Amazon Kindleでは、 新世界より(中) (講談社文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
新世界より(中) (講談社文庫)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 新世界より(中) (講談社文庫) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

新世界より(中) (講談社文庫) [文庫]

貴志 祐介
5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (23件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 756 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
文庫 ¥ 756  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

新世界より(中) (講談社文庫) + 新世界より(上) (講談社文庫) + 旅のラゴス (新潮文庫)
合計価格: ¥ 2,067

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第29回(2008年) 日本SF大賞受賞

内容紹介

町の外に出てはならない――禁を犯した子どもたちに倫理委員会の手が伸びる。記憶を操り、危険な兆候を見せた子どもを排除することで実現した見せかけの安定。外界で繁栄するグロテスクな生物の正体と、空恐ろしい伝説の真意が明らかにされるとき、「神の力」が孕(はら)む底なしの暗黒が暴れ狂いだそうとしていた。(講談社文庫)

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/1/14)
  • 言語: 日本語, 不明
  • ISBN-10: 4062768542
  • ISBN-13: 978-4062768542
  • 発売日: 2011/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (23件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 3,750位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
34 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 間違えたw 2011/2/23
形式:文庫
作品自体はおもしろいです

貴志祐介さんの「黒い家」を読んでから次にこの本を読みました。
とにかく文章がうまいので引き込まれます、今まではホラーや奇怪系が多かったそうですが、初?SFだとどっかに書いてありましたが、とても楽しめました。
まぁ、作風からなのかやはり暗いですが、SFなのでそこまで恐怖ではなかったです(笑)

あと、これは私が間抜けでハードは「上下」文庫は「上中下」でわかれております
間違えて、ハード読んだ後に「え?中がある??」っとあせって文庫の「中」を頼んでしまいましたので気を付けてくださいw
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 これは凄い 2011/3/8
形式:文庫
念動力という一見シンプルに思える
SF的ガジェットを用いつつ、
圧倒的なスケールで描かれる異世界と、
「人間とは、想像力とは」
というある意味普遍的なテーマが
見事に融合した作品だと思います。
面白かった。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 中だるみしません 2012/1/3
形式:文庫
物語の真ん中ですが、ここに鍵が隠されている内容なので、中だるみせず、ちゃんと下巻まで引っ張ってくれます。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 面白い 2013/5/1
形式:Kindle版|Amazonで購入
独特の世界観。情景の描写、ストーリー、どれをとっても素晴らしい作品です。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 凄すぎる世界観 2013/4/16
形式:文庫
ある意味人類史的な規模での大きな史的世界観を感じた。

ハダカデバネズミのDNA変異体であるバケネズミと、神としての超人類の関係性は人間の本性に潜む獣性が、基本的人権思想を産み出し残虐行為を正統化してきた革命史のようにも見える。

物語の設定として超能力を得た超人類と、超能力を獲得できなかった人類の相克が、世界の破滅に至るまでの相克を織りなした過去が1000年前のできごととされている点が、非常に独創的でありSF性を感じさせる大きな基礎のようにも思えた。

ボノボるという隠語がファンの間で浸透しているようだが、マニアックな視点でハることも可能なほどの、ディテール面でのごだわりというか末節設定のしっかりした部分と、スケールの大きさがベストマッチしている。

そして、邪鬼と業魔という克服課題となる超人類の弱点と、社会システムの冷酷さに奴隷化されたバケネズミが、神殺しを企てる戦略の揺籃があるなんて最後まで飽きさせないストーリーテリングの技術に圧倒され続けた。

初期の学園物語の中で、呪力の競技大会が出てくるがそこだけは、小生の拙い想像力ではついていけずに感得し得なかったのが残念。しかし、著者の「青い炎」「黒い家」「悪の教典」と読んできた読者の視点から言えば、畢生の大著といっても過言でないほど
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 負の系譜 2013/4/3
By yass VINE メンバー
形式:文庫
繁栄の裏側は相当の犠牲を伴う。
そういう観点が語られる中身。
それにしても子どもに様々な決断と犠牲を強いるのは日本の作品の主流なのだろうか?
成長と悲しみの物語と考えるしか無いのだろうかと振り返ってしまう。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
この本に早く出会いたかった。独創的な新世界に速攻引き込まれてしまう。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 世界観が・・・ 2011/10/17
By さん
形式:文庫
作者の今までの作品とは、時代背景や設定が違いすぎて、
上中下巻と3冊一気に買ったので、はじめはこの世界観になじめるか不安でした(笑)
でも読み進めていくうちに、どんどん引き込まれていきました。
難しい説明のくだりは、さら〜〜〜っと適当に読み流し(すみません)
家事や子育てしながら、あいた時間に集中して3日で読みました。
一番せつなかったのは、最後のガラスケース越しの対面シーン。
いままでのいろんなことが明らかになり、ショックでもありました。
タイトルが「新世界より」。最後まで読んで納得。
最初に複線がはってあったアレはどーした?とか、
読み進めていくうちに忘れちゃったり、?なところがあったりしたので
そのうちもう一回よみ返そうかと思っています。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 4.0 満足!! 2014/6/8
形式:文庫|Amazonで購入
とにかく面白い。
想像力をかきたてられるような話の展開で、読み始めたら止まらなくなりました。
またこんな小説を読みたい。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 上の半ば以降、止まりません。 2013/12/24
形式:文庫|Amazonで購入
色々なところで「新世界より」の評判がよかったために、まとめて購入しましたが、
正直、上の中盤くらいまでは読み進めるペースがなかなか上がりませんでした。

しかし、そこを超えると、続きが気になって一気に読んでしまいます。

アニメ作品も出ているようですが、まずは原作を読んでからの方が良いと思います。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 おもしろい
最初なんだこれはと思いましたが、非常におもしろい
化けネズミ哀愁を感じるのは私でけではないだろう
投稿日: 9か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 1.0 つまらない...
期待して読みましたが、長いだけで正直全然面白くなかったです。
「黒い家」や「悪の教典」のようなぞくぞくするような物を想像していましたが、... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: antistar
5つ星のうち 5.0 本の状態が最高
人気の本がリーズナブルな値段で手に入ってとてもうれしいです。
投稿日: 17か月前 投稿者: 山本淳子
5つ星のうち 3.0 現代のお伽噺
 新世界よりの中巻です。スケールの大きな、けれど狭い閉じた世界(町内近辺のみ)などという... 続きを読む
投稿日: 18か月前 投稿者: Jun
5つ星のうち 4.0 下巻への期待
中編まで読了。次の展開がどうなっていくのか想像もつかず、ページをめくるのがホントに楽しいと思わせてくれる。
投稿日: 18か月前 投稿者: ぷにぷに
5つ星のうち 4.0 面白いです。
悪の教典から入り、黒い家、新世界よりと読み進めています。悪の…は今ひとつでしたが、レビューで評判のいい作品は期待通りですね。
投稿日: 18か月前 投稿者: わきゅう
5つ星のうち 4.0 先が読みたくなった。
あっという間だった。
この辺りまでが今のところちょうどアニメになっている。
投稿日: 19か月前 投稿者: ふぁる
5つ星のうち 3.0 貴志さんらしくない!
貴志さんの小説らしくない1冊でした。貴志さんの本来の小説を多く出して欲しい。
投稿日: 19か月前 投稿者: 伊藤ハッピー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック