¥ 3,024
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本のアニメ全史―世界を制した日本アニメの奇跡 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本のアニメ全史―世界を制した日本アニメの奇跡 単行本 – 2004/5

5つ星のうち 4 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 5,799

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本のアニメ全史―世界を制した日本アニメの奇跡
  • +
  • 日本のアニメは何がすごいのか 世界が惹かれた理由(祥伝社新書)
総額: ¥3,910
ポイントの合計: 28pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本のアニメは、どのようにして現在の隆盛を迎えたのか。今や日本の主要輸出産業となったアニメ関連産業の黎明期から現在までのアニメ制作技術の変遷と、それらにたずさわってきた作家・制作者や作品の系譜を通して、アニメ業界の現在と未来を考察する本格的解説書である。

内容(「MARC」データベースより)

今や日本の主要輸出産業となったアニメ関連産業の黎明期から現在までのアニメ制作技術の変遷と、それらにたずさわってきた作家・制作者や作品の系譜を通して、アニメ業界の現在と未来を考察する本格的解説書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: テンブックス (2004/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4886960111
  • ISBN-13: 978-4886960115
  • 発売日: 2004/05
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 329,265位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 わにねえ トップ50レビュアー 投稿日 2007/9/4
形式: 単行本
 作品を羅列しただけのアニメ史ではなく、製作技法の発展や社会情勢の影響を踏まえたもので、アニメの話をするなら、当然に、読んでおくべき基本書です。
 ただし、全史というほど、作品を網羅しているわけではありません。文章も、教科書的で、かなりあっさりしています。付録に、アニメ年表がついており、同時代的にどんな動きがあったか、わかりますが、それ以上ではありません。。
 重要なのは、付録のアニメ用語集で、俗語を含めて、よく拾っています。また、記述も、作品より、アニメの製作状況についてしっかり言及されており、作品を見ただけのアニメファンの能書き本などより、ずっと読む意義があります。しかし、今日の四散分裂したアニメ生産体制の元凶となる東映の労働争議の根深いドロドロが、わずか数行で済まされており、そのことが逆に、当時の問題がいまだにタブーになっていることを行外に伺わせます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/11
形式: 単行本
日本アニメーション史が教科書的にすっきりとまとまっている本。以上がこの本についてのすべてである。
著者は東映アニメーション出身で高畑勲と『狼少年ケン』の演出も務めたそうだが、期待したほど当時の内部事情とか現場の話はでてこない。また、ヤマト人気についても日本の経済成長と自信の反映であると豪快にまとめてしまうなど、詰めの甘さもめだつ。
そもそも和製アニメが世界を制したなんてもう誇大広告である。大学の教養課程あたりでテキストに使うには悪くないが、上に述べたような随所での見立ての甘さも加え、研究書とよべるほどの内容とは思えなかった。
名著『日本アニメーション映画史』を読み込んだ人間としては、これについてはやや点はからめで星二つというところだろうか。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実際にアニメに係っていた人が書いているから、アニメの真実が凝縮されてるみたいでよかった。しかも、こういう本てあるようでなかったから、買って損はない気がする。アニメ研究する人は、参考にすべき本だと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック