  • ISBN-13: 978-4004313595
  • 発売日: 2012/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 10.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,851位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
24 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 バランスのとれた税金の入門書 2012/5/6
By つくしん坊 トップ500レビュアー
 税金ほど身近でありながら、詳しい内容の知られていないものはないだろう。あやふやな知識でものごとを論じる程危なっかしいことはない。本書は、複雑怪奇な税制へのコンパクトな入門書である。著者は税制の専門家ではあるが、多くの本にみられるような、財務省の代弁者ではなく、比較的バランスが取れた内容である。

 日本の税制の根本的な問題は、所得税の大部分を納付しているサラリーマンが、源泉徴収と年末調整制度で、ほとんど税金への問題意識を持たない(あるいは持たせない)仕組みになっていることだ。また、税制を全体として理解しているとはいえない「専門家」がマスコミに出没して、財務省の意図に沿った内容を宣伝し、ますます国民の眼を本質から逸らしている。

 本書では、税制全体を戦後史の中で位置づけ、外国とも比較しながら、各税金の概要とその問題点を簡潔に説明している。個別の税金を詳しく調べる前に、本書を読むことで大きな流れを間違えなくて済む。また、現在話題の消費税についても、逆進性緩和の具体的な方法、および消費税が派遣労働を促進する恐れがあることなど、通常あまり議論されない問題点についても言及していて参考になる。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By hiroshi トップ500レビュアー VINE メンバー
消費税率アップの是非を論じる前に日本の税制がどうなっているのか、どのような課題があるのか知りたくて読みました。現在の税制の体系を説明しながら戦後の税制の歩みや各国の制度もわかりやすく紹介されています。

憲法は変わったのに税制は戦前のまま継続したのであちこちに矛盾やほころびが出ており、不備を繕うために無理な補修を重ねてきました。その結果、税制は徴収する側に有利で国民の目線でつくられてはいないと著者は指摘しています。

たとえば酒税法。1950年にビールは「金持ちが料理屋で飲む高級酒」と高い税率を決めたのでアメリカの6倍もの税金を課している。その隙間を突いて発泡酒が出てくると政府は高過ぎるビールの税率を下げずに、発泡酒の税率を上げたのです。

また、基礎控除、扶養控除、配偶者控除は生活保護制度と同様に憲法25条の生存権を根拠としていて、かつては生活保護費と同額であったのが、引き上げを怠り38万円と低いまま置かれている、など随所に新しい発見がありました。
話題の消費税についてはその欠点である逆進性の克服策にまで言及しています。また低い税率を求めて海外へ転出する企業や富裕層に対して、各国が税率低下競争を繰り広げており、それが財政悪化を招いているとの指摘、それに対する著者の税制での国際的な協調の主張は時機を得ていると思い
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 税金の教養として 2014/1/25
By RedDia
Amazon.co.jpで購入済み
税金を俯瞰する。
それぞれ税目の歴史や背景、問題点などが網羅されており、税金の教養として押さえておきたい1冊だろう。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 わかりやすい本です。 2014/1/10
Amazon.co.jpで購入済み
税金にまつわる仕事をしていますが、とてもわかりやすく説明された本です。税金について知識のない方でも十分に理解できます。この本に書かれている事をしっかりと子どもたちに教えていくべきだと思います。
このレビューは参考になりましたか?
ARRAY(0xa82e30b4)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック