¥ 2,052
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
新世界&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新世界より (上) 単行本 – 2008/1/24


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 76


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

新世界より (上) + 新世界より(中) (講談社文庫) + 新世界より(下) (講談社文庫)
合計価格: ¥ 3,672

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

受賞歴

第29回(2008年) 日本SF大賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体が隠しているものとは―。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。

登録情報

  • 単行本: 498ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062143232
  • ISBN-13: 978-4062143233
  • 発売日: 2008/1/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14.4 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (77件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 191,976位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

267 人中、244人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 injunjoe 投稿日 2008/2/4
形式: 単行本 Amazonで購入
待たされた甲斐がありました。本作は貴志祐介の最高傑作であるだけでなく、日本SF史上に残る怪作です。酷評された『硝子のハンマー』以降、長期にわたり新作の音沙汰がなかったので、作家としてのピークを過ぎてしまったのかと残念に思っていたのですが、杞憂でした。『黒い家』、『クリムゾンの迷宮』、『天使の囀り』の頃のパワフルな貴志祐介が完全復活です。

読み始めた当初は、「少年少女が主人公」、「中世日本の長閑な農村風景」、「呪力」、「色々な架空の生物」といった設定から、トトロのようなファンタジックな話なのかと思い、「あー、貴志祐介またやっちゃったか」と期待外れを覚悟しました。しかし、世界観をある程度構築する序盤が終わるあたりで、世界の真の姿が明らかになり、以降は怒濤の貴志ワールドが全開フルスロットルです。『青の炎』のやりきれない哀しさ、『黒い家』で描かれた人間の狂気、そして『天使の囀り』や『クリムゾンの迷宮』の残虐表現がすべて詰め込まれたような物語で、読んでいる最中の気分の悪さは格別です。展開が強引だったり、ご都合主義だったりする箇所は多々ありますが、物語の勢いがそれらを補って余りあります。なお、そうした物語としての勢いもさることながら、緻密な世界観を構築したうえで、数多くの謎や前振りの大半を破綻なく活かし、まとめあげている手腕にも舌を巻きます。

ただし
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
63 人中、52人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 naonao-703 投稿日 2008/3/2
形式: 単行本
35歳の主人公が12歳の頃を振り返り、後世に残すつもりで書き始めた物語は、今の私たちの世界に重なるようで異なった世界が描かれてゆく。
語り手である主人公渡辺早季は23年間を時を経て振り返るので、物語は含みを持たせて展開する。
民族学の本でも読んでいるかのような前半と、呪術や奇怪な動物が出てくる後半と、上巻だけでは物語の全体像を見ることは出来ない。
貴志祐介が何のためにこの作品を書き下ろしたのか、練りに練った作品の全体像を見るために、上巻で時間を要しても下巻に辿り着くべきである。
下巻に入れば、物語の展開は速度を増すので読み易くなるのでご安心ください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キムロビン 投稿日 2011/9/9
形式: 単行本
久しぶりに読み返してみました。やはり壮大な世界観に圧倒されます。
特に、バケネズミの白黒いかんとも付けがたいキャラ設定が秀逸でした。
読み終わってみれば壮大な嘘と空想のオンパレードなのですが、
読んでいる間はその世界にどっぷりとつかることができました。

あまりにも想像上の生物や事件の記述が多いので、読んでいて少し
疲れますが、現実逃避したい方にはもってこいの作品です。
あまり後味のよい結末ではありませんが、きちんと落とし前がつけて
あるので、読後はスッキリ、満足感があります。

ただ、貴志先生の惜しいところはラブシーンの記述ですね・・
格調高い小説の中で、なんだかそこだけ三文官能小説みたいになってます・・
どの作品でも思うのですが・・残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 neko 投稿日 2011/2/20
形式: 単行本
一見爽やかそうな表紙と題名、でもこの著者だからと、ホラーな展開を覚悟して読み始めました。
SFなんだなと読み進めましたが、最初のうちは想像力が話の展開についていけず、生き物・情景が何が
なんだか理解できませんでした。
業魔・悪鬼・バケネズミ・ネコダマシ・ミノシロモドキなどの生物、八丁標という結界で区切られた世界、
呪力を持つ人間。前半はSF冒険物のような流れでしたが、後半になるとダークな世界が次々に展開し、
戦闘や流血とともに、この新世界の秘密が明らかになりはじめ・・・。
後半は一気に読まされました。呪力のない人間の行く末に、持つ側の人間の残酷さを見せつけられました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 食いしん坊 投稿日 2008/12/4
形式: 単行本
壮大な寓話的な世界観、非常に細やかでイメージが膨らむ
文章表現、牧歌的な雰囲気から一転してぐいぐい引き込ま
れる展開。これこそがまさにエンターテイメント小説です。

”分厚い本 x 上下巻”と最初は絶望する気持ちにもなり
そうですが、スタートしてみたら(特に上巻の3/4くらいか
らは)あっという間に最後まで読み終わってしまいました。
「ここまで細部まで創り込んでいたら儲かんないでしょ!?」
と心配しちゃうくらい緻密に作られた物語の設定がすごい
です。マンガのAKIRAや小説の「最後の物たちの国」を
ちょっと連想しちゃうかもしれません。

読後の感想としては、「考えさせられた」なんて人もいる
かもしれませんが、僕にとっては”ほんとに楽しかった”
が一番しっくりくる本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック