¥ 1,296
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
新版 論... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新版 論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス No.1194) 単行本(ソフトカバー) – 2012/8/28


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1,365


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

新版 論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス No.1194) + この1冊できちんと書ける!  論文・レポートの基本 + レポート・論文の書き方入門
合計価格: ¥ 3,888
ポイントの合計:  118pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

論文って何だ!?それは、「問い」に対して明確な答えを主張し、その主張を論証するための文章である。主人公は作文の苦手な大学新入生。彼が読むに耐える論文をなんとか仕上げるまでを時系列で辿りながら、論理的に文章を書くためのノウハウを伝授。論文のアウトラインの作り方を丁寧に紹介するほか、主張の説得力を高めるためのコツを明快に説く。インターネットなど情報へのアクセス法もさらに詳しく解説、巻末付録も充実した決定版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

戸田山/和久
1958年生。1989年、東京大学大学院人文科学研究科修了。専攻は、科学哲学。現在、名古屋大学情報科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: NHK出版; 新版 (2012/8/28)
  • ISBN-10: 4140911948
  • ISBN-13: 978-4140911945
  • 発売日: 2012/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,707位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

36 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/9/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、全くはじめて論文を作成する学生に対して、全く何も知らない状態から論文の体裁を作り上げるまでを、非常に直感的なたとえを用いながら、ダメ学生の論文を直す過程の中で説明している本です。
論文作成の方法論が何となくわかっているけどしっくりこなかった時に、大学生協で見つけて何となく買いましたが、わかりやすい(すぎる!?)たとえのおかげでいいたい事が実感をもってわかる本だと思います。

NHKらしくなく非常にやわらかい内容の本なので、大学の教養での初レポート作成で悩んでいる時、あるいは小論文の書き方がよくわからずに困っている時には、気分晴らしをかねて読んでみる事で非常に助けになる本だと思います。

大学生の頃にこういう本があったら、論文作成がもっと楽しく理解できたんじゃないか、と思わせてくれる本です。

今はわかりやすい本が多くて本当にうらやましくなります。いい時代になったものです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ladymarmalade 投稿日 2013/11/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
論文を書くことを、懇切丁寧に説明している。大学でレポートの宿題が出された時、はたまた卒論を書くことになって途方に暮れた学生には強くお勧めしたい本である。本書は、そもそも論文とは何か、ということから解説する。この解説にほぼ100頁が費やされる。その次に、論文を書くためのアウトライン作成のこつ、そして論理的な構成をどうすればいいかを教授してくれる。そして、最後にアウトラインをどのように膨らませて論文にするのか、またそれを分かりやすくするためにはどうすればいいのか、を豊富な文章事例をもってして解説してくれる。練習問題もあったりするので、適宜、自分の理解度を確認することができる。本当、痒いところに手が届くように親切なHow To Write 論文本である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 高橋良子 投稿日 2014/7/21
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
49歳にして学生になりました。
大学には行っていなかったので、論文を書いた経験などほとんどなく・・・
この本を読んで何となく書けるかなと思えました。助かりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 peach 投稿日 2013/12/19
形式: 単行本(ソフトカバー)
卒論という、途方もない作業を、分かりやすいアウトラインを示しながら丁寧に解説してあり、とてもわかりやすいです。事例も豊富で本当に助かります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 FP太郎冠者 投稿日 2014/9/28
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
何より読んでいて楽しい。重要なことが理解しやすく説明されていて、良書だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Sean 投稿日 2015/2/21
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Thorough, thoughtful, and entertaining coverage of how to write university level papers. His examples are excellent. I'll use it in my upcoming freshman class.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 安藤 投稿日 2013/5/30
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
卒論の書き方の参考に購入しましたが、優しく分かりやすかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マイストロー 投稿日 2014/3/29
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
内容はとてもいい。
大学1年生が最初に読む本としては,とてもわかりやすいのではないか。
「卒論まで」というのはちょっといい過ぎな感じがしないでもない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック