Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
新宗教と巨大建築 (講談社現代新書)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

新宗教と巨大建築 (講談社現代新書) [新書]

五十嵐 太郎
5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

「信仰の空間」を解読する!
なぜ前近代の宗教建築は賞賛され、近代以降の教殿はいかがわしいまなざしで見られるのか。天理、大本、金光、PLなどの建築と都市を直視する。

建築史における近代宗教――英雄的な建築家の営みとアヴァンギャルドの連続で語られる近代建築史と、寺社建築を軸に構成される日本建築史の狭間にあって、ほとんど顧みられなかったのが近代の宗教建築である。……
日本の戦後建築は、モダニズムを民主主義のための建築と規定し、宗教的な要素を切り捨てることで出発した。神社が現代建築から撤退し、進歩史観的な建築史が確立するとともに、宗教建築は近代以前のものとして理解される。……
本書の目的は新宗教の空間を考察することになろう。その際、教団の思想から空間の概念を読みとり、いかに現実の空間に反映させたのかを検証する。いずれも19世紀に登場した天理教、金光教、大本教を具体的にとりあげ、さらに戦後の新宗教建築を幾つか概観する。――(本書より)

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ前近代の宗教建築は賞賛され、近代以降の教殿はいかがわしいまなざしで見られるのか。天理、大本、金光、PLなどの建築と都市を直視する。

登録情報

  • 新書: 233ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/12)
  • ISBN-10: 4061495801
  • ISBN-13: 978-4061495807
  • 発売日: 2001/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 273,126位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 新興宗教ための建築論 2002/7/14
By teito
形式:新書
新興宗教の建築を近代建築の批評的な視点で解体してみせようとする試みは学術的な建築論にはないものであり、面白い。ただし、オウム真理教のサティアンを建築として認めないという地点から出発しているために、全体は新興宗教の巨大建築を純粋に建築として評価しつつ、各宗教についての底の浅い批評を加えるという混乱した構造になってしまっている。ただし、予言の成就の姿として新興宗教による建築をとらえるという視点は面白かった。より慎重な取材と執筆がなされればよりよくなったと思われる。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 おもしろそーなのは題名だけか? 2005/4/13
形式:新書
新宗教と巨大建築 という題名を見ただけで、もーわくわくしてきて購入した。 
しかし読みながら、なんでこんなにつまらないのだろう??と自問自答してしまった。せっかく買ったのだからと最後までよんだが、近代日本に発生した新宗教の、それぞれの成り立ちや歴史について費やされてる部分があまりにも多く眠気をよそう。しかもこの個々の宗教の歴史の部分はなんだかパンフレットからそのまま抜粋したような印象をもってしまうほど味気ない。
この本には、日本の新宗教とその空間、みたいな題名のほうが向いている。なぜならよみすすめても、巨大建築のそれが全く見えてこないのだ。
しかも、天理教の部分は読み応えがあるが、その他の宗教はおまけという感じ。海外の宗教にも目をむけ巨大建築に的を絞った一冊をよんでみたい。
おもしろいスタディーだけに残念。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 一度は見てみたいかも 2006/11/18
By 糸音 トップ500レビュアー VINE メンバー
形式:新書
江戸時代以前の伝統宗教による宗教建築は芸術であり、文化である。

明治時代以降の新宗教による宗教建築はいかがわしい。

そんなステレオタイプが強固に存在すると思う。

神社や寺院も明治以降に建てたり、直したりしたものは多いし、正直「なんじゃこりゃ」「いかがわしい」と思うようなものも多い。

この書は近代建築という視点から新宗教による建造物を捉え直してみようという試みである。

新宗教の代表といえば天理教・大本教・金光教といったあたりであろうか。

まず冒頭に天理教が取り上げられている。質・量とも天理教についてのものが一番である。

他の新宗教の建造物についても天理教との比較が多く言及されている。

天理教は建築や都市計画といった空間プランやこだわりがあり、地上での実現に向けての力を注いでいる。故に論及の対象として適切なのであろう。大本教や金光教のようにあまり場所や建物にこだわりがない宗教となると独自性への論及が弱くなってしまう。

戦前の弾圧や神社・仏閣との共通性や影響関係といった話になってしまっているのは仕方ない部分もあろう。

個別的な話が中心となって宗教、とりわけ新宗教がどのよう
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
ARRAY(0xab40530c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック