Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
新版 隠喩としての病い・エイズとその隠喩
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

新版 隠喩としての病い・エイズとその隠喩 [単行本]

スーザン ソンタグ , Susan Sontag , 富山 太佳夫
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


この商品には新版があります:
隠喩としての病い エイズとその隠喩 (始まりの本) 隠喩としての病い エイズとその隠喩 (始まりの本)
¥ 3,456
在庫あり。

キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

西欧の文化=権力が病い=病者におしつけてきた不健康な表象を批判し、自らの癌体験をもとに病いそのものを直視した本書は、卓抜な〈病いの記号論〉であると同時に、1980年代にひそかに進行していた一つの知的活動を代表する成果。

内容(「MARC」データベースより)

癌とエイズ、その隠喩群もまた〈ひと〉を殺す! 現代の脅威にまつわる神話とイデオロギーを批判=解体し、核心を明示した、ブリリアントな〈病いの記号論〉。

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: みすず書房; 新版 (1992/11)
  • ISBN-10: 4622045559
  • ISBN-13: 978-4622045557
  • 発売日: 1992/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 631,802位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星5つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
7 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 最も新しい排除の形 2004/7/15
投稿者 梨枝
形式:単行本
 世に集団というものがある限り、その成員は排除という概念から自由にはなれないみたい。悲しい。とりわけエイズはセックスという、ごく新しい時期に概念の変革を迎え、従ってそれに対する保守もラディカルも極めてくっきりと形を持つという、強烈な踏み絵を持っている。特に日本社会がこの排除の理論をどんな顔で振りかざすのか、熟考すべき問題だと思う。
 ただ、通常の生活をしていると、薬害エイズは例外として、普通のエイズ患者の状態はほとんど耳にも目にもすることがない。日本の論客のエイズに関する発言をフォローするのはどうかしら。興味深いんだけどな。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック