旅情 [Blu-ray] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

旅情 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,583 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 988 (38%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,572より 中古品の出品:2¥ 1,261より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

ブルーレイ2枚3090円
人気ブルーレイタイトルが 2枚3,090円
この商品は 「ブルーレイ2枚で3,090円」 キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらの リンク をご参照ください。 対象商品の一覧はこちら


キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 旅情 [Blu-ray]
  • +
  • ドクトル・ジバゴ アニバーサリーエディション [Blu-ray]
総額: ¥2,974
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: キャサリン・ヘップバーン, ロッサノ・ブラッツィ, イザ・ミランダ, ダーレン・マクギャヴィン
  • 監督: デヴィッド・リーン
  • 形式: Color, Subtitled
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2012/06/08
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B007HWNSQM
  • EAN: 4988113745291
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,257位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

●キャサリン・ヘップバーン × 巨匠デヴィッド・リーンの最高傑作が初ブルーレイ化!●美しい風景に彩られた水の都ベニスを舞台に描かれるせつない大人の恋●特典映像:オリジナル予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

キャサリン・ヘップバーン×デヴィッド・リーン監督による切ない大人のラブロマンス。秘書として働くうち婚期を逃し、ひとりベニスへと旅に出たジェーン。彼女は言葉が通じず困っていたところを紳士・レナードに助けられ、徐々に惹かれていくが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kenzo23 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/6/14
Amazonで購入
私は少年の頃に見たこの映画でベネチアに憧れて以来、数回滞在しました。
運河に囲まれた街を歩くと、映画と同じ場所がいくつも現れるので感動します。
いまでもほとんど変わらない風景がそこにあります。

当時の映画館で見たあとテレビ放映などの「旅情」の画質は残念なものばかり。
ブルーレイには期待していました。
仕上がりは期待以上に美しい。当時のフィルムの粒子までもしっかり描き出しているし、
発色も丁寧に再現されています。
デジタル技術はもっとキレイに修正することもできるかも知れませんが、
当時の一般的なカラーフィルムの再生としては良くできていると思います。

街を知った気になると、キャサリン・ヘップバーンが次のシーンとは逆の方向に向かっていたり、
映画編集の技法に妙に感心させられます。

冒頭の列車のシーンで向かいに英国紳士を座らせ、あまり品のない英語と態度で
アメリカ人気質丸出しのヘップバーンを演じさせる英国の名匠デビッド・リーン。
お金を貯めてはるばるやって来たアメリカ女性の喜びと悲哀を見事に表現します。

英語の字幕がないのは淋しいのです。
英語国でも英語字幕は常識になっています。
台詞が聞き取れない時に助かるし、とても勉強になるのです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
言わずと知れたキャサリン・ヘプバーンの名作。
DVDはかなり画像が粗く、粒子が見えるようでした。
今回のブルーレイ化に当たり、見違えるように・・・とはいきませんが
DVDよりはだいぶきれいになりました。
これは昔の映画をブルーレイ化した時に必ず言えることだと思うのだけど
ものすごくきちんときれいに修正しているシーンとそうじゃないシーンが
有るんですよね。これってもうちょっと何とかならないのかしら?
それからこのジャケット。
写真が荒くて汚い!これにはがっかりしました。
それでも、名画をブルーレイにしてくれたことはとても嬉しいことです。
大きい画面で見るとDVDの映像は見られるんだけど、あのデジタルチックな
字幕がすごく気になるんですよね・・・。
内容については申し分ないです。個人的にはあのどうやって彼女がイタリアまで来たか説明を兼ねたオープニングタイトルがとても好きです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 どう考えても最高点にしかならない映画というのがある。本作などはその最たるもの。なのに総合点で満点になっていないのはどういうことか?なので、点数を上げるためだけにレビューを書く。従って別に本レビューは読んでもらわなくても結構だ。けっこう下らないことを書く。
 通常DVD盤のレビューでけなしまくっている方などは、本作の良さがわからないで、どうして映画を見続けるという行為をしつづけているのか、全く理解を超える。
 本作こそは、映画というものが、かくも人間の持つ様々な情感、その起伏、例えば恋の予感にうち震える女ごころ、一人旅の寂しさの耐えられない孤独感、そういったもろもろの情感を、あるときは単純だが、またあるときには複雑な装いを呈するものであっても、きめ細かにそのヒダの一つ一つまでを映像表現によってここまで観客に伝えうることができるのだ、ということを証明し尽くした映画である。
 デビッド・リーンの映画には全ての映画において(ハリウッド産戦争アクションの『戦場にかける橋』においてでさえ)そういう要素が必ず仕込まれている。だからそういう部分を見逃していては全く、話にならない。
 本作はカラー・スタンダードの画面の中に、ベニスという極めて風光明媚な場所の背景の素晴らしさという道具立ての力を借りてではあったが、それを最大限に成功させた、映画史上に語り継ぐべ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hw トップ1000レビュアー 投稿日 2015/7/14
Amazonで購入
名作が美しいカラーで甦りました。VHSやDVDの画像はこの名作にはお粗末すぎる感がありましたが、Blu-ray化によって見違えるほど美しくなっています。当時のフィルムの質感までもが再現されているのも懐かしいです。数年前にベニスを旅しましたが、街の様子も雰囲気もこの映画が作られた当時とほとんど変わっていません。この映画はちょっとした観光ガイドですね。

アメリカの独身OLジェーン(キャサリン・ヘップバーン)が休暇を取り、貯金をはたいてヴェニスを訪れます。婚期を逃したオールドミスとはいえ、結婚願望がないわけではありません。そこに現れたのがヴェニスで骨董屋を営む中年男レナード(ロッサノ・ブラッツィ)です。レナードに夜の街を案内され、彼の魅力にうっとりとしたジェーンですが、すぐに彼が既婚者であることを知らされます。しかし、レナードから妻とは別居中であると告げられ、いったんはしぼんだ期待が再び膨らんできます。数日、夢のような日々を過ごしますが、このままでは別れられなくなるという怖さと、所詮自分は旅人にすぎないという現実に気付き、ベニスに別れを告げる決意をします。

中年独身女性の心の揺らめきを繊細に表現するキャサリン・ヘップバーンの演技は素晴らしいとしか言いようがありません。観ているほうも彼女と同じツーリストとして一緒にベニスの街を歩き回り、彼女の期待
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック