Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
新約 とある魔術の禁書目録 (9) (電撃文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

新約 とある魔術の禁書目録 (9) (電撃文庫) [文庫]

鎌池和馬 , はいむらきよたか
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (54件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 637 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

新約 とある魔術の禁書目録 (9) (電撃文庫) + 新約 とある魔術の禁書目録 (10) (電撃文庫) + 新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)
合計価格: ¥ 2,019

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

新約禁書シリーズの最新刊! !

内容(「BOOK」データベースより)

世界は滅んだ。オティヌスの支配は、成就した。闘いの舞台であるグレムリンの本拠地、東京湾上に浮かぶ『船の墓場』は消失した。それどころか、世界そのものも消えて無くなった。共に来たインデックスも、御坂美琴も、レッサーやバードウェイ達も当然消えた。統一された闇の空間。黒一色のそこに、上条当麻だけが残されていた。その理由は、ただ一つ。世界の基準点であり修復点でもある『右手』を持つからだった。神と成ったオティヌスにとって、上条当麻はすでに微塵も興味の無い存在となっていた。いつものように、ここから彼の逆転劇が始まる可能性は、全くない。ここうそういう『世界』だった。そして。そして。そして。これは、上条当麻の心を挫く物語。

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014/1/10)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4048662228
  • ISBN-13: 978-4048662222
  • 発売日: 2014/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (54件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,653位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
84 人中、68人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 禁書ファンの皆様へ 2014/1/11
形式:文庫
前巻の時点で自分は「8巻は新約の中で一番面白いな」と思っていました。
そして前巻のまさかの引きからどう展開するのか8巻の出来が良かっただけに少し不安も感じながら
今巻を読みました。
そして全て読破後に思った感想・・・

「今巻は禁書シリーズの中で一番面白い」

でした!
些細なネタバレも書きたくないので内容・感想はあえて書きません(レビューとしては間違ってるかもしれませんが・・・)。

ただ一つ言える事は、今まで禁書シリーズを読んできたファンの皆さん。
今巻は今までの禁書ファン(特に主人公・上条当麻が好きな人)の為のお話です!
是非今巻を読んで、禁書ファンで良かったと感じてください!

今程、次巻が待ち遠しくて仕方ないと思った事はないです・・・
このレビューは参考になりましたか?
87 人中、70人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 上条当麻の到達点 2014/1/11
By まこ
形式:文庫
とあるシリーズのテーマの1つは『ヒーロー』についてだと思って読んできました。
物語の主人公としてのヒーロー、そしてヒーローという存在のある種の歪み。
新約6巻でその歪みが前面に出てきましたが、いよいよ直接上条当麻に突きつけられます。
最初から最後まで上条当麻とオティヌスの対峙なので感情移入しやすいかと思われます。

オティヌスは上条さんにたかが十数年生きて〜という台詞をぶつけますが、この人にとっては十数年どころか半年にも満たないのです。
記憶を抹消された状態から生まれて2巻から主人公となって、彼にとってはすべてが新しい絆で、大事なその人達の笑顔、そして社会とのつながりのためにがむしゃらに戦ってきた上条当麻が初めて問われる存在意義。もうつらくて見ちゃおれません。
だけどずっと上条さんに叩き付けたかった言葉を、とある存在が言ってくれます。
そして吐露される上条当麻の本音。最高です。
これを描くために今までがあったと思えるほどです。これが見たかった!!信じて読んできて良かった!
シリーズを最初から読み返したくなりました。
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 鎌地の本気を見せてもらった 2014/3/10
形式:文庫
今まで必死に積み重ねてきたものの集大成!

今までやや投げやりに書かれてきた上条当麻とは何なのかを中心に、ヒーローや幻想殺し、悪役の裏の顔をすごくすごく面白く書いてくれています
正直これで最終巻にしてくれてもいいくらいに面白いです
今まであまり面白くないと嘆いて新訳版を投げていた古参とあるファンのかたはもちろん、とあるなんかアニメしか知らないといった方もぜひ!
読んでない、知らない巻を読み進めてでもこの巻を読むことをおすすめします!

でもほんとにこの巻でとあるはピークを迎えたと思うのだけど、どうなるのだろう
このレビューは参考になりましたか?
59 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 シリーズ最高の一冊 2014/1/12
By tea
形式:文庫
新約8巻を読み終わったときこう思った。
『旧約の面白さがやっと戻ってきた』
正直新約1〜7巻には魅力を感じなかった。惰性とまではいかないが、続きを早く読みたい!と思わせるかつての旧約禁書とは違っていた。
だからこそ、新約8巻の出来は嬉しかったし、続く9巻が純粋に楽しみだった。

そして待ちに待った新約9巻を読み終わって、こう思った。
『今まで読んできた禁書シリーズの中で一番面白い』

新約9巻は、今まで禁書が積み上げてきたもの全てが集約された1冊になっている。
上条当麻の『これまで』と『これから』を語る上で、新約9巻は絶対に外せない。
あと挿絵も素晴らしい。
特にカラー見開きと最後のページの挿絵は、今までの禁書挿絵の中で最高の出来だと感じた。
このレビューは参考になりましたか?
50 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 シリーズ最高傑作 2014/1/11
By
形式:文庫
今回の巻は、上条当麻の人間の部分をみることができとても良かった。 

内容は哲学的な感じだで人間の芯の部分を上手く描き、なお感動も戦闘もギャグもキャラクター性も存分に書ききっている。 

もう悪いところなんてひとかけらも見つからないほどだ。 

この巻で、とあるシリーズの作品としての魅力が一つ上がったと思う。 
本当に素晴らしい。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 一つの作品を長く見てきて 2014/2/12
形式:文庫
旧約の頃から追い続けてきた禁書シリーズの中で、最高とまではいきませんが、でも旧約の勢いは戻ってきたと思います。
上条当麻という一人の人間と、魔神オティヌスという超越者の話。正直、旧約22巻発売前と同じもどかしさを感じていました。
確かにオティヌスは魔神という一つの超越した存在にあるにも関わらず、なんだか思った以上に生温く、そして脆すぎました。
でもそれは本当の意味での"神"にはなれなかった所詮人間という解釈をし、そういった面では未だ動きを見せないアレイスターやローラ=スチュアート、そしてエイワスがチラついていたので、旧約のラスボスを飾ったフィアンマの如く、まだ"中ボス"なのだろうと思い、やはりこれまでの上条の様に感情を剥き出しにして、その剥き出しの感情が通用する相手でした。

私はこの作品のこの新約9巻を、あくまでも一つの経過点であると同時、本当の意味での上条当麻の物語のスタートと思いました。
一方通行や浜面仕上といったほか二人の主人公達の話もまた掘り下げられるでしょうし、第六位の謎、原石とは、そして第七位の能力とは。
広げ過ぎた風呂敷を畳みきれなくなる作品は数知れず、しかし、とある魔術の禁書目録なら必ずすべての伏線を回収して、本当の意味で完結を迎える事が出来ると信じています。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 大きな積み重ねのある上条当麻だからこその物語
9巻では上条さんのありとあらゆる尊厳と過去が否定されます
これがわずか数巻の物語であったなら、そんなものは大したことがなくて... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: 活字好き
5つ星のうち 1.0 読んでいられない
新約に入ってから、いまいちだなと思いながらも惰性で読み続けていましたが
この巻には本当についていけませんでした、心の底から禁書シリーズを愛し... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: やまだ
5つ星のうち 5.0 旧約の上条さんが戻ってきた
新約に入ってから上条さんの活躍がイマイチだったせいか、上条さんの活躍を久しぶりに見ました。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: Tthnos
5つ星のうち 1.0 欲しかった答えは"無し"
 SS抜いて31巻目にあたる今作は、未だかつて無いほど「話が進みませんでした」... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: PP_GGR
5つ星のうち 5.0 グレムリン編、中!
3時間ほどで読めました。

8巻よりは登場人物が絞られ展開も追いやすく面白かったです。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: トトス
5つ星のうち 4.0 迷ったけど・・・
やっぱりここまで読んで、作者の独特な書き方は個性であり、絵と同じ様に癖になる良いものだな、と改めて思いました。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 杉山
5つ星のうち 5.0 全てはこの時の為に
遂に言われてしまった。(笑)上条当麻のいびつさ、そして、ご都合主義のヒーロー象それを全て破壊する魔神の世界… 全てはこの時の為に... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: Sアル
5つ星のうち 5.0 次巻にも期待して!
新約とある魔術~も今回で9巻、私的にですがこれまでで一番楽しく読むことができたのでレビュー投稿したいと思います。詳細は書かないようにして・・・とりあえず私が心に残... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: matuba222
5つ星のうち 5.0 どうしてくれるんだ、、、。
どうしてくれるんだ、、、かまちーよー。
10巻が楽しみすぎるだろぉが!!うおおおお!ってなりました、読み終わったあと。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 吉武来2
5つ星のうち 5.0 上条当麻という一人の人間について
今回はこれまで触れられてこなかった上条当麻という一人の主人公として、人間としての話をアナザーワールドを見せることによって上手く表現しています。上条当麻はこれまでヒ... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: けいまー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
☆×5多いっすね・・・。 1 2014/01/25
カテゴライズが・・・ 0 2014/01/06
2件のクチコミをすべて見る  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック