この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新世界より (下) 単行本 – 2008/1/24


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 183


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

受賞歴

第29回(2008年) 日本SF大賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

八丁標の外に出てはいけない―悪鬼と業魔から町を守るために、大人たちが作った忌まわしい伝説。いま伝説が、「実体」となって町に迫る。新しい秩序とは、おびただしい流血でしか生まれないのか。少女は、決死の冒険に身を投じる。

登録情報

  • 単行本: 573ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062143240
  • ISBN-13: 978-4062143240
  • 発売日: 2008/1/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14.2 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 102,222位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4

最も参考になったカスタマーレビュー

16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mayhide 投稿日 2011/8/28
形式: 単行本
まさに怒涛の小説一気読み!圧倒的とはこのことでしょう。

この「新世界より」の1000ページはまさに一気読みしました。(途中でやめられません)

内容は読んでる人がもしいたらマズイのでネタばれはしませんが、想像力の極致をきわめた作品で、舞台は破壊のかぎりを尽くした暗黒時代を経た千年後の日本です。科学技術に代わり呪力(超能力です)が支配する徹底した管理社会。何も知らずに育った子ども達に今、悪夢が襲いかかるというエンタメ小説です。

ハードカバー2冊で4千円ですので面白くなかったら・・・とおもうと少しリスクを感じますが、その辺は作家の名前を信用して、即買い問題なしです。

貴志さんの作品はとにかく、描写が異常に細かいのですが、その分情景が目に浮かび、興奮します。奇想天外な世界の話がまるで現実のような気になるほど文章力があります。まさに天才的。

とにかく面白かった。人間に文字と想像力があって良かったなあと実感。本読んだあとって幸せ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
60 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ito4188 VINE メンバー 投稿日 2008/2/7
形式: 単行本
貴志祐介氏が、おそらくは相当の難産の末に生み出したであろう、久方ぶりの新刊です。
小説のジャンル分けをするとすればSFになるのでしょうか。カズオ・イシグロ氏の「私を離さないで」、大友克洋氏の「アキラ」等に通じるものも感じました。
いわゆる念動力(本作では「呪力」と表現されます)を多くの人が持った時、どのような世界が表出するのか。使い古されたネタのようにも感じましたが、圧倒的な筆力でディテールを積み上げていくことによって、見事に異世界の構築に成功しています。
上下巻、千ページ以上を費やして紡がれる物語には、人間という生き物の持つ業の深さがいやというほど描き込まれており、安易な感情移入を許さない描写は爽快さやカタルシスからはほど遠いものとなっています。これは現在の、リアル・ワールドに対する著者の危機感の表れであることは想像に難くありませんが、それでも最後には、人は想像力という翼を振り開くことにより少しでも良い方向に進んでいくことができるのだという仄かな希望・期待が伝わってきて、胸が熱くなります。
読み手を選ぶという評に対しては、確かにその通りかもしれないとも思います。でも、これ程の読書体験は、そうそうできるものでは無いのでは?個人的には間違いなく今までの貴志作品のベスト、文句なしの最高傑作です。これだけの圧倒的な物語世界に身を浸すことができて、この値段は安すぎます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 比企 俊太郎 投稿日 2011/8/15
形式: 単行本
 私自身も創作経験があり、並の小説ですと読後漠然と「この程度の作品なら私でも…」などと思うことが多いのですが、この作品は無理です。桁違いな構想力に裏付けられた大作です。

 悪鬼の登場や若い主人公たちの東京行きを通じて、上巻で一通り見てきた風変わりな設定の背景が次第に明らかにされます。なぜ日本の人口が5、6万で町も9つしかないのか。なぜ町には原始的な通信・交通手段しかないのか。なぜ学校が極端な管理体制の下にあるのか。
 そして町の外に棲息する異形の動物たちのうち、最も人間に近いバケネズミの正体。「ひょっとすると…」とは思っていても、実際に種明かしされると、背筋に寒いものが走ります。

 SFという形はとっていますが、深く人倫に根ざし、強い社会性を持った小説です。覚悟を決めて読んでください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みやまい父 投稿日 2008/3/23
形式: 単行本
あっという間に、上下巻を読み終わりました。
読み手の既成概念を超えたワールドに圧倒され、まだ頭が痺れています。
正に空前の世界の物語をを最後まで、球速の衰えない(安易な妥協のない)パワーに敬服しました。
時には少々の暴投や、四球もありましたが、作者が全力投球した作品を真っ向から受け止める体験は、実に気持ちの良いものです。
そして、久々に読後の余韻にも浸っています。
本当は早季と覚が今後、周囲の目の制約の中で、どのような郷を創っていくのか。また彼らの子供たちの目から見た世界の移り変わりや冒険。
そして1000年後を舞台にした世界の展開。など、続編も読みたいのですが、この余韻を大切にしておくのが良いのでしょうね。
とにかく既存のスケールを超えた傑作です。読んで下さい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック